簡単な結び方のみ!4つの便利なロープワークでタープを修復してみた

簡単な結び方のみ!4つの便利なロープワークでタープを修復してみた

本結びで2本のロープをしっかり結ぶ

 ヘキサタープの傷んだロープを全交換するとき、キャンプでよく使う4つのロープの結び方を活用する機会がありました。

 使用頻度の高い「もやい結び」、登山にも対応できる「二重8の字結び」、結びやすく解きやすい「本結び」など、簡単な結び方を覚えておくと様々な場面で活躍すること間違いなし!

ヘキサタープに使うのは太さ4mmのポリエステル製ロープ(黒)ですが、結び目が目立つよう太さ5mmのナイロン製ロープ(赤&黄)で結び方を表現しています。

8の字結び

ロスコのパラコードと村の鍛冶屋のアルミ自在

 まず初めに100フィート(約30m)のパラコードを10m×2本、3m×2本、2m×2本の計6本にハサミやカッターで切断し、先端のほつれ防止のためライターで炙ります。

カットしたとき多少長さにバラツキがあっても自在金具で調整できます。熱で溶けるポリエステルは軽く炙れば十分固まりますが、少し刺激臭がするため屋外での作業を推奨。

 次に各ロープにアルミ自在の取り付け。スノーピーク純正品の通し方を参考に自在金具にロープを通し先端にコブを作っていきます。

8の字結びの結び方

 未就学児でもできる簡単なコブの作り方といえば誰もが知っているシンプルな結び方「止め結び(一重結び)」ですが、一重結びだとコブが少し小さく不安があるためコブの大きな「8の字結び」にします。

 一重結びより少しだけ複雑な8の字結びも慣れてしまえば簡単な結び方。メインロープ2本の両端とサブロープ4本の片端に計8個の自在金具を取り付け、それぞれ8の字結びをしたら第一段階は終了です。

一重結びと8の字結び

 上の写真の白いロープが8の字結び、グレーのロープが一重結び。一重結びと比べ強い力が加わったあとでも解きやすく、結び目の強度が高いため切断しにくいのが8の字結びの特徴です。

 キャンプで8の字結びを使うのはロープにコブを作るときくらいしか機会がありませんが、後に出てくる「二重8の字結び」のために覚えておくと便利な結び方だと思います(^^)

もやい結び

もやい結びでサブロープを取り付け

 ヘキサタープから古い4本のサブロープを外したら、先ほど準備した3mと2mのパラコードを「もやい結び」でヘキサタープに結びます。

 個人的には毎回の設営・撤収で付け外しするメリットを感じないため、サブロープはヘキサタープに付けっぱなし派です。新ロープを水に強いポリエステル製パラコードに決めた理由の一つでもあります。

ナイロン製は水分を吸収するため、雨中撤収後のカビ発生を防ぐなら使わないとき外しておいたほうが良いかもしれません。濡れると強く締まる性質があるため結び目を解きにくいのがイマイチですが…

もやい結びの結び方

 もやい結びは「ロープワークの基本中の基本」とも「キングオブノット」とも呼ばれるほど有名な結び方。テンションが掛かっても輪の大きさが変わらず、様々なシーンで活躍する汎用性の高さが売りです。

 8の字結びより更に複雑な結び方ですが、これだけでも覚えておくとキャンプで非常に役立ちます。サブロープにS字フックやカラビナで軽いものをぶら下げておきたいときなど、もやい結びで作ったループがあると便利だと感じます(^^)

スクリーンシェードからヘキサタープを眺める

 レクタタープとは異なり非対称となっているスノーピークのヘキサタープは、サブロープの長さが2種類あるため間違えないよう要注意。長い3mロープはヘキサタープの短い辺に、短い2mロープはヘキサタープ長い辺に取り付けます。

 キャンプ場で逆に付けているキャンパーの方を稀に見かけます。長い辺に長いロープを付けてしまうとロープの長さが余ってしまい、より巨大な設営面積が必要となるためキレイに張るのが難しいかも!?

二重8の字結び

二重8の字結びと8の字結び

 メインロープは二股ロープとして10mロープの中央部分にメインポール(ウイングポール)の先端に引っかける「どの方向から引っ張られても解けにくいループ(輪)」が必要となります。

 先ほどロープの端に自在金具を取り付けたときに使った「8の字結び」の応用版である「二重8の字結び」を使います。結び方は8の字結びと同じで、ロープを2本にして結ぶだけ。

二重8の字結びの結び方

 二重8の字結びは山登りする方なら誰でも知っているであろう簡単かつ強力な結び方です。テンションが掛かってもループの形状や大きさが非常に安定しており、若干解きにくい欠点はあるものの結びやすく命綱としても使われるほど。

 もやい結びでもロープに大きさの変わらないループを作れますが、もやい結びはロープの端にループを作るのに適している印象があります。

 3方向からテンションがかかっても安定しているのが二重8の字結び、2方向からテンションがかかっても安定しているのがもやい結びです。

活用例:ハンギングチェーン代わり

二重8の字結びを連続させるとハンギングチェーンの出来上がり

 二重8の字結びを等間隔に作っていくと、ハンギングチェーンの代わりとなるデイジーチェーンの出来上がり!

 各ループにシェラカップや小物を引っかけてぶら下げることができます。暇なときに余ったロープで作っておくと、ハンガーを引っ掛けておける洗濯紐にもなりそうです。

本結び

二重8の字結びと本結びとカラビナ

 メインロープ・サブロープの交換作業としては以上となりますが、キャンプでの使い勝手をよくするために少しだけ改良。

 二股ロープのループに余ったロープを通して「本結び」し、数十センチの輪を作っておきます。上の写真では黄色いロープがメインロープと同じ二重8の字結び、赤いロープが1本のロープを本結びで輪にしカラビナを引っ掛けたものです。

実際にはワイルドワンに売っていた伸び縮みするショックコードを二股ロープのループに通し本結びして少し大きな輪にしてます。

本結びの結び方

 本結びは2本のロープを繋ぎ合わせるときに役立つ結び方。縦結びと間違えやすいものの強度が全く異なるため結び方には要注意。異なる太さや材質のロープを繋ぎ合わせるときは別の結び方のほうが良いと思います。

ハロウィンキャンプの飾りつけ途中

 輪を作っておく目的は、ハロウィンキャンプなどでヘキサタープの天井を這わせるようにデコレーションしたいときメインポール間にロープを張って様々な飾りをぶら下げたいから。

 280cmのメインポール先端まで手が届かないためヘキサタープ立ち上げ後にロープを這わせるのが結構大変、という願いに応えるちょっとした工夫でした(^^)

太さの異なるロープを繋ぐとき

もやい結び2つでロープを延長

 本結びは同じ素材・太さのロープを繋ぎ合わせるとき活用する結び方ですが、もし異なる太さや素材の場合はもやい結び同士で繋ぎ合わせてます。

 一重つなぎ(一重継ぎ)など別の結び方を使えばキチンと対応できるものの、たくさんの結び方を覚えるのは結構大変なのでシンプルに結べるものを組み合わせるのもありかな、と。

ロープの結び方ベスト5

ロスコのポリエステル製パラコード(ブラックトレーサーズ)

 ロープの結び方はキャンプの色々な場面で役立ちます!蝶々結びくらいしかできんわ~という方は、以下のオススメ5種類を覚えておくと大抵の状況に臨機応変に対処できるかと思います(^^)

1位:もやい結び(圧倒的1位)
 万能で用途多数、ロープの先端に大きさの変わらないループを作るとき

2位:二重8の字結び
 ロープの途中にループを作るとき、ロープ途中の弱った部分を補強するとき

3位:本結び
 ロープが切れたときの応急措置、ロープの長さが足りず延長するとき、1本のロープで大きな輪を作りたいとき

4位:巻き結び
 木にロープを結ぶとき

5位:8の字結び
 ロープの先端にコブを作るとき

巻き結びの結び方

 ヘキサタープのロープ交換で唯一登場しなかった「巻き結び」は、木にロープを括り付けておくときの巻き方。

 もやい結びでもロープを括り付けること自体はできますが、もやい結びの特徴は大きさの変わらないループのため作業中にずれ落ちてきてしまいます。やはり餅は餅屋、木にロープを括り付けるなら巻き結びがベター。

 もし狭い区画サイトにタープを設営するとき木々が邪魔してサブロープを地面にペグダウンできない場合は、次に紹介する二重8の字結びを活用したピンと張る方法が便利です。

ロープをピンと張りたい!

松戸市 / 千葉県 / 日本 - 2016/11/04

 濡れた服やタオルを干したいとき、撤収する前にシュラフやシートを乾かしたいときなど木と木の間にロープをピンと張って洗濯紐代わりにしたいことがあるかもしれません。

 そんなときは2つの結び方(巻き結び&二重8の字結び)を有効活用!ロープをピンと張るのは意外と簡単、ポイントは中学校の理科で習う「滑車の原理」です。

普段発揮できないような強力な力でロープを引っ張ることになるため、木に巻くときは当て布などで保護したほうが良いです。なおタープのロープ張りに活用すると、幕体が引きちぎれる可能性があるほど強い力がかかるのでご注意を。

滑車の原理

滑車の原理

photo by wikipedia「滑車

 滑車の原理を詳しく覚えていますか?私は何だかよくわからないまま青春の片隅で脳内をサッとスルーしていきましたがw

 ざっくり言うと「定滑車は力の向きを変え、動滑車は少ない力で物を動かせる」というものです。動滑車と定滑車を組み合わせると簡単に持ち上げることができる(=逆に長く引っ張る必要あり)なんて習ったかもしれませんね!

滑車の原理を活かしたロープの張り方

 ロープをピンと張りたいときは二重8の字結びを使うと、滑車の原理で(理論上)3倍の力で引っ張ることができるんです!

実際にはロープや木の摩擦抵抗が大きく最大2倍程度の力しか出ないようですが、力の弱い女性に特にオススメしたい方法です。

 ロープの片側を巻き結びで木(A)に括りつけ、ロープの中央部分に二重8の字結びでループ(B)を作ります。あとは木(C)にロープを回してきて二重8の字結びのループ(B)に通し紐を引っ張るだけ!

滑車の原理を活かした仕組図

 先ほど出てきた滑車の原理だと、重りに相当するのが巻き結びで括り付けた木(A)、動滑車が二重8の字結びのループ(B)、定滑車がロープを回した木(C)と全く同じ構図になっています。

 いざ引っ張ってみたものの3倍の力が出ているとは到底思えない…と感じたときはロープと木(C)、ロープ同士(B)の2ヶ所で発生している摩擦抵抗が邪魔をしているため、次の仕組みを用いると良いかと思います。

摩擦抵抗を減らす工夫

カラビナを使えば摩擦抵抗を減らせる

 摩擦抵抗を減らす工夫はズバリ「金属製品を間に挟む」ことです。二重8の字結びで作ったループ(B)にロープを通すとき、そのままロープを通すのではなくカラビナを付けるのがおすすめ。

 ロープ同士の摩擦による抵抗は想像以上に大きく、金属のようなツルツルした表面のものを挟んで摩擦抵抗を減らすだけで一気に軽く引くことができるように。簡単に仕掛けでループ(B)の摩擦抵抗は小さくなりました。

 さらに軽い力で強くロープを引くためには、ロープを回した木(C)とロープの摩擦抵抗も減らす必要があります。ここでもカラビナの出番です。

さらにカラビナを使えば木とロープの摩擦も減る

 木(C)にロープをそのまま回すのではなく、別の短いロープを巻いて本結びなどで輪にしておき、カラビナを取り付けロープを通すだけ。木(C)とロープの間の摩擦が一気に減り、強力な力が作用してロープをピンと張ることができます。

 各カラビナには強力な負荷がかかるため、それなりの強度があるものでないと壊れてしまうかもしれません。100均で売っているようなアクセサリー用のカラビナだと厳しいと思います。

本記事に登場するカラビナはクライミング用として販売されているロックテリクスのベントライト。ジュラルミン製のため大きさの割に40gと軽く、強度も22kNとキャンプには十分すぎるかも!?

まとめ

ヘキサタープのガイロープを修復

 ヘキサタープのロープをロスコのポリエステル製パラコード(ブラックトレーサーズ)に全交換。しっかりメンテナンスするとキャンプ道具に愛着が湧いて良いですね!

アウトドア用ロープの素材を比較!ポリエステル製パラコードを入手
経年劣化で傷んだヘキサタープのロープを交換するため、ナイロン製やポリプロピレン製などキャンプ用ロープの素材を徹底比較!強度や耐水性などトータルバランスに優れたロスコのポリエステル製パラコード(ブラックトレーサーズ)を入手しました。

 自在金具に8の字結び、サブロープにもやい結び、メインロープに二重8の字結び、ループ作りに本結びと簡単かつ便利なロープワークを活用してみました。

小さいときに小型船舶免許の教本を読んだことがあり、ヘキサタープのメインロープ・サブロープを交換する過程でロープの知識を再整理できる良い機会となりました。

 ロープの結び方は覚えておくと様々なシーンで何かと便利かと思います。もし一つだけ覚えておくとすれば間違いなく「もやい結び」。キャンプ場にいるときスマホで結び方を調べなくても済むくらい練習しておくことをオススメします。

スノーピーク製品は単純な結び方を採用

 ちなみにスノーピーク純正品(ポリプロピレン製)は、ポリプロロープ・グレーロープ共に「一重結び」でロープ末端のコブが作られ、メインロープの二股部分は単純な「二重止め結び」となっていました。

 先ほど二重8の字結びで作ったハンギングチェーンは、よく考えてみると重いものをぶら下げるわけではないため二重止め結びで十分だったかもw

 キャンプ3年目の設営タイムアタックで無残な結果に終わったスノーピークのヘキサタープ。ロープと自在金具が新品になり時間短縮に大きく貢献してくれそうな予感がします!

設営タイムアタック!スノーピーク3年目キャンパーの実力診断
キャンプ3年目の実力をタイムアタックでチェック!スノーピークのヘキサタープやリビングシェルの設営時間や撤収時間を計測してみました。普段の感覚とは異なる時間となった測定結果も多く、より効率的な手順の確立を目指してみたくなりました。
スポンサーリンク

Facebook で Campout!? を
フォローしよう!