デカトロンとオーソリティとWILD-1が競い合う「幕張」がアツい

WILD-1幕張店が2019年3月1日にオープン

 緊急事態宣言解除後のある日。東関東自動車道の湾岸千葉IC付近を走行していると、見慣れた場所に見慣れない看板を発見。あのロゴはネットで見覚えが…そうだ、デカトロンだ!

 国内最大級のショッピングセンター「イオンモール幕張新都心」も大規模リニューアルが実施され、スポーツオーソリティ幕張新都心店のキャンプ売り場がとんでもないことに!!

 県内2店舗目となるWILD-1幕張店のオープンから約1年、幕張周辺がキャンプ好きのパラダイスに変貌しました。アルペンアウトドアーズは千葉県にとって、やはり黒船でした。

キャンプ好きの楽園「幕張」

幕張にあるデカトロンとスポーツオーソリティとWILD-1
  1. デカトロン幕張店
  2. スポーツオーソリティ幕張新都心店
  3. WILD-1幕張店

 キャンプフリークには幕張がアツい!千葉マリンスタジアムや幕張メッセがある海浜幕張駅周辺(千葉市美浜区)にアウトドア系の新店がオープン&既存店の大改装がありました。

 アルペンアウトドアーズフラッグシップストア柏店という世界有数の大きさを誇るアウトドア専門店がオープンし、いわゆる競争原理が働いた模様。キャンプブームの影響もありそうですね。

デカトロン幕張店

 2020年5月22日オープン!フランスの総合スポーツメーカー「デカトロン」が幕張にやってきました。一足先に関西(兵庫県西宮市)に上陸しており、国内2号店として首都圏に初進出。

 デカトロン幕張店の場所は「イオン幕張の1階」です。イオンモール幕張新都心ではなくイオン幕張。古くからの千葉県民には「カルフールの1階」のほうがピンとくるかもしれません。

2000年代前半に(デカトロンと同じフランスの)カルフールが日本に進出したときの国内1号店が現在のイオン幕張店です。

ケシュアのキャンプ用品はコスパ抜群

アポロンにコット4台を並べてもデッドスペースなし

 キャンパーがイメージしやすいようデカトロンを国産メーカーに例えると、キャプテンスタッグのような立ち位置です。全体的にとにかく安価で、多種多様な製品を取り揃えています。

 キャンプ道具好きにはデカトロン≒ケシュア、放り投げて2秒で広がるポップアップテントが有名。我が家のエース寝具だったキャンプベッド(コット)もケシュアです。

 まだ国内でブランドが知れ渡っていないからか、デカトロンは他のアウトドアショップほど混雑していませんでした。ハイキングやウォータースポーツなど何でもあり楽しめますよ。

公式サイトデカトロン幕張店

スポーツオーソリティ幕張新都心店

 2013年12月にオープンしたイオンモール幕張新都心が、2020年5月22日に大規模リニューアル!アクティブモールのスポーツオーソリティ幕張新都心店も大規模リニューアル!!

 改装に伴い1階のキャンプ売り場がとてつもなく大きくなりました。リニューアル前後の比較で言うと、体感的にキャンプ売り場が10倍以上に広がった印象です。

 国内有数の売り場面積になったと言われており、アルペンアウトドアーズ柏店の次に大きいかも。ただ、海外幕の品揃えはWILD-1ほどではないため、うまく棲み分けされています。

国内最大級のキャンプゾーンが誕生

スポーツオーソリティ幕張新都心店のリニューアル後

出典:スポーツオーソリティ幕張新都心店

  • スノーピーク:隣にあった釣具屋(道楽箱)の跡地を吸収して約2倍の広さに
  • ロゴス:かつてのキャンプ売り場に新登場(以前の売り場はこの広さ)
  • コールマン:隣に移動して約3倍の展示スペースに拡大
  • テント展示:ボルダリング(PEKIPEKI)の跡地と吹き抜けに新設
  • 小物売り場:以前のアパレル売り場に移動し品数大幅アップ
  • アパレル売り場(ノースフェイスなど):2階に押し出されました

 店内を見て回ると様々な変更点がありました。スポーツバイク売り場とキャンプ売り場がフロアのほとんどを占めるアクティブモール1階は、何時間でもいられるほど好きな場所です。

公式サイトスポーツオーソリティ幕張新都心店

幕張新駅の開業が待ち遠しい

 千葉市長のTwitterによると、当初予定より少し前倒しになり、2023年度に京葉線の新駅(新習志野駅と海浜幕張駅の間、イオンモール幕張新都心に隣接)が開業見込みとのこと。

 コストコや幕張メッセ、千葉マリンスタジアムなどが集まる土地柄、周辺の道路は朝から晩まで激しく渋滞しています。新駅が完成することで多少マシになることを期待しています(^^)

WILD-1幕張店

 2019年3月1日オープン!千葉県のアウトドアショップはWILD-1印西ビッグホップ店が長らく王者として君臨していましたが、人口の多い湾岸エリアにもWILD-1ができました。

幕張店は習志野市ですが、東京ディズニーリゾートや東京ドイツ村がある千葉県なので、細かいことは気にしない気にしない。

公式サイトWILD-1幕張店

テンマクデザインを買うならWILD-1

焚き火タープコットンウイングは夜は明るく華やか

 WILD-1幕張店ができた当初は選択肢が増えて大喜び。その後アルペンアウトドアーズ柏店ができ、スポオソ幕張新都心店が拡張され、わずか1年で存在感が薄れてきました。

 とはいえWILD-1のプライベートブランド「テンマクデザイン」や一部の輸入品はWILD-1が充実しています。幕張店で買った焚火タープコットンウイングはお気に入りのタープです。

関連記事
テンマクデザインの限定幕「焚火タープコットンウイング」を初張り
【製品レビュー】テンマクデザインの焚火タープコットンウイングを初張り。WILD-1幕張店のオープン記念に発売されたコットン100%の大型ウイングタープ。青空に映える白い生地は遮光性に優れ、TCウイング譲りのデザイン性は抜群でした。

まとめ

スポーツオーソリティ幕張新都心店のテント展示会

 つい先日まで埼玉県東部(三郷・草加・越谷など)や千葉県柏市(国道16号線沿い)がキャンプ好きにはたまらないエリアと思っていたのですが、2020年は幕張がさらにアツい!

駐車場に止まっていたクルマのナンバーを見た限り、都内や神奈川県、埼玉県などから来ている方も多いようです。

 デカトロン・スポーツオーソリティ・WILD-1以外にも、トレファクスポーツ幕張店やモンベル幕張店など見所盛りだくさん。最近幕張に行っていない方はぜひ行ってみてください(^^)

関連記事
千葉県の主要アウトドアショップ(キャンプ用品店)情報まとめ
千葉のキャンプ道具屋まとめ!主要なアウトドア系ショップ(アルペン、WILD-1、スポオソなど)からメーカー直営店、リサイクルショップやアウトレットモールなど、地図と特徴を交えながらキャンプ初心者に役立つ情報をまとめました。