ナチュログと決別しました

毒キノコ?!

 2015年9月末をもってナチュログ(ナチュラムの無料ブログ)に残っていた過去記事とアカウントを全削除しました。ブログを始めるキッカケと環境を与えてくれたことに感謝!

 書き始めて約1ヶ月間だけ利用したあと本格的に使い込む前に過去記事と共に独自ドメイン+WordPress+レンタルサーバーに移転。自ら退路を断って頑張っていきます。

 ナチュログから退会するやり方、なぜキャンプブログとして恵まれた環境から抜け出そうと思ったのか、移転後はどんな感じなのか、ちょうどいい機会なのでざっくり書いてみます。

2018年3月追記:ナチュログ退会から2年以上経ってわかってきたことがあるため、改めて本記事を全面的に見直しました。

ナチュログから退会

ナチュログとの決別1

 ナチュログからの退会手順をメモ。念のため記事はバックアップしておきます。テキストファイルにエクスポートしておけば、いざというとき役立つかもしれません。

 とはいえ過去記事はブログ移転のとき手作業で必要な記事だけ移行してあり、WordPress自体の定期バックアップもあるため使う機会はほぼなさそうですが。

 内部リンクの修正など作業が多いため、記事が少ない段階で移転しておいて正解だったというのが実感。これで心置きなくブログの削除に取り掛かれます(^^)

ブログ削除(ナチュログ終了)

ナチュログとの決別2

 もう復元できないけど大丈夫でしょう、きっと。ここは躊躇うことなくポチッと消しちゃいました。広告費表示プランの残期間が少しもったいなかったけど、ありがとうございました。

 これで退路は断ちましたので、ここからは背水の陣で臨みます。ナチュログからの接点は一切なくなったことになり、荒野に一人ポツンと取り残された気分…でもないw

アカウント削除(会員退会)

ナチュログとの決別6

 ブログは無くなっても会員情報は残っているらしいので、ナチュログ会員として退会処理を行いました。実はブログ単独で削除しなくても会員退会すればまとめて削除されたのかも。

 ここで気になったのがナチュログ上で会員退会するとナチュラム上で何か起きるかですが、いまのところ特に不具合などは無さそう。商品購入やバディシステムで貯まったマイレージポイントも消えずに残ってます、ホッと一安心。

なぜナチュログをやめたのか

ナチュログとの決別7

 せっかく始めたナチュログをあっさりやめた理由ですが、投稿画面が使いにくい、管理画面が重い、デザインを改造するのに制約が多い、広告が邪魔など。

 ブログ移転後にGoogle Analyticsの流入元トップ10から分析した結果、以下のような少しテクニカルな理由もありました。ほぼほぼ自立できたからナチュログ削除といった感じです。

  • アクセス全体の5%程度しかない
  • 直帰率が一番高い
  • ページ数/セッション数が最低
  • 平均セッション時間が最低(滞在時間が最短)
  • コンバージョン率がぶっちぎり最下位

WordPress移転後の感想

山中湖から見る富士山

 無料ブログからWordPressに移転する理由の1つに「アクセス数を増やしたい」とか「おこづかいを稼ぎたい」という欲望の部分があるかと思います。

 個人的な経験談としては、無料ブログだから全然ダメということはないです。Googleから気に入られるか否かはブログ運営者にとって非常に大事なポイントとはいえ、検索順位にも大差はない認識です。

 逆に「マンネリを打破したい」とか「気分一新したい」とか気持ちの部分で引っかかっているのであれば悩むより移転してしまったほうがスッキリする気がします。

河川敷と空と自転車

 元ナチュログの当ブログですが、WordPressに移転して丸1年後の2016年8月に月間77万PV、丸2年後の2017年7月末に通算900万PVを計測しています。

関連記事
 キャンプブログ「Campout!?」を読んでいただきありがとうございます。簡単な自己紹介をさせていただきます。 自分:主に設営担当。調理スキルなし。 ママ:主に調

 これまた個人的な感覚ですが、ナチュログにいたままだとアクセス数は半分くらいだったのではないかと。少しでも数字を気にする人はさっさと移転した方が精神衛生的に良いです。

まとめ

ナチュログとの決別8

 キャンプや釣り関連だと「アウトドアブログといえばナチュログ」というのが通説ですが、たぶん主流が嫌いな性格なんだと思います。普通に考えたらナチュログやアメブロ、はてなで書いてるほうが気楽だし。

 ナチュログって少し閉鎖的なところも含め、古き良き時代のミクシィと似たような匂いを感じました。それが良いとか悪いとかではなく、どのフィールドで表現したり戦ったりするかの違いだけ。

 キャンプブログの運営収入でファミリーキャンプの費用を全額賄うことを第一目標にしている自分としてはナチュログは仕組み的にあまり向いていなかった、ただそれだけの理由だったりします。