後部座席の足元にピッタリ!RVBOXスリムにLEDランタンをスッキリ収納

ガチャピンとムック

 サイズや種類の選択肢が多いアイリスオーヤマのRVBOXシリーズは、優れた耐久性と手頃な価格でキャンプ用品を入れておくのにピッタリ!

 RVBOXスリム450にLEDランタンやフェスライトをスッキリ収め後部座席の足元に置くと、クルマの荷室(ラゲッジルーム)で荷物がかさばらず便利です。

 衝撃に弱い光源一式をまとめて安全に保管できるよう色々と試し、コスパの良いRVBOXのスリムタイプに辿り着きました。アウトドア用の腰掛けとしても役立ちます(^^)

RVBOXスリム450

RVボックススリム450

 アイリスオーヤマのRVBOXスリム450は、縦長なキャンプ道具を保管・運搬するのに適した特性を持つRVBOXシリーズの収納箱。商品名の通り奥行きがスリムな「横長&縦長デザイン」となっています。

 同シリーズのRVバケツをユニフレームのクッカーセット「fan5 DX」の収納箱として使用しており、RVBOXシリーズの安定した性能には信頼をおいています。

関連記事
ユニフレームのオールインワンクッカーセット「fan5 DX」を保管&持ち運ぶときの収納方法を検討してみました。アイリスオーヤマのRVバケツや無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスに入れると調理器具一式がスッキリ収まり、踏み台や腰掛けとしても便利に使うことができます。

後部座席の足元に収納

足を出す前

 何かと物が多くなるオートキャンプにおいて、コンパクトな収納方法を確立するためには正確な外寸・内寸の把握も必要不可欠。

 RVBOXスリム450は側面が垂直ではないため計測するポイントで多少変わってきますが、おおよそ以下のサイズ感となっていました。

外寸:幅45cm×奥行24.5cm×高さ30cm
内寸:幅38cm×奥行13cm×高さ27cm
後部座席足元にRVBOX

 後部座席の足元は車種によって異なるので一概には言えないものの、ある程度シートを後ろに下げても足元に入るよう検討していくと、収納箱は四角よりは横長がベストになるかと思います。

 本製品はRVBOXシリーズの中でも特に奥行きが短いため、助手席をかなり後ろまでスライドしても後部座席の足元にピッタリ収まりました。

 我が家の場合、運転席の後ろにはRVバケツ(もしくはポリプロピレン頑丈収納ボックス)を、助手席の後ろにはRVBOXスリム450を配置しています。

クレトムのインテリアバー

 なるべく車内の無駄な場所(デッドスペース)が少なくなるようにし、子供達にはRVBOXシリーズに足を乗せリラックスしてもらいます。狭い車内でもなるべく積載量を増やす算段です。

関連記事
アマゾンから届いたインテリアバー
キャンプ用品の積載問題を解決すべく後部座席の頭上にクレトムのインテリアバーを設置しました。ルーフボックスとの組み合わせで中型ミニバン並みの車載容量を確保できたはず!

 さらに後部座席の上部にあるデッドスペースを有効活用すべく、クレトムのインテリアバーと専用の前後取り付けパーツをセッティング!

 インテリアバーは細長くて軽いもの(収束型チェアやインナーマットなど)を載せておくのにピッタリ。アシストグリップに取り付けるだけで荷物を多く積めるようになります(^^)

転倒しにくさへの配慮

足を出した後

 RVBOXスリム450は耐荷重が30kgあるため、小さな子供が腰掛けとして座っても強度としては全く問題ありません。

 とはいえスリムな形状はどうしても不安定になるため、そのまま座るとバランスを崩して倒れそうになることがありました(汗)

 本製品には転倒防止として回転する足が2つ付いており「高さがあって横長な箱」特有の倒れやすさを低減しています。これは地味にキャンプ場に着いてから役に立つ仕組みです。

箱の中身

 RVBOXシリーズはキチンと蓋が閉まります。パッキンこそないものの多少の雨風では全く問題ありません。これまで何度かキャンプ場で外に出したまま寝てしまいましたが、夜露や雨が来ても大丈夫でした。

 RVBOXスリム450には以下のアイテムを収納しています。キャンプ場に着いてからは雑貨が入っていたり子供のおもちゃが入っていたり、木の実やお菓子が入っていたりと混沌とした世界orz

  • GENTOS LEDランタン 4つ
  • Coleman フェスライト 2つ
  • ヘッドライト 4つ
  • 乾電池 多数
  • カセットボンベ 数本
  • ランタンフック 4本 など

LEDランタン3兄弟を収納

LEDランタン

 ガスやガソリンを熱源とするランタンはマントルが発光する柔らかな雰囲気がとっても魅力的。キャンプ道具といえばテントと共にランタンを思い浮かべる人も多いかと思います。

 とはいえ空焼きしたマントルやホヤ(グローブ)は衝撃に弱く、子供がぶつかって壊してしまうかも。ガスやガソリンは熱くなるのでヤケドにも要注意。

 小さな子供がいるファミリーキャンプの場合、ランタンの取り扱いには十分注意が必要となります。安全第一な我が家は子供達が全員小学校に上がるまで、GENTOSのLEDランタンに統一するようにしています。

GENTOS LEDランタンの明るさを比較

 GENTOSのLEDランタンはエネループやアマループを使うとランニングコストが安く、光源としての性能も向上してきておりメインランタンとしても使える商品が増えています。

 我が家が使用しているLEDランタンは大きさ順に以下の3種類。コストパフォーマンスは定番モデルのEX-777XPが一番優れていると思いますが、どの製品も個性があって使い分けしています。

  • GENTOS SOL-016B … メインランタンとしてタープのメインポールにランタンフックでぶら下げ
  • GENTOS EX-777XP … サブランタンとしてタープのメインポールにランタンフックでぶら下げ
  • GENTOS SOL-036C … テーブル上に置いたり、テント内にぶら下げたり、夜道を歩くときの灯りとして
新品電池のみでLEDランタンを比較

 EX-777XPとSOL-016Bは単一電池のため、単三エネループにスペーサーをつけて使用するか、単一アルカリ電池を購入するかの2択になります。

 単三電池はコスト効率がよさそうですが、明るさとのトレードオフとのことなので、SOL-016Bがメインランタンとなる我が家では単一アルカリ電池を使用しています。

【2017年1月追記】
LEDランタン3機種の明るさ比較を行った結果、SOL-016Bでは単一アルカリ電池がベスト、EX-777XPでは単三充電池がベストという結論に至りました。
関連記事
GENTOS LEDランタンの明るさを比較
GENTOSの暖色系LEDランタンの明るさや使い勝手を比較してみると大人気商品「EX-777XP」が下馬評どおり本体価格やランニングコストの安さ、ビルトインフックで逆さまに吊るせること、単三充電池でも不満がないことからベストなLEDランタンだと感じました。
ホヤを外した状態

 GENTOSのLEDランタンはホヤ(カバー)を外して逆さにぶら下げて使用できるので、アウトドアでの用途が幅広く使い勝手がとても良いです。

 EX-777XP以外は電源ボタンを押さない限り、ほとんど電池を消耗しない仕様となっています。コスパに優れたEX-777XPの唯一の欠点といえるかもしれませんが、キャンプ場への移動の数時間で消耗する電力は微々たるものなので気にせず出発前に全部電池をセットしちゃいます(^^)

 予備の電池は100均で購入したネットに分けていれておきます。エネループは満充電、単一電池は出発前にテスターで測定しておき電池残量でざっくり分類します。

まとめ

ライティング収納いろいろ

 GENTOSのLEDランタンは耐衝撃性に優れているため、外箱には入れずRVBOXスリム450に直接入れてしまいます。雑に扱えるのはアウトドアにおいてポイント高いと思います。

 フェスライトは絡まりやすいため、ダイソーで購入した巾着袋に1つずつ入れておきます。ガチャピンとムックのデザインがカワイイ(^^)

 残りの空きスペースにガスボンベ(CB缶)数本とランタンフック一式なども入れて、我が家の照明まわりの収納・運搬は一旦完成。RVBOXスリムは後部座席にピッタリです!

【2017年1月追記】
現在はRVBOXシリーズと同じくキャンプ道具の保管・運搬に適した無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスを併用しています。
関連記事
無印良品のセール「無印良品週間」がスタート!キャンプで役立ちそうな「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」と「ワイヤーバスケット」を購入してみました。ワイヤーバスケットはコーナンラックとも相性抜群!

GENTOS LEDランタン