ニコン公認レンタル「airCloset Mall」でZ50を借りてみた

NIKON Z50と標準ズームレンズの組み合わせは超コンパクト

 ニコン公式レンタルサービス「airCloset Mall(エアクロモール)」でAPS-Cミラーレス一眼「NIKON Z50 ダブルズームキット」を借りてみました。

 購入するか悩んでいるとき1ヶ月単位で借りてじっくり試すことができ、レンタル価格も他社より安価。メーカー公認の安心感もあって、使いやすいサービスですね。

 Z50はカメラ本体の性能もさることながら、ダブルズームキットの標準レンズ・望遠レンズが優秀。厳しい条件で撮影しなければAPS-Cセンサーで十分かも!

airCloset Mall エアクロモール

エアクロモールのNIKON Z50 ダブルズームキット

出典:エアクロモール

エアクロモールは、商品を納得するまで試してから購入できる、メーカー公認のレンタルモールです。今話題の商品を1ヵ月3,000円〜でお試し可能!レンタル時の往復送料無料、レンタル補償や購入保証も無料で利用できるから、安心してお買い物を楽しめます。

 半年ほど前にニコンのメルマガで周知があったエアクロモール。小学校の運動会で試すべく、レンズ2本がセットになったNIKON Z50 ダブルズームキットを借りてみました。

カメラのレンタルサービスを比較

エアクロモールでカメラとレンズを借りてみた

Z50 ダブルズーム期間料金
エアクロモール1ヶ月7,590円
レンティオ3泊4日10,980円
グーパス1ヶ月15,180円
マップレンタル2泊3日12,420円

 2021年6月時点で主要なレンタルサービスを比較してみると、エアクロモールが圧倒的に安いことがわかります。まずは使ってみてほしい!という強い意図が感じられます。

NIKON Z50ダブルズームキットを借りてみた

  • Z5 24-50 レンズキット 月額10,890円
  • Z5 24-200 レンズキット 月額13,200円
  • Z6II 24-70 レンズキット 月額16,280円

 他にもいくつかミラーレス一眼が用意されています。Z 24-200mmの評判がかなり良いので、次はZ5も借りてみたい!と思わせる「絶妙な価格設定」ではないでしょうか。

NIKON Z50 ダブルズームキット

NIKON Z6とNIKON Z50は使い回しやすいコンビ

 NIKON Z50 ダブルズームキット、深夜に申し込んで3日後には届きました。本人確認書類やクレジットカードなど一連の手続きが全てネット上で完結したのは好印象です。

 Z50とZ6にキットレンズ(標準ズーム)を付けて並べると、スペックが違うとはいえ随分サイズが違うことがわかります。やっぱりAPS-Cはコンパクトで持ち運びやすい。

沈胴式の標準レンズはかなり優秀

巣ごもり期間中にオーバーホールしたアルパカストーブ

 標準ズームレンズ「Z DX 16-50mm」を使って真冬の大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで撮ったアルパカストーブと薪割り台。ここまで写れば十分満足!

関連記事
氷点下7度のグリンヴィラでのんびり星空を眺めながら冬キャンプ
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで冬キャンプ。キンドリングクラッカーでたくさんの薪を割り、タープ下で焚き火しながらスモアやすき焼を作り、夜は焚き火しながら星空撮影。ひたすらのんびりするファミリーキャンプでした。

 日中の屋外のように光量がある環境であれば、超コンパクトな大きさのわりにコントラストも解像度も不満ないレベルですね。ボケはそれなりですが、まあそれは仕方ない。

軽量コンパクトな望遠ズーム

NIKON Z50の望遠ズームレンズで運動会を撮影

 望遠ズームレンズ「Z DX 50-250mm」で小学校の運動会(今にも雨が降りそうな曇り)を撮影。換算375mmの画角は観覧席から撮るのにちょうど良かったと思います。

 Zマウントのフルサイズ向けは最長200mmまでしかなく、Fマウントの望遠レンズだとマウントアダプターFTZを挟む必要があり、換算1.5倍になるAPS-Cは助かりますね。

標準マクロとの組み合わせは良い感じ

NIKON Z6とTTArtisan 11mm f2.8 Fisheye

60mm, f16, 2s, ISO100(Micro 60mm f2.8, FTZ, NIKON Z50)

 Z50にマイクロニッコール60mmを付ければ換算90mmの中望遠マクロ相当になります。室内でのブツ撮りやポートレートにも十分使えるレベルではないかと思います。

 ただ、カメラ本体もマクロレンズも手ぶれ補正が付いていないため、三脚で固定するかシャッタースピードを上げて撮らないと、ブレた写真を連発しそうです。

APS-Cセンサーでも星撮りは可能

NIKON Z50で撮るグロッケ12 T/Cと冬の大三角

24mm, f1.4, 10s, ISO1600(Samyang 24mm f1.4, FTZ, Nikon Z50)

対角魚眼レンズをAPS-Cカメラで使ったときの画角

11mm, f4, 30s, ISO2500(TTArtisan 11mm f2.8 Fisheye, NIKON Z50)

 センサーサイズの小さなZ50ですが、それなりのレンズさえ選べば星空撮影にも十分使えると思います。APS-Cセンサー機の中では比較的優秀な部類ではないかと。

 流石にフルサイズと勝負するには赤道儀で追尾したり5,000万画素にも対応する高解像な単焦点レンズが必要になると思います。そこまで狙わなければ十分な性能です。

関連記事
星をも撮れるお手頃魚眼レンズ「TTArtisan 11mm f2.8 Fisheye」
【製品レビュー】フルサイズ対応の対角魚眼レンズ「TTArtisan 11mm f2.8 Fisheye」は実売2万円台にもかかわらず星すら撮れてしまうコスパの良さが魅力。APS-Cミラーレス一眼では光学性能の良い中央だけ使え、容易にパンフォーカスできて使い勝手よし。昨今の中華レンズ恐るべし。

運動会で連写して気になったこと

NIKON Z50に望遠ズームレンズを取り付けてみた

 望遠レンズで運動会を連写していたとき、Z50のAF-Cの追従性能は今一歩かなと感じました。特に徒競走は多少設定をいじってもピントの歩留まりはせいぜい2割程度…

 また実測ではメカシャッターでRAW 14bit+FINE Lだと高速連写が29枚で停止し、連写を再開できる(バッファクリアされる)まで30秒ほど待たないといけませんでした。

同じマウントで機材を使いまわせる

Z50にストロボを付けて使うのも悪くない

 普段動体を全く撮らないので詳しいことはよくわかりませんが、運動会は一眼レフやソニー機が得意とする分野なのかも。ピントが合えば写りは悪くないんですけどね。

 フルサイズのZ6をメインに使っている自分としては、ストロボ(スピードライト)や単焦点レンズをそのまま使いまわせるのは同じZマウントの大きなメリットと感じました。

まとめ

NIKON Z50はAPS-Cセンサーなのでコンパクト

 ニコン公認レンタル「airCloset Mall」でZ50ダブルズームキットを約1ヶ月借りてみました。グリップもしっかりしていて前面ボタンもあるし、操作性はかなり良いですね。

レンタル中の商品を壊してしまいました。弁償する必要がありますか?

通常の利用により商品が壊れた場合には、レンタル補償が適用されますので、弁償の必要はございません。安心してご利用ください。
ただし、通常の利用からは明らかに想定できない壊れ方である場合など、お客様の故意・重過失により商品が壊れたと判断される場合には、弁償していただく場合がございます。

 往復送料無料かつ相場よりも安価でレンタルすることができ、しかも通常利用での故障もレンタル補償が適用されるので安心して使うことができます。

 カメラやレンズは口コミを頼るか店頭で試してみるのが一般的ですが、ある程度長い期間借りてみて、気に入ったら差額で購入するのもアリかなと思いました。

公式サイトairCloset Mall(エアクロモール)