枕なしのスエードインフレーターマットは肌触りと寝心地が秀逸

スエードマット枕なしはハイランダーの傑作

 ナチュラムのプライベートブランド「ハイランダー」にはコストパフォーマンスに優れたキャンプ道具が多くあり、スエードインフレーターマット(枕あり)もその1つ。

 しかし枕部分に一杯まで空気を入れると高さがありすぎ、逆に空気を少なめに入れて高さを下げると寝心地が悪くなる点が残念でした。それ以外はほぼ完璧なのに…

 そんなキャンパーの声を踏まえ、2022年4月にスエードインフレーターマット(枕なし)が発売されました!テント泊や車中泊でシングルサイズを使ってみました。

スエードインフレーターマット

ハイランダーのインフレーターマットを敷いてサイズをチェック

 スエードインフレーターマット枕なしタイプの発売に伴い、そもそも枕ありタイプのほうが枕を持っていかずに済むから便利では?と思われるかもしれません。

 しかし、枕ありタイプはバルブを開けると勝手に膨らむ(インフレータブル)部分の長さが足りず、枕部分だけ空気を自ら吹き込んで膨らませる仕様になっていました。

関連記事
ハイランダーのロールトップテーブルとスエードマットの人気に納得!
ナチュラムのオリジナルブランド「ハイランダー(Hilander)」のロールトップテーブルとスエードインフレーターマット枕付きシングルを入手。コストパフォーマンスに優れたハイランダー屈指の大人気商品は口コミ通りの逸品かも!

新旧スエードマットのスペック比較

比較表スエード枕ありスエード枕なしZライトソル
メーカーハイランダーサーマレスト
種類インフレータブルクローズドセル
収納時Φ16×65cmΦ20×65cm13×14×51cm
使用時65×192×5cm65×190×5cm51×183×2cm
重量約1.6kg約1.9kg約0.4kg
収納袋あり別売り
枕の有無枕付き枕なし
実売価格ナチュラムナチュラムAmazon

 ハイランダーのインフレーターマット(枕あり・枕なし)とサーマレストのクローズドセルマットを比較。登山でも使われるZライトソルは軽さと手軽さが際立っていますね。

オートキャンプに最適な厚手のマット

ヴィガスにコットとスエードマットを入れて熟睡

 カタログスペックで表現しにくい寝心地・触り心地・滑りにくさに特徴があり、特にクルマがすぐ近くにあるオートキャンプでは、多少重くても気にならないかと思います。

 枕なしタイプは全面がフラットになるため、好きな枕を置いて寝心地を調整しやすくなりました。キャンプで枕は軽視されがちですが、疲労回復には効果大と感じています。

関連記事
寝心地良好!サーマレストのピローとマットでキャンプに快眠を
【製品レビュー】サーマレストのクローズドセルマットレス「Zライトソル レギュラーサイズ」とウレタン枕「コンプレッシブルピロー Mサイズ」を導入してみました。寝心地を確保しつつ設営や撤収の手間を減らすことができ大満足。

シングルとダブルの2サイズ展開

スエードマットのサンドベージュは他のキャンプ道具と合わせやすい色合い

 スエードインフレーターマット(枕なし)は1カラー2サイズ展開。落ち着いたアースカラーのサンドベージュは自然に溶け込みやすく、他のキャンプ道具とも合わせやすいです。

 ダブルサイズは幅137cmで、長さと厚さはシングルサイズと共通。収納サイズが直径30cmと大きく、重量は約4.0kgもあり、空気を抜きながら畳むとき汗だくになりがち。

スエード生地は質感が良く実用的

ハイランダーのスエードインフレーターマット枕なし

 ダブルサイズはマットの隙間を極力なくしたい方もしくは大の字で広々寝たい方向け。よほどの理由がなければシングルサイズ(もしデュオなら2枚使い)がおすすめです。

 スエードインフレーターマットは新旧ともにスエード生地の肌触りが良く、シュラフで寝たときにツルツルと滑りにくく、裏地の滑り止め加工とともに実用性が素晴らしい!

2枚並べてデュオキャンプ可能

ミニッツドームにスエードマットを2枚並べてデュオキャンプ

 自宅のフローリングで試した際の寝心地に大満足だったため、帰宅後すぐにもう1枚追加で購入。その後ミニッツドームに2枚並べて、親子デュオキャンプで使ってみました。

 マットの両サイドにあるボタンをパチパチ止めて連結できる便利な仕様は従来通り。寝返りを打ってもマットが大きく動くことはなく、親子ともども熟睡できました。

関連記事
スノーピークの軽量ソロテント「ミニッツドーム」を初張り
【製品レビュー】スノーピークのソロ用テント「ミニッツドーム Pro.air 1」を開封&初張り。フライとインナーを一緒に畳むことができ、大きめの収納袋に入れやすく、極限の軽量コンパクトさより使い勝手の良さを追求した製品。ソロキャンプでは居住空間に余裕があり、親子デュオキャンプも十分可能です。

車中泊ソロキャンプにも大活躍

車中泊キャンプでもスエードマットは大活躍

 ゆるキャン△聖地の浩庵キャンプ場@本栖湖で車中泊キャンプした際、スエードインフレーターマットを使ってみました。湖畔は傾斜がありすぎるので寝泊まりは林間です。

 後部座席にベッドキットを取り付けて右半分だけフラットにし、大人が3人乗車できる状態。シングルサイズがはみ出すことなくジャストサイズで、横になったら5分で即寝zzz

関連記事
ベッドキットを組み立てて横になったら想像以上に快適すぎた
MGR Customsのベッドキットを2列目部分まで全て設置し大人2人が寝泊まりできるようにしました。2回目以降の組み立ては15分以内で済みベッド下には荷物をたくさん積めます。車中泊だけでなく星空撮影時の待機場所としても大活躍。

デイキャンプでは畳まずに持ち帰る

新型タトンカとスエードインフレータマットは同じサンドベージュ

 利根川ゆうゆう公園でポリコットンタープ「タトンカ1TC」を張ってデイキャンプした際、簡易ベッド「コット」にスエードインフレーターマットを乗せてみました。

 自動膨張式で勝手に膨らみ、空気を吹き込む必要がないのも良い点。撤収時は畳まずにそのまま天井のスマートバーに載せれば、面倒な片付け作業が不要になりますね。

関連記事
ミニバンの天井にスマートバーを取り付けて積載量アップ
【製品レビュー】TERZOの車内キャリア「スマートバーフレックスタイプ」をステップワゴンに取り付けてみました。収束型チェアやテントマットなど軽くて長くてかさばるものにピッタリ。使わないときは回転させて天井を這わせるだけ。

コットに乗せれば寝心地アップ

スエードインフレーターマットの厚さは約5cm

 元々コットは地面の凸凹を感じないため寝心地の良さが魅力ですが、コットの上にインフレーターマットを敷くとフレームが体に当たりにくくなって寝心地がさらにアップ

 気温の低い冬キャンプでコット寝するとき、地面からの冷えをマットを敷くことで遮断することができます。あれこれ使ってみて、シングルサイズの汎用性は素晴らしいです。

関連記事
夏は涼しく冬は温かく眠れる「コット寝キャンプ」の魅力
キャンプのとき地面ではなくコットで寝泊まりする「コット寝」。コットは地熱の影響を受けにくく、悪天候や不整地に強い寝床です。キャンプの必須アイテムではないものの睡眠の質向上に効果があり、荷物置き場やベンチとしても使える優れものです。

まとめ

ハイランダー スエードインフレーターマット 枕なし

photo by Naturum

枕なしタイプの良い点
  • 厚さ5cmで寝心地が良い
  • 生地の肌触りが気持ち良い
  • 空気を吹き込まなくても自動で膨らむ
  • 表地がシュラフで寝ても滑りにくい
  • 裏地がノンスリップ加工で滑りにくい
  • 何にでも合わせやすいアースカラー
  • 上下の向きを気にせずに使える
  • 複数枚を並べて連結可能
枕なしタイプの気になる点
  • 最初から枕なしで発売してほしかった…

 ハイランダーのスエードインフレーターマット(枕なしタイプ)は、従来の枕ありタイプの良さはそのままに、枕部分の不満を解消した優れものだと感じました。

ナチュラム公式スエードインフレーターマット(枕なし)シングルサイズ