ステイホームな休日にガソリンランタンをメンテナンスしてみた

ガソリンランタンを専用工具でメンテナンス

 ステイホームな休日はお気に入りのキャンプ道具をメンテナンス。まずは手始めにコールマンのガソリンランタン「ワンマントルランタン286A」の整備に着手。

 取扱説明書やアウトドアショップに置いてある「“いざ”というとき役に立つガソリン燃焼器具メンテナンスハンドブック」を参考に分解&清掃してみました。

ガソリンランタンをメンテナンス

ワンマントルランタンをメンテナンス

 新型コロナ対策で在宅勤務や外出自粛を続けている方も多いかと思います。緊急事態宣言から2週間、サラリーマンの自分もようやく週1~2回のテレワークがスタート。

 休日は外出せず、自宅にこもってFF7Rしたり、あつ森したり、まったり過ごしていますが、昨秋からやってみたかったランタンのメンテナンスに取り組んでみました。

ポンピングの固さと燃焼時の息継ぎ

取説より役に立つガソリン燃焼器具メンテナンスハンドブック

 今回整備するのはワンマントルランタン286A740J。ホワイトガソリンを燃料とし、寒さに強く、4人家族がキャンプで使うメインランタンとしてバランスの良さがお気に入り。

 最近使っていて「ポンピングにつっかかり感がある」「息継ぎのように明るさが安定しない」ことを感じていました。取扱説明書を読むと、工具があれば分解できそう!

関連記事
コールマン「ワンマントルランタン」で寒い夜を優しく柔らかく照らす
コールマンを代表するキャンプ道具の一つ「ワンマントルランタン286A」を入手!はじめてのガソリン燃焼器具は想像していたよりも取り扱いやすく、暗すぎず明るすぎない柔らかな灯りが良い雰囲気。GENTOSのLEDランタンと明るさを比較してみました。

メンテナンス用レンチと専用潤滑油

コールマンのスーパーレンチとリュブリカント

 コールマンのガソリン燃焼器具を整備するときはメンテナンス用レンチ「スーパーレンチ」、専用潤滑油「リュブリカント」、純正ホワイトガソリンの出番です。

 ランタンの奥深くにあるバルブを付け外しできる「チェックバルブレンチ」は、一昨年秋にPICA富士西湖で受けた講習会で普通の人は持っていなくても平気とのことでした。

関連記事
PICA富士西湖で秋キャンプ!富士五湖周辺の薪は渡辺製材所がイチオシ
ポカポカ陽気のPICA富士西湖@山梨で秋キャンプ。本栖湖で日の出を見たり、富士すばるランドで遊んだり、ガソリン器具のメンテナンス講習を受けたり、STANDARD pointに立ち寄ったり。渡辺製材所の薪が安くて質が良く、Aサイトと共にお気に入りになりました。

ポンププランジャーのひび割れ点検

ワンマントルランタンのポンププランジャー

 まず初めに点検するのはポンププランジャー。ポンピングするとき動かすポンプノブを反時計回りにたくさん回し、スーパーレンチを溝にはめ込んでカチッと回すと一式取れます。

 奥にあるエアーステムを引っこ抜くと、砂ぼこりと油が混ざって真っ黒になっていました。汚れをティッシュで拭き取り、焚き火テーブルの上で転がして曲がっていないか点検。

リュブリカントは効果抜群

ワンマントルランタンにリュブリカントを注入

 ポンププランジャー先端のポンプカップもひび割れしていないか触ってチェックし、いずれも問題なさそう。全て元に戻したらリュブリカントを数滴注入して終わり。

 早速ポンピングしてみると、メンテナンス前は引っ掛かりを感じたり、ときどき固かったりしたものがスッキリ解消。スムーズに押し込むことができるようになりました。

コールマン リュブリカント 149A5361

コールマン リュブリカント 149A5361

757円(11/26 10:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジェネレーターの点検

ワンマントルランタンのジェネレーターを取り外し

 続いて、ガソリン燃焼器具の最重要パーツ「ジェネレーター」の点検。明るいランタンは虫が寄りやすいため、細かな虫やゴミはカメラ用のブロアーで取り除く作戦。

 マニュアル通りに燃料を入れてポンピングしていても、光量が安定しなかったり思いのほか暗かったりするのは、大抵ジェネレーターに問題ありと講習会で聞きました。

ジェネレーターは消耗品。消火前に燃料バルブを3回ほどON/OFF往復させてクリーニングロッドを動かすのが長持ちのコツだそうです。

ホワイトガソリンは洗浄にも使える

煤まみれのジェネレーターをガソリンで洗浄

 ジェネレーターはスーパーレンチでナットを外せば簡単に分解できます。新品に交換するのが手っ取り早いのですが、それなりの値段がするため、ススが詰まっていないか点検。

 コールマン純正のエコクリーンしか使っていませんでしたが、ジェネレーター内部のバネやクリーニングロッドは真っ黒。パーツをホワイトガソリンに漬け込んで洗浄しました。

 それなりにキレイになりましたが、次回は洗浄ではなく新品交換になりそう。パーツを元通りに組み立てるまで風の吹く屋外で作業してもマントルは割れずに無事でした(^^)

魔法のスポンジでピカピカに

魔法のスポンジ激落ちくんで掃除完了

 ランタンの整備と並行して、分解しないとキレイにできない場所を掃除しました。タオルだと汚れが取り切れないため、魔法のスポンジ「激落ちくん」を水に濡らしてゴシゴシ。

 メラミンフォームは表面に傷が付かず、とてもキレイになりますね。100均でも売っており、ステンレスのクッカーやホーロー食器など、幅広く使えて助かっています。

まとめ

コールマンのメンテナンスハンドブックは必見

 ゴールデンウィークは長野県白馬村の新設キャンプ場「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」に連泊する予定でしたが、外出自粛に伴い自宅でのんびりします。

 まとまった長期休暇を自宅で過ごす際、お気に入りのキャンプ道具をメンテナンスしてみるのはいかがでしょうか?ステイホームでも少しアウトドア気分を味わえます。

 今回はコールマンが発行する“いざ”というとき役に立つガソリン燃焼器具メンテナンスハンドブックを片手に作業しました。YouTubeの公式動画も参考になりました。

コールマン スーパーレンチ 149A9505

コールマン スーパーレンチ 149A9505

979円(11/26 10:11時点)
Amazonの情報を掲載しています