キャンプマナビスで星空撮影。海サイトから天の川×テント星景

キャンプマナビス海サイトから見える天の川

 千葉県館山市にある家族連れに人気のキャンプ場「キャンプマナビス」。TVドラマのロケ地となった布良海岸に面した「海サイト」に滞在し、連泊中日に星空撮影しました。

 ルーメナー2のモバイルバッテリー機能でレンズを温めながら1時間ほど雲が晴れるまで待機。海沿い特有の湿度こそあるものの、テント近くから天の川を撮れました。

上の写真はコンポジットしたものをトーンカーブで処理しているため、目視でここまで天の川は見えませんのであしからず。

キャンプマナビスで天の川撮影

 キャンプマナビスは房総半島の最南端に近く、過去何度も星空撮影しに行っている野島崎(白いベンチが有名な千葉県屈指の星景スポット)と非常によく似た撮影環境です。

関連記事
太平洋に面した白浜フラワーパークと野島崎灯台で天の川観察
太平洋に面したキャンプ場が併設された白浜フラワーパークと千葉県最南端の野島崎灯台で南の空に立ち昇る天の川を観賞しました。夜空に明るく輝く上弦の月は深夜0時頃に沈み、雲も月明かりもほとんどない夜。湿度が高く撮れ高はイマイチでしたが久しぶりの外出を楽しみました。

マナビスは西の空が開けている

光害マップでキャンプマナビスを確認

photo by Light pollution map

 空が大きく開けているのは西側。沈みゆく星座を撮るには適していても、夜空に立ち昇る天の川は南側。キャンプマナビスは構図に若干制限があるキャンプ場といえます。

 光害マップによるとキャンプマナビス周辺はボートルスケールでClass 4と明るめ。北方向は東京方面で猛烈に明るい一方、南方向は明かりの少ない太平洋となっています。

関連記事
初心者に優しい星景写真撮影スポット5選(東京から2時間以内)
都内から片道2時間以内で行ける星空撮影スポットを厳選しました。いずれも駐車場やトイレが近く、それなりに星が撮れ、前景となる魅力的な対象物があります。月明かりや雲が少なければ天の川も撮影可能です。

サーフスポットに面した海サイト

キャンプマナビス海サイトは青いネットが気になる

 キャンプマナビスは管理棟やログハウスのある「森サイト」と海岸沿いの「海サイト」が徒歩8分ほど離れた場所にあり、ゴールデンウィークに滞在したのは海サイト。

 目の前の布良海岸はサーフスポットで、1997年に放映されていたTVドラマ「ビーチボーイズ」のロケ地。当時は民宿ダイヤモンドヘッドのセットがあったようです。

海サイトの周囲に設置されている青い網のような仕切りは景観的にイマイチ。沈む夕陽とテントを撮るとき映り込んでしまうんですよね…

強風と大雨の海キャンプ

大雨と強風で傘もあっという間に折れてしまった

 初日夜は風速7m程度の強風と最大10mm/h以上の大雨が降るタフな環境。ビニール傘があっという間に折れ、テントに引きこもって浸水しないことを祈るのみでした。

 2日目は日中こそ晴れたものの夕方から徐々に雲が広がり、夕食時には風速8m以上の強風。雨の心配はなかったため、あらかじめタープは明るいうちに畳んでおきました。

 いったん仮眠したあと深夜0時半過ぎに目覚め、トイレに行きがてら空を眺めると、雲が流れて徐々に晴れてきつつあり、順調にいけば30分ほどで星空撮影できそうな予感!

東から南東方向は道路と街灯あり

キャンプマナビスの海サイトは南方向に崖あり

 あらためて南の空を眺めると、オレンジ色っぽい明るい星が見えてきました。あの色と明るさはさそり座のアンタレス、もう少し粘れば夏の濃い天の川を撮れるかもしれない。

 風は弱くなってきたものの依然として湿度が高く、雲が晴れてくるまでレンズヒーターを巻いて待機…のはずが、荷物をどれだけ探してもモバイルバッテリーが見当たらないorz

 そういえばLEDランタン「ルーメナー2」にUSB端子が付いており、いざというときモバイルバッテリー代わりになることを思い出し、無事ヒーターを使うことができました。

関連記事
ナチュラム別注ルーメナー2と純正シェードの便利さに心を打たれた
【製品レビュー】ナチュラム別注の充電式LEDランタン「ルーメナー2」はナチュラルカラーの本体、発光色によらない最大1,500ルーメンの光量、アウトドア向きの防水性・耐衝撃性が魅力。純正シェードや市販のクランプやアームと組み合わせることで使い勝手が増し、緊急時はモバイルバッテリーとしても使用できる優れものです。

北極星が見えるため追尾撮影が可能

キャンプマナビス海サイトは北極星が視野に入る

 砂浜に移動すれば視界が広がって天の川を容易に撮れそうですが、せっかくキャンプに来ているため前景にテントを入れて撮りたいので、海サイトにとどまって構図を微調整。

 この日はポータブル赤道儀を持ってきていなかったため追尾撮影はできず、三脚を立てての連続撮影。突風対策としてカーボン三脚にはストーンバッグが必須かもしれません。

ちなみにキャンプマナビスの海サイトは北極星が視野に入っているので、ポータブル赤道儀ののぞき穴や極軸望遠鏡が使えます。

はじめてのISO10000撮影

DxO PureRAW 2のCPU使用率

 前回の大子広域公園グリンヴィラでの星空撮影でDxO PureRAW 2のノイズ低減とシャープネスが良い感じだったので、ISO感度10000を使ってみることにしました。

関連記事
大子広域公園グリンヴィラで星空撮影。オリオンと壊れかけのテント
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで壊れかけのテントと西の空に沈みゆくオリオン座を1枚の写真に収めました。高規格キャンプ場特有の明るさで星の数は少ないものの前景を白飛びさせずにバランス良くテント星景を撮影するコツを少し掴めてきた気がします。

 前景がにじみすぎないよう、よしみカメラのリアソフトフィルター(LEE Soft No.1)をセット。フロント側には光害カットフィルター「スターリーナイト」を付けています。

関連記事
よしみカメラ特製「リアソフトフィルター」は星景写真の秘密兵器
【製品レビュー】よしみカメラプロデュース「クリップタイプソフトフィルター」はマウントごとに用意されたSTCのフィルター枠とLEEのポリエステル製ソフトフィルターを組み合わせた星景写真の秘密兵器。周辺の星が流れず色や大きさがしっかり強調されて使い勝手は良いと感じます。

DxO PureRAW 2が優秀すぎる件

キャンプマナビス海サイトから見えた天の川

 上の写真はDxO PureRAW 2を適用してノイズリダクションをかけたもの。小さい画面だとわかりにくいですが、ものすごいノイズ除去効果で、ただただ驚いています。

 グリンヴィラで使ったときも思ったのですが、前景のテントや木々がクッキリしたので、ノイズ除去に加え、シャープネスやレンズ補正(歪曲収差など)が効いている模様。

 これはもしかするとマイクロフォーサーズやAPS-Cの高感度に弱い欠点が解消される秘密兵器になるかもしれない。ソフトウェアでここまでできるとはすごい時代です。

関連記事
キャンプ写真の整理から星空タイムラプスの作成まで編集ソフト総まとめ
キャンプや星空撮影で撮りためた写真を整理・編集するとき使用しているソフトを総まとめ。Lightroom Classicを中心に凝った編集にはPhotoshopとNik Collection、星景写真のクオリティを高めるStarry Landscape StackerとDxO PureRAWは重宝しています。

まとめ

キャンプマナビス海サイトから見える天の川

NIKON Z6, NIKKOR Z 20mm f1.8, 13秒, f2.0, ISO10000, 20枚

 キャンプマナビスで撮った南の空に立ち昇る天の川。かなり明るい土地にしては十分満足。今回はルーメナー(レンズヒーター)とリア側のソフトフィルターが大活躍でした。

 東から南東方向は崖の上に道路と街灯があり、場内はライトがいらないほど明るめ。あまり星空撮影向きの場所とは言えませんが、逆に初心者に優しい場所かもしれませんね。

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z6 ボディ

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z6 ボディ

171,800円(08/17 15:39時点)
Amazonの情報を掲載しています