丸太を燃やす焚き火フェス!PICA富士西湖でバースデーキャンプ

PICA富士西湖で丸太を燃やす焚き火フェスに参加

 3月中旬の週末は山梨県富士河口湖町にある高規格キャンプ場、PICA富士西湖に行ってきました。西湖の湖畔で美しい景色を眺めながら誕生日を祝うバースデーキャンプ!

 TENBAサイトで開催されていた焚き火イベント「焚火Fest SP」で焚火ゴトクを作ったり焼きマシュマロしたり、涼しい季節の気持ちよい焚き火を存分に堪能することができました。

展示会からの富士五湖

ezBBQ COUNTRYで北欧テント展示会

 最初の経由地は神奈川県南足柄市の山奥にあるezBBQ COUNTRY。朝8時に出発すると一般道、首都高、東名高速ともに大渋滞。2時間弱の見込みが3時間半もかかってしまいました(^^;)

関連記事
テンティピのサファイアとジルコンとオニキス
sotosotodaysの北欧テント展示会はノルディスクやローベンスなどの魅力的なワンポールテントにたくさん出会える素敵なイベント。ペグ打ちの少なさ、美しいフォルム、広い幕内、大きな出入口、落ち着いた色合いなどテンティピの素晴らしさに感動!

 キャンプ用品店「sotosotodays」が主催する北欧テント展示会が開催されており、PICA富士西湖に向かう途中で立ち寄りました。物欲が刺激される危険なイベントw

 ソトソト店頭で使えるお得な割引券をゲットし足柄峠を越えて御殿場経由で富士五湖を目指します。対向車とすれ違うことが難しい山道、さすが「箱根の山は天下の険」ですね。

キャンプの難物!アイスケーキ

サーティーワンアイスクリーム河口湖BELL店

 バースデーキャンプといえばケーキをどうするかがポイント。主役のリクエストはアイスケーキ…現地で作ることもできなければ保冷も難しい、アウトドアで扱いにくい代物を要求するとはorz

 山崎精肉店で馬刺しを調達したあと、東富士五湖道路を通ってショッピングセンターBELLのサーティーワンでアイスケーキを受け取り、予定より2時間遅れの15時半にPICA富士西湖に到着!

外観こそボロボロですがショッピングセンターBELLの品揃えはなかなか良いと思います。なおPICA富士西湖から近くて大きなスーパーはフォレストモールのマックスバリューです。

軟弱キャンパーのコテージ泊

PICA富士西湖の売店は焚火グッズが充実

 早速チェックインしようとしたものの一番大事な宿泊券が見当たらず。PICA山中湖ヴィレッジに続き、またしてもコテージ泊を選択した軟弱キャンパーですw

関連記事
PICA山中湖ヴィレッジのコテージオーベルジュの寝室
PICA山中湖ヴィレッジ「コテージ・オーベルジュ4」の施設紹介レポ。別荘のような雰囲気、ハンモックのある中庭、清潔な水まわりなど充実の設備。レストランやカフェなど場内の施設が高いレベルで整っており、美味しい料理と美しい自然に囲まれた素敵なコテージでした。

 それにしてもPICA富士西湖の売店は充実していますね!北軽井沢スウィートグラス以上、キャンプアンドキャビンズ那須高原以下といった感じ。特に焚き火関連の品揃えは素晴らしい。

 楽しみにしていた無料レンタルのユニフレーム「薪グリルラージ」は既に全て貸し出し中で在庫なしでした。渋滞が酷すぎて北欧テント展示会寄ってからだと到着が遅すぎたorz

ユニフレーム 薪グリル ラージ 682920

ユニフレーム 薪グリル ラージ 682920

16,900円(08/21 11:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

焚火Fest SP

PICA富士西湖のTENBAサイト

 コテージに荷物を降ろしTENBAサイトに向かいつつ場内を散策。釣り堀や湖畔があり雰囲気はなかなか良いですね。これで富士山が見えたら最高なんですが(^^;)

 釣り堀の隣にあるテントサイト電源付きAはリニューアルオープン間近でした。湖畔側の2サイトはレイクビューサイトとして別料金が設定されるようです。

 PICA富士西湖で開催されている焚き火フェスもこの日が最終日。ボンファイヤー・LOG NIGHTとして薪を燃やす焚き火ではなく、丸太を燃やす一風変わった焚き火が行われました。

焚火ゴトク作り

焚き火Festで焚き火ゴトク作りに挑戦

 TENBAサイトの中央でジワジワと燃え続ける丸太を横目に「焚火WORKSHOP」に参加。焚火ゴトクなるアイテムを作ってみました。ナイフを使った木材加工は初体験!

万力を使って、鉄の棒を自分好みにシェイピング!持ち手はナイフでお好みに仕上げてみよう
焚火での調理環境を素早く整え、直火でも焚火台でも使用が可能!炎を操る、焚火nistのマストギアアイテム!

出典:ボンファイヤー・LOG NIGHT

 他にもキンドリングクラッカーを使った薪割り体験、ファイヤーポーカー(火かき棒)作り、東京チェンソーズの丸太イス作りなど、様々なワークショップが開催されていました。

ファイヤーサイド キンドリングクラッカー 72000

ファイヤーサイド キンドリングクラッカー 72000

11,459円(08/21 11:40時点)
Amazonの情報を掲載しています
アウトドアデイジャパン東京2018のPICAリゾートの出展内容(東京チェンソーズとのコラボ)はPICA富士西湖の焚き火フェスとよく似ていました!

レイクビューグランデ

PICA富士西湖のレイクビューグランデから湖を眺める

 今回泊まるのは林の向こうに西湖が見えるレイクビューグランデというコテージ。アクティブグランデと最後まで悩んだけど庶民はレイクビューで正解だったかもw

レイクビューグランデの隣に並んで建っているアクティブグランデ。パッと見た感じ、泊まっている方のクルマがBMW・アウディ・ランクルなどみんな高級車…

 薪割り体験や焚火ゴトク作りを楽しんだらコテージに戻って夕飯作り。部屋の装飾を子供達に任せ、お酒を飲みながら西湖を眺めつつマッタリ。美味しい馬刺しに舌鼓(^^)

持つべきものは予備アイテム

コテージに戻って馬刺しやサーモンパテなどでおつまみタイム

 ユニフレームのライスクッカーでご飯を炊こうとするもIHが反応してくれない…北欧テントを買う可能性があり空きスペースを作るためツインバーナーを置いてきてしまったorz

 キャンプ道具が詰まった頑丈収納ボックスをあさるとシングルバーナーとガス缶を発見。持ち運びコンパクトなSOTO ST-310はいざというとき役に立ちますね!

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

4,980円(08/21 21:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

 子供達のリクエストで手巻き寿司や豚汁などを作りアイスケーキで誕生日会。再びTENBAサイトに移動し焚き火フェス夜の部に参加しました。

焚き火を囲んで焼きマシュマロ

焚き火フェスのFest酒場

 丸太の焚き火を囲んでホットココアを飲んだり焚火台で焼きマシュマロしたり、涼しく穏やかな夜のイベントを楽しみました。23時前にはおやすみなさいzzz

2階の天窓から空が見えるのですがこの日は曇っていて星は全く見えませんでした。残念。

 早朝、ジュースを買いに行きがてら再び場内を散策。林間サイトのPICA富士吉田と湖畔サイトのPICA富士西湖、それぞれに特徴があって好みが分かれそうですね(^^)

湖を眺めながら朝食

西湖の湖畔でコーヒーを淹れ朝食

 シングルバーナーとキャンプケトルでお湯を沸かし、売店にも売っていた袋にお湯を注ぐタイプのコーヒーを淹れてみました。底に穴が開いていたらしくデッキにダダ漏れw

 朝食は西湖を眺めながらホットドッグや前夜の残り物で簡単に。誕生日会の飾り付けを入れていた紙袋から宿泊券が発掘され、9時半過ぎにのんびりチェックアウトしました。

富士急ハイランドで遊ぶ

2ヶ月ぶりの富士急ハイランドは大混雑

 PICA富士西湖を出て子供達のお楽しみ「富士急ハイランド」に直行。チェックアウトするときPICAリゾートの宿泊優待として入場無料券を貰ってきました。

 いったんタダ券で入場したあと場内でフリーパスを購入するとPICAの割引で安くなりました。ネットで調べても見当たらなかったため2018年3月時点の情報としてメモ書きしておきます。

2018年3月時点通常料金PICA優待
入場券のみ(大人)1,500円0円
入場券のみ(小学生)900円0円
フリーパス(大人)5,700円4,500円
フリーパス(小学生)4,300円3,400円
楽しみにしていたFUJIYAMAが強風で休止

 2ヶ月前にPICA山中湖ヴィレッジに泊まって富士急ハイランドに来たときの経験から、朝早くはFUJIYAMAが混雑することを知っていたため、先に鉄骨番長やレッド・タワーなどを楽しみました。

関連記事
PICA山中湖ヴィレッジでハンモック
2018年の初キャンプは富士五湖の1つ、山中湖にある高規格キャンプ場「PICA山中湖ヴィレッジ」でコテージ泊しました。PICAキャンプ初売りで食事付きプランも半額!炭焼きレストランさわやかや山中湖の遊覧船、富士急ハイランドなど富士山周辺を満喫した3日間でした。

 どのアトラクションも混雑している一方、暖かくなってきたためアイススケートは氷が急激に溶けて人数も少なめでした。午後になり少し風が吹いて肌寒くなってきたと思ったらまさかのFUJIYAMA運転休止orz

3月中旬の日曜日の主要アトラクションはFUJIYAMAで100分前後、高飛車とド・ドドンパで150分前後、ええじゃないかで180分前後の待ち時間でした。

リサとガスパールタウン

リサとガスパールタウンでジェルキャンドル作り

 16時前に富士急ハイランドを出て、すぐ隣にある「リサとガスパールタウン」へ。今回は時間に余裕があるためワークショップ大好きな下の子がジェルキャンドル作りに挑戦。

 いつも通り楽しそうにモノ作りしているけど…4,000円以上となかなかの高額。パパからの誕生日プレゼントということで勘弁してもらいました(^^;)

ふじやま温泉

PICA割引でふじやま温泉で浸かる

 ジェルキャンドルが固まるまでの間、リサとガスパールタウンから徒歩数分の日帰り入浴施設「ふじやま温泉」に。PICA富士吉田に連泊した昨年夏以来です。

関連記事
富士すばるランドでレンタル犬を借りる
PICA富士吉田@山梨に滞在した海の日のグループキャンプはキャンプ場近くの富士すばるランドやふじやま温泉をお得に楽しむ3日間!セミの羽化に立ち会ったりレンタル犬を借りて散歩するなど経験したことのない楽しい出来事満載でした。

 PICAリゾートの領収書があれば大幅に割引されるのですがレシートが見当たらず…予約時のメールをスマホの画面で見せるだけでキチンと割引してもらえました(^^)

土日祝正規料金~2018年3月2018年4月~
大人1,700円650円950円
小学生850円600円600円

 残念ながら2018年4月から割引額が減ってしまい大人は300円増しとなりました。1時間ほど温泉に浸かったらリサとガスパールタウンでジェルキャンドルを受け取り出発!

中央道の大渋滞

中央道上り談合坂付近の渋滞が酷い

 sotosotodaysが19時で営業終了らしく、とても間に合いそうにないため帰路は中央道を選択。これが大失敗だった…事故やら故障やら談合坂SA周辺の渋滞が悲惨すぎる。

 結局17時半に富士急ハイランドを出て自宅に着いたのが23時半、途中で夕飯を食べたとはいえ自宅から(150キロくらいしか離れていないのに)5時間半もかかりましたorz

 毎度のことながら中央道の渋滞が酷すぎて山梨や長野のキャンプ場に行く気が失せます。富士山周辺が好きなキャンパーの方を心の底から尊敬。千葉に住んでいると常磐道や東北道のほうが圧倒的に便利だなと感じました。

PICA富士西湖の感想

PICA富士西湖の看板

 チャムスキャンプやマンモスパウワウなどイベント開催地としても使われるPICA富士西湖。サイトの広さやAC電源、水まわりなど人気があるのも納得の作りでした!

 テントサイトABともに傾斜や凹凸の少ないシャリシャリした砂利敷き。水まわりの清潔さや区画サイトの整備状況はPICA富士吉田よりPICA富士西湖のほうが上と感じました。

関連記事
PICA富士吉田@山梨のキャンプ場レポ。これぞPICAリゾートの高規格キャンプ場ともいうべき電源サイトや水まわりが整備されており、高い木々に囲まれた落ち着いた雰囲気が良い感じ。遊具が少ないのは気になるものの大人向けのキャンプ場としては高評価!
丸太を燃やす焚き火フェスSP

 少し残念に感じたのが各テントサイトから炊事場やトイレがいずれも遠く、小さな子連れのファミリーキャンパーには必ずしも優しくないということ。なぜこれだけ離れた場所に炊事場を作ったのか謎(^^;)

 PICA系列は全体的に建物重視で高規格志向な印象がありますが、その中でも特にPICA富士西湖はコテージ・トレーラー・パオが主役でテントサイトは脇役なのかも?

 それとTENBAサイトの地面は天候に大きく左右されます。雨や雪、霜が溶けたあとはぐちゃぐちゃになりそうです。クリスマスや年末年始に泊まると天候次第では撤収がかなり大変かと思います。

神様、仏様、PICA様

PICAリゾートからいただいた無料宿泊券

 今回の焚き火フェス&バースデーキャンプ。PICAリゾートから頂戴した無料宿泊券を活用しレイクビューグランデに滞在させていただきました!

 滞在中天候に恵まれ場内に積雪は一切なかったのですが、帰宅した数日後の春分の日に雪が降り再び20cm近く積もったとのこと。3月下旬に大雪というのは意外でした。

 軽井沢や富士山周辺のキャンプ場に行く可能性のある方は少なくとも3月末まではスタッドレスタイヤを外せませんね。機会があれば次はテント泊でカヌーや釣りを楽しみたいと思います。

PICA富士西湖で丸太を燃やす焚き火フェスに参加