Patagonia 30-50%OFF SALE

ロープと一緒に使うと便利なキャンプ小物5選

ロープと一緒に使うと便利な小物5選

 キャンプに欠かせない知識「ロープワーク」。テントやタープを設営するとき、木々の間に紐を張るとき、荷物を縛って固定するときなど、ロープワークが活躍します。

 とりあえず「もやい結び」だけ覚えておけば大半の状況に対応できますが、ちょっとした小物を追加すると、より便利にロープを扱うことができます。

ロープと相性が良い小物5選

 当記事で紹介するキャンプ小物は、いずれも1個あたり数百円で購入可能なものです。アウトドア専門店だけでなくAmazonや楽天市場などでも販売されています。

ノーブランド カラビナ

ロープと一緒に使うと便利なアウトドア用のカラビナ

 主に登山やクライミングで用いられている、開閉可能な部品が付いた金属リング「カラビナ」。キャンプでは、もやい結びで作った輪っかに引っ掛けたりして使います。

  • 負荷のかからない場所:アクセサリーカラビナ(カラビナ風キーリング)
  • 負荷のかかる場所:強度表記(kgではなくkN)のあるカラビナ

ナイトアイズのエスビナーは強度が低い

 カラビナの選び方は、想定される負荷によって決まります。1kg以内の小物を吊り下げる目的であれば、アクセサリー用の安価なカラビナで全く問題ありません。

 問題はテントやタープの設営を楽にするために使うロープ。強い負荷がかかる場所なので、アクセサリー用のカラビナだと風が吹いたとき簡単に破断してしまいます。

キャンプで使いやすいカラビナは12kN前後の強度

 登山用の本格的なカラビナ(24kN前後)は、とても丈夫だけど、大型で重く、高価です。キャンプでのおすすめは1個あたり数百円で購入できる12kN前後のカラビナ

 12kNは静止状態で1t以上耐えられる強度です。もし突風が吹いて1t以上の力がかかったとしても、カラビナが破断する前にロープかテント本体がダメになると思われます。

村の鍛冶屋 ちょこっとバンド

村の鍛冶屋のエリッゼちょこっとバンドステンレス

 村の鍛冶屋のエリッゼ ちょこっとバンド ステンレスは、約20cmのゴムの両端に金属フックが付いたもの。金属フックの位置を変えることで長さを調節できます。

 ゴムの伸縮性と1本あたりの短さを活かし、わざわざロープを張るには距離が短い場所でロープの代わりとして使えます。使うとわかる地味な便利さが秀逸です。

アポロンのサイドパネルをちょこっとバンドでペグダウン

 キャンプで使う機会が多いシーンは、外から見られるのを防ぎつつテントの通気性を良くするとき。ポールとロープの代わりに、ちょこっとバンドで少し開けた状態にします。

 発売当初はフックが黒いスチールでしたが、その後改良され、より強度があって錆びにくいステンレスになりました。ステンレスになっても使い勝手は変わらず便利です。

関連記事
村の鍛冶屋のちょこっとバンドがテントの換気や乾燥に便利だった
【製品レビュー】村の鍛冶屋の新製品「エリッゼ ちょこっとバンド 4本セット」を試してみました。短いロープ代わりとしてペグダウンし、テントの風通しを良くしたりスカートの乾燥を促したり、なくても困らないけどあったら便利なアイテムでした。

ユニフレーム 引掛け坊主

ユニフレームの引掛け坊主コンビはロープに何かを吊り下げたいとき便利

 テントやタープから地面に張ったロープは斜めになっており、カラビナでは固定することが難しい。小物を引っ掛けたくても、斜めに滑って地面まで落ちてしまいます。

 地面と水平ではないロープに小物を引っ掛けたいときはUNIFLAME 引掛け坊主 コンビの出番です。3mm〜5mmの太さのロープに対応しており、強度も十分あります。

 斜めのロープに引っ掛ける例としては、吊り下げた蚊取り線香、濡れた傘、シェラカップ、タオルやてぬぐい、小型のLEDランタンなどを引掛け坊主で固定しています。

DaLaCa ロープLEDライト

ロープにひっかけておくことで転倒防止になるLEDライト

 テントやタープのまわりに張ったロープは、昼間はしっかり見えても、夜間はほとんど視認できません。特に濃い色のロープは、反射材が入っていないとほぼ見えません。

 大人も子供も足を引っ掛けて転倒する可能性があります。転倒防止のため、ロープに小さなライトを付けておくと、夜間でもロープを視認でき、安心感があります。

 DaLaCa ロープLEDライトは10個で1,500円前後と安価に入手でき、多少の防水性能もあります。点灯色は全6種類、最初から電池が入っていて、後で電池交換もできます。

ナイトアイズ カムジャム

ナイトアイズのカムジャムシリーズはカラビナの進化版

 ナイトアイズ カムジャムは、カラビナの使い勝手をより向上させたアイテム。カムジャムの穴にロープを通して引っ張るだけで、テンションをかけて張ることができます。

 私が使っているカムジャムは太さ2mmから5mmに対応したプラスチック製のもの。キャンプ用のロープは概ね4mm前後が多いので、サイズ感はピッタリです。

 プラスチック製とアルミニウム製でそれぞれ大小サイズがあり、アルミ製の方が強度が高くなっています。上の動画はナイトアイズ公式のカムジャムの使い方です。

 残念ながら前述の12kNカラビナほどの強度はありません。突風の影響を受けやすいタープに使うのはおすすめしませんが、荷物の固定にはかなり役立つはずです。

まとめ

関連記事
簡単な結び方のみ!4つの便利なロープワークでタープを修復してみた
もやい結びや二重8の字結びなど4つの結び方を使ってヘキサタープのロープと自在金具を交換してみました。先人達の知恵の結晶でもあるロープワークはキャンプ場でも大活躍。簡単かつ便利な結び方の活用方法や滑車の原理を用いて洗濯紐をピンと張る方法も!

 1個あたり数百円で購入できるコスパに優れたキャンプ小物、特にロープと一緒に使ってみて良かったと感じたものを5つ厳選してみました。ご参考になれば幸いです。