[夏旅2018]真夏のエバーグレイズはこどもが喜ぶイベント盛りだくさん

伊勢志摩エバーグレイズのテントクリークカヌー付きサイト

 グランピングで有名な西日本屈指の人気キャンプ場「伊勢志摩エバーグレイズ」で過ごすサマーバケーションは、朝から晩まで楽しいイベント盛りだくさん!

 ウォーターパーティーやアメリカンビンゴなど盛り上がるイベントからバーガー作りやフレンチトースト食べ放題など美味しいイベントまで種類も豊富。

 ラグーンに面したエバーグレイズはキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(C&C)や北軽井沢スウィートグラス(SG)に匹敵するほど楽しめるパラダイスでした。

サマーバケーション前半戦

伊勢志摩エバーグレイズのウォーターパーティー2回戦

 THE高規格サイト「テントクリーク カヌー付き」で設営を済ませプールで遊んでいると、最初のイベント「ウォーターパーティー」の時間となりました。

関連記事
伊勢志摩エバーグレイズのカナディアンカヌーでラグーン迷路を巡る旅
銚子川沿いのキャンプinn海山を出て向かうは西日本屈指の人気キャンプ場「伊勢志摩エバーグレイズ」。テントクリークには専用カヌーや屋根付きデッキ、温水シンクやAC電源などありザ・高規格サイトでした。グランピングの凄さにも圧倒されました。

 参加費300円を握りしめキャンパーダイニング前の広場に集合!未就学児から小学生までウォーターパーティーの参加者は20人前後とやや少なめ(^^;)

ウォーターパーティー

伊勢志摩エバーグレイズのウォーターパーティー3回戦

 C&CやSGの100人規模で開催されるイベントを見慣れているため少し違和感がありましたが、エバーグレイズのイベントは統制が取れており安心感があります。

 レッドチームとブルーチームに分かれて戦う競技は全3種目。頭の上でバケツの水を渡す1回戦、水鉄砲で船を押し合う2回戦、水鉄砲でパネルを押し合う3回戦です。

 特に2回戦と3回戦で使うアイテムは簡単に手作りできて夏休みの工作にも良さそう!メンバー構成によっては1回戦から激しく濡れるため水着は必須かと(^^)

アワビのようなトコブシ祭り

焚き火をバックに夏のトコブシ祭り

 夕飯は粗塩でこすり洗いしたトコブシを殻から外し、アワビご飯の素と共に羽釜に入れて炊き込みご飯に。食感と味わいが似ておりアワビのかさ増しに成功w

 ダッチオーブンでトコブシの柔らか煮を作っておつまみとして食べながら、備え付けのファイヤーピットで焚き火をスタート。ラグーンキャンプ、最高すぎる…

 しばらくすると場内に放送が流れ、楽しみにしていた「アメリカンビンゴパーティー」の時間となりました。いったん焚き火を消してキャンパーダイニングに集合!

アメリカンビンゴパーティー

どこかで見慣れたアメリカンビンゴパーティーのカード

 C&Cのビンゴは40分前には並ばないと家族で座って参加できる場所を確保できないのですが、エバーグレイズのビンゴは10分前に行っても余裕で座れました(^^)

 会場が室内のため冷房が効いていて超涼しい…シートを買いに行くとスタンプ含めC&Cと全く同じものでした。よってビンゴのルールもほとんど同じ。

3マス揃ったときの「リーチのリーチ!」はエバーグレイズのオリジナルルールとの説明がありますが、C&Cも全く同じ掛け声です。

意外と静かなビンゴ大会

伊勢志摩エバーグレイズのアメリカンビンゴパーティー

 メインの景品はコールマンの自転車!他の景品はC&Cよりランクこそ少し落ちるものの、複数人が同時にビンゴ成立したとき全員に同じものを貰えるようです(^^)

関連記事
C&C那須高原のカエルくん人形
運動会の振替休日を利用しキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原のイベント月間「カエルくんのキャンプフェスタ!」に行ってきました。特典満載のKIDSカードを入手しアメリカンBINGOパーティーではC&Cオリジナルマグカップをゲット!

 エバーグレイズのビンゴは比較的おとなしい印象。C&Cに行き慣れてる人が参加すると、音楽が流れていないこともあり静かすぎてビックリするかもしれません。

 C&Cは司会のお兄さんの周りを360度取り囲むように密集度が高く、ビンゴ成立が近づくと「シュート!」の大きな掛け声があるから熱気があって盛り上がりますしね。

ラグーンの向こうから上がる花火

夏休みは毎日スペイン村から花火が上がる

 ハズレ賞は恒例の焼きマシュマロ。運が良ければテントにいながら参加できるC&C、冷房の効いた室内で参加できるエバーグレイズ、それぞれメリットがあります。

 サイトに戻って焚き火を再開すると、ラグーンの向こう側にある志摩スペイン村から花火が上がりました!夏休みは毎日20時頃、200発ほど打ち上げているそうです。

 キャンプinn海山で使いきれなかった薪が大量にあり、ウッドポールのレビュー記事を書きつつ焚き火を堪能したら22時過ぎにおやすみなさいzzz

関連記事
ムササビウイングをウッドポール1本で立ち上げ
【製品レビュー】FIELDOORのウッドポール「木製テントポール 240」はタモ材の質感が良く、ポリコットン生地の焚き火タープやムササビウイングと相性抜群。ウイングポールやレッドポールと比較してみました。ランタンフックやロングデイジーも併用できます。

サマーバケーション中盤戦

伊勢志摩エバーグレイズで迎える晴れた朝

 三重キャンプ旅6日目の朝は5時におはようございます!大きなサイレンの音で目が覚めました。ラグーンの奥から徐々に明るくなる光景が美しい…遂に6日連続の晴れです。

 6時前に1人で静かに出艇すると、穏やかな水面で気持ちの良い時間を過ごすことができました。このカヌー付きサイトを1ヶ月前に取れたのは平日ならではかも。

フレンチトースト食べ放題!?

伊勢志摩エバーグレイズのフレンチトーストは食べ放題

 エバーグレイズの朝食といえば焼きたてのフレンチトースト!C&Cの100円モーニングとは異なり、無料で何枚でも食べ放題。ついでにコーヒーも飲み放題(^^)

関連記事
カントリーキャビン語らいの暖炉
2018年のGW後半はキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原でキャビン泊。チェックイン前に那須岳を登ってみるも強風と降雪に苦戦。イベントを楽しみつつ調理を一切しないお手軽キャンプを完遂し、帰宅前に那須ハイランドパークに立ち寄り遊びまくりました。

 粉砂糖やシナモンパウダーもかけ放題。サラダやジュース、ハッシュドポテトやメープルシロップなどはその場で追加注文(有料)となります。味はやや控えめ。

 朝食を食べ終えたら水着に着替え、子供達とカナディアンカヌーに乗ってラグーンを散策。迷路以外の場所だけでもかなりの広さがあり十分楽しめますね。

オリジナルキーホルダー作り

伊勢志摩エバーグレイズのキーホルダー作り

 続いて先ほど朝食をいただいたキャンパーダイニングでキーホルダー作り。SGのバッジ作りやC&Cのキーホルダー作りとよく似たワークショップです。

 1泊につき1個プラバンを作り、Oリングで連結していきます。一定数貯めるごとにプレゼントを貰える仕組みはSGのリトルインディアンクラブとほぼ同じ。

 あと何回来れるかはわかりませんが、小さかったときに作った1個目と大きくなってから作った何十個目が1つに繋がると不思議な感覚になるかもしれません(^^)

ウォーターショット(玉入れ)

伊勢志摩エバーグレイズのウォーターショット(玉入れ)

 この日は連泊中日のため引き続きエバーグレイズに残って遊び続けます。プールで遊んでいると次のイベント「ウォーターショット」の時間となりました。

 そのイベント名からSGのウォーターバトルバルーンファイトのような非常に激しい戦いをイメージしていたのですが、いわゆる玉入れでした(^^;)

 エバーグレイズのイベントは全体的に落ち着いた雰囲気のものが多いですね。小学校高学年には少し物足りないかもしれませんが未就学児にはピッタリ!

アメリカンビッグバーガー作り

伊勢志摩エバーグレイズのアメリカンビッグバーガー作り

 プールから上がりシャワーを浴びて着替えたら、チェックイン時に予約しておいた昼のイベント「アメリカンビッグバーガー作り」に参加。

 アメリカンビッグバーガーとアメリカンモンスターバーガーの2種類があり、後者はパテ・チーズ・トマトが2倍になります。バーガーキングのワッパー並み(^^)

 作り方はC&Cとほぼ同じですが、細かな手順の説明がなく、バンズも焼いていない人がほとんど。ケチャップだけでなくタルタルソースもあるのが印象的でした。

フライドポテトとオニオンリング

伊勢志摩エバーグレイズのアメリカンビッグバーガーの単品注文

 アメリカンバーガーとしてはC&Cよりかなり美味しいと思います。メキシカンバーガー好きな我が家としては良い勝負、もしかしたらエバーグレイズのほうが上かも。

 挽き肉を受け取るときオニオンリングやフライドポテトを注文することができ、食器を持参すればキャンディのプレゼントもあります。スープも付いていました。

このときスタッフの方に聞いたのですが、SGとは仲良くしているらしく、エバーグレイズのスタッフ軍団で2月にSGで冬キャンプしたらしい!
関連記事
北軽井沢スウィートグラス
北軽井沢スウィートグラスのキャンプ場レポ。東日本屈指の人気を誇る高規格キャンプ場は宿泊施設、テントサイト、水まわり、遊び場、イベントなどファミリーキャンプを楽しむ全ての要素が充実しており、初心者からベテランまで幅広いキャンパーに愛されています。

サマーバケーション後半戦

鳥羽水族館のアシカショー

 残り数日で使わないであろう衣類や雑貨をボストンバッグに詰め込みクルマで出発。途中のコンビニから荷物を発送しお土産を乗せるスペースを確保(^^)

 エバーグレイズから約30分、鳥羽水族館に到着。館内は夏でも涼しく、アシカのショーやセイウチとのふれあいタイムなど勉強も兼ねてしっかり楽しめました。

 キャンプ場に戻ったら翌日のバーガー作りを予約し、ウォーターパーティー2回目に参加したりカヌーに乗ったりプールで遊んだり、夕方まで場内でのんびり。

アメリカンな豪快バーベキュー

伊勢志摩エバーグレイズのベイビーバックリブ

 夕飯のメインはチェックイン時に注文しておいた「ベイビーバックリブ」。アメリカンな場内にピッタリな食材です。調理器具や調味料は全てセットになっています。

 WeberのBBQグリルに自前の炭を熾し、クレイジーソルトを擦り込んだポークバックリブにYOSHIDAソースをたっぷり塗ったら、蓋をして蒸し焼きに。

yoshida's sauce ヨシダ  バーベキューソース 1250g

yoshida's sauce ヨシダ バーベキューソース 1250g

1,175円(10/19 02:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

 今夜もまたアメリカンビンゴパーティーに参戦。C&Cのビンゴには過去10回以上参加していますが、5個目の数字でビンゴになった人を見たのは初めてかも(^^;)

7日連続の晴れキャンプ

焚き火タープにロングデイジーを張りラグーンを眺める

 三重キャンプ旅7日目の朝は5時半におはようございます!依然として晴れてはいるものの天気予報は下り坂、次はいよいよ雨キャンプとなりそうです。

 キャンパーダイニングでフレンチトーストを食べ8時55分には大半の片付けを終了。残りはロングデイジーに服やタオルを干しただけで、5分もあれば出発できる状態。

関連記事
ロングデイジーをアポロンの天井に吊り下げる
【製品レビュー】スノーピークのロングデイジーは天井からシェラカップやLEDランタンなどを吊り下げる長めのデイジーチェーン。ポールとの接続やテンションの調節などユーザーの意見を取り入れた使い勝手の良い便利アイテムでした。

 キーホルダー作りやウォーターショットを終えたら家族4人で最後のカヌーに乗り、冷房に感謝しながらアメリカンビッグバーガー作り。ここにいると絶対太る気がする…

高規格キャンプ場をハシゴ

 サイトを片付けチェックアウトしたら12時ジャストに出発。他にもバウンティハンターやメッセージキャンドル作りなど楽しいイベントがたくさんありました。

「○○○○さ~い」と語尾に特徴のあるお兄さんが様々なイベントを動かしていて、まさに大車輪の活躍でした。カッコ良すぎ。

 距離のある移動日なので本当はもう少し早くに出て次のキャンプ場に向かうつもりだったけど、エバーグレイズのイベントが楽しすぎてこんな時間に。続きます。

関連記事
夜の青川峡キャンピングパーク
三重キャンプ旅のラストは西日本屈指の高規格キャンプ場「青川峡キャンピングパーク」で雨キャンプ。場内は大子グリンヴィラとよく似ており、BESSのログ小屋「IMAGO」に宿泊。帰り途中にジャズドリーム長島やSWEN浜松店に立ち寄りました。

あわせて読みたい