3900円の衝撃。VISIONPEAKSレクタタープクロウを開封&初張り

ビジョンピークスのレクタタープグロウを開封&初張り

 ヒマラヤスポーツのプライベートブランド「VISIONPEAKS(ビジョンピークス)」。ポリエステル素材の大型タープ「レクタタープ クロウ」を開封&初張りしました。

 5m×5.5mの長方形は張り方次第で雨対策でき、1家族で使うには充分すぎるサイズ。他のキャンプ道具とは合わせにくい色合いですが、遮光性もしっかり確保されていました。

 税込3,900円と破格値で販売されていた新品を衝動買い。この値段なら多少作りが雑でも、ラフに使って破れたり穴が開いても後悔なし。PB商品あなどれませんね!

VISIONPEAKSレクタタープ

ヒマラヤのプライベートブランド「ビジョンピークス」

 岐阜県が本拠地のヒマラヤスポーツ。プライベートブランド「ビジョンピークス」の大型レクタタープがセール価格「税込3,900円」で販売されているのを見つけ、思わず衝動買い(^^)

 PB商品は先行している他社製品の良いところを参考にして作られ、コスパに優れたものが多い印象があります。スノーピーク本社キャンプ場で開封&初張りしてみました。

関連記事
スノーピーク本社でモバイルハウス住箱に泊まってみた
Snow Peak Headquarters Campfieldでモバイルハウス住箱-JYUBAKO-を初体験。タープを連結して日中は屋外で過ごし、寝泊まりするときは室内へ。滞在時の基本的なルール、付帯設備や備品、持参したほうが良いものをまとめました。

レクタタープクロウの付属品

VisionPeaksレクタタープグロウの付属品

 レクタタープクロウの付属品はロープと収納袋。ポール用とロープ用の収納袋も同梱されていました。タープの張り方によってはロープの本数が足りないことがあるかもしれません。

 タープ設営時に必要となるペグ・ハンマー・ポールは別売り。風を受けやすい大型レクタタープなので、アルミポールは直径28mm以上、鍛造ペグは長さ30cm以上がおすすめです。

関連記事
設営や撤収を楽に済ませるならペグとハンマーにはこだわりたい
テントやタープを効率良く立てるには強固なペグと打ちやすいハンマーが欠かせません。短時間で作業できれば疲れにくくキャンプをより一層楽しめます。ペグとハンマーの選び方やキャンプ初心者におすすめのアイテムをまとめました。

レクタタープのスペック比較

VisionPeaksレクタタープグロウをピンと張る
ブランドサイズ製品名素材
VISIONPEAKS5.5m × 5.0mレクタタープクロウポリエステル
Snow Peak5.5m × 4.4mHDタープ “シールド”・レクタ(L)ポリエステル
ogawa5.7m × 4.2mフィールドタープレクタL-DXポリエステル
tent-Mark
DESIGNS
4.8m × 4.2m焚火タープTCレクタポリコットン
DOD5.2m × 5.2mチーズタープMポリコットン

 国内ブランドの大型レクタタープを比較してみました。チーズタープMとともにかなりサイズが大きいですね。焚火タープTCレクタと張り比べると、二回りほど大きく感じました。

関連記事
テンマクのポリコットン幕「焚き火タープTCレクタ」を試し張り
テンマクデザインのポリコットン幕「焚き火タープTCレクタ」を入手&初張り!設営バリエーションの豊富さとスノーピークのPro幕に匹敵する遮光性、ファミリーからグループまで幅広い用途に対応する形状とサイズは使い勝手抜群です。

1家族で使うには贅沢な広さ

レクタタープグロウの片側をポールなしで地面に直張り

 有効面積の広いレクタタープかつ5m×5.5mもあると、ポール4本で設営すると2家族向け、8本で設営すると3家族でのグループキャンプの共有スペースとなりうる広さがあります。

 スノーピーク本社キャンプ場ではタープの片側を住箱に連結し、通路側はポールを使わずに設営。プライバシーを確保しつつ1家族では充分すぎるほどの広さを得られました。

 ロープを使わずに地面に直打ちする際は、村の鍛冶屋のちょこっとバンドを用いてペグダウンすることで、設営に必要なスペースを節約しつつ適度なテンションがかかります。

関連記事
村の鍛冶屋のちょこっとバンドがテントの換気や乾燥に便利だった
【製品レビュー】村の鍛冶屋の新製品「エリッゼ ちょこっとバンド 4本セット」を試してみました。短いロープ代わりとしてペグダウンし、テントの風通しを良くしたりスカートの乾燥を促したり、なくても困らないけどあったら便利なアイテムでした。

ブラックに近いグレーの生地

VisionPeaksレクタタープグロウの生地

 光の当たり方によって明るく見えたり暗く見えたりしますが、限りなく黒に近い灰色という印象です。この手の色合いは遮光性に優れている分、汚れが目立ちやすいのが難点。

 土に触れると汚れが付着するため、タープを畳むときや地面に広げて乾燥させる場合は要注意。また雨が降った後に水滴がそのまま乾くと、黒いクルマと同じように水垢が残ります。

 よく見ると格子状になっており、リップストップ的な生地(引き裂けにくい)なのかも。縫い目の裏側に貼ってあるシームテープは夜間に光を反射し目立ちやすい気がしました。

黒いロープと黒いプラ自在

レクタタープグロウの黒いロープと自在

 付属のロープと自在はともに真っ黒。黒いロープは見た目がスッキリしているものの、脚を引っ掛けやすいため要注意。子供がいる場合は明るめのロープに変えた方が無難です。

 自在はプラスチック製でテンションを微調整しにくい形状。大きなタープは風の影響を受けやすいのですが、しっかりとロープが食い込んでくれるため強度に不安はありませんでした。

関連記事
ヘキサタープを美しく張る3つのコツ
たった3つのコツで「誰でも美しく張れるヘキサタープの立て方」をご紹介します。

まとめ

ビジョンピークスのレクタタープグロウの外箱

 雨対策として購入したビジョンピークスのレクタタープクロウ。やや生地が薄く、質感や性能では他社のタープに劣るものの、値段が10倍ほど違うので全く気になりませんでした。

VISIONPEAKSレクタタープ クロウ

 黒いタープは他のキャンプ道具と合わせるのが難しく、ブラック系で統一するなら相性良さそうですね。黒いキャンプ道具は蜂をおびき寄せやすいので虫除け対策はぜひ入念に(^^;)

レクタタープクロウのロープ取り付け可能箇所
ビジョンピークス(VISIONPEAKS)はスノーピーク(Snow Peak)と名前が似ていますが、全く無関係ではないかと。

 定価の12,900円だと価格なりですが、3,900円なら激安そのもの!ちなみにスノーピーク本社でレクタLを借りると1泊4,000円ほどするので、コスパは相当すごいと思います。

関連記事
ヒマラヤの全品20%オフSALEが今年も始まるよー!
スポーツ用品やアウトドア用品をお得に購入できるヒマラヤの全品2割引セールが始まりました。スノーピークやユニフレームなど定価販売のキャンプ道具を安く買えるビッグチャンスが到来。全品1割引のヒマラヤメンバーズセールも同時開催です。