タイムズのカーシェアを借りてキャンプ道具を運んでみた感想

トヨタのシエンタを借りてみた

 約1ヶ月間クルマが手元にない状態が続いたため、タイムズのカーシェアリングを利用してみました。諸々の維持費を考えるとチョイ乗りには安上がり!

 おためしキャンペーンで初期費用や基本料金がかからず、借りたいときにアプリで申し込んですぐ乗ることができるのは便利ですね。施錠や給油の仕組みも面白い。

 マンションからレンタルボックス(トランクルーム)に大量のキャンプ道具を運び出すときトヨタのアクアやシエンタを借りてみた感想をまとめてみました。

はじめてのカーシェア利用

 自宅周辺を調べてみると、徒歩5分圏内にカーシェアを置いてあるコインパーキング「タイムズ」が6ヶ所あり、SUVやミニバンなど色々楽しめそう!

  • トヨタ C-HR・ノア・カローラフィールダー
  • 日産 リーフ
  • マツダ デミオ
  • スズキ ソリオ・スイフト など

タイムズのおためしキャンペーン

グローブボックスから鍵を取り出してエンジン始動

 キャンプ道具を屋外のトランクルームに運び出すにあたり、ちょうどクルマが手元になく困っていたところ、キャンペーンで初期費用がかからず試せることを知りました。

おためしキャンペーンについて

期間中は、月額基本料金(880円)が2カ月0円!さらにカード発行手数料(1,650円)も0円でご入会いただけます。

出典:タイムズカーシェア

 はじめてタイムズのカーシェアを利用するときは、会員登録とICカードの発行が必要とのこと。WEBで申し込んだら電車で近場の有人店舗に向かい、10分ほどで手続き完了。

アプリで空きを探して予約するだけ

タイムズのアプリでカーシェアの予約完了

 自分はクイック入会と呼ばれる店舗での登録でしたが、他にも非対面で完結するインターネット入会、各地で開催される説明会、数は少ないですが無人入会機もあります。

 会員登録を済ませれば、使いたいときにスマホのアプリ等で空いているクルマを探して予約するだけ。電話したり対面で契約したり面倒な手間がないのが良いです。

カーシェアの禁止事項には要注意

コインパーキングに併設されたカーシェア

 カーシェアを借りる前に注意書きを確認すると、灯油の積み込みは禁止らしい。石油ストーブ用のポリタンクをガソリンスタンドから徒歩で持ち帰るの大変なんだよな…

関連記事
アルパカ+おでん鍋のコラボ
【製品レビュー】韓国製の燃料タンク一体型ポータブル石油ストーブ「アルパカストーブ TS-77」をキャンプで3年間使って感じたメリット・デメリットをまとめました。反射板や自動消火装置の有無は使い勝手に大きな影響があると感じています。

 他にも犬や猫などのペットは同乗禁止、車内での喫煙は電子タバコを含め禁止。確かに臭いやアレルギー対策は、互助の精神からすると一律NGにせざるを得ないのかなと。

給油や洗車で料金が割引に

 ガソリン代込みとはいえカーシェアの利用料金はやや高い気がしますが、給油や洗車してから返却すると、それぞれ30分相当の割引きとなるサービスは面白い!

 クルマの維持費や駐車場代、自動車保険にガソリン代など毎月7万円ほどかかっていることを考えると、月に2回程度買い物する程度ならカーシェアのほうがメリット多そう。

トヨタのアクアを借りてみた

カーシェアでトヨタのアクアを借りてみた

 まずは近所のタイムズに置いてあるトヨタのアクアを借りてみました。一番手頃なベーシッククラスなので15分で220円。6時間までは距離料金がかからず最大4,290円。

 リアガラスの読み取り部分にICカードをかざすと、ドアのロックが解除されました。なんだか近未来的。予約時間が近づかないとカードキーは反応しないそうです。

 グローブボックスから鍵を取り出し、ブレーキを踏みながらエンジン始動…してくれない!セルモーターが回っている気配がしない。やばい、故障したかもw

ハイブリッド車の始動に困惑

カーシェアのトランクにキャンプ道具を満載して運ぶ

 どういうタイミングかわからないけど、突然エンジンがかかり走り出すことができました。エンジンがブルブルとかからなかった理由は、アクアがハイブリッド車だったから。

 これまでハイブリッド車を所有したことがなかったため、電気とモーターで動きだすクルマの仕組みを全く知りませんでした。立ち往生してアタフタするの恥ずかしいorz

 カーナビやETCが付いており装備は充実。ちなみにゲート式のタイムズにカーシェアが置いてある場合は、専用のカードキーがサンバイザーに置いてありました。

トヨタのシエンタを借りてみた

カーシェアでトヨタのシエンタを借りてみた

 翌週に再びキャンプ道具を運び出そうとアプリで探すも、休日の日中は料金の安い小型車が軒並み出払っており、料金の上がるミドルクラス以上しか残っていませんでした。

 よく日産のCMでセレナがミニバン売り上げNo.1と宣伝していますが、シエンタのほうが売れている気がするんだが…と思うことがあり、試しに借りてみることにしました。

日産の謳い文句をよくみると「ミニバンとは定員6名以上の国産車を指します」ってツッコミどころ満載な気が(シエンタには5人乗りの設定あり)

夫婦で出かけるには必要十分な大きさ

シエンタのラゲッジルームは夫婦には必要十分なサイズ

 家族4人でキャンプに出かけるには車載量が少なく感じますが、デュオキャンプなら十分すぎる大きさ。同じサイズ感のフリードともども、売れている理由がよくわかります。

 初めて知ったのですが、あらかじめ予約しておいた時間丸々料金を請求されるわけではなく、ICカードでロックした時間で利用時間が計算される模様。

 公式サイトでもカーシェアのおすすめの借り方として掲載されていますが、少し長めに予約しておいて、早めに切り上げる(返却する)使い方が適していそうです。

まとめ

トランクルームにクルマを横付けして荷物を運び込む

 しばらく遠出の予定がなく、買取業者で思いのほか高値が付いたため、新愛車が納車されるまでの約1ヶ月間、タイムズのカーシェアリングを利用してみました。

 カーシェアとレンタカーの違い、借りてみるまではよくわかっていませんでした。利用者の助け合いが基本のカーシェアは、前に使っていた人次第で印象が変わりそうです。

 クルマがなくても問題がないよう週末の予定を立てていたけど、駅から離れた病院に行くとき、重いものを運ぶときなど、手間なく借りて使え、とても助かりました。

関連記事
トランクルームを借りてキャンプ道具をラックに整理
増えすぎたキャンプ道具をマンションから追い出すべく、屋外型のトランクルーム「ハローストレージ」を借りてみました。メタルラックや頑丈収納ボックス、インテリアバーを組み合わせ、3畳のアウトドア趣味部屋にお引越し完了。