氷点下7度のグリンヴィラでのんびり星空を眺めながら冬キャンプ

大子グリンヴィラでの冬キャンプ中に焚き火を楽しむ

 緊急事態宣言が発出される以前の12月中旬、茨城県大子町にある大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(以下、グリンヴィラ)に行ってきました。

 11月以降のグリンヴィラは虫が少なく、温泉がとても気持ちよく、毎年行くのが楽しみ。春夏より電源サイトの予約を取りやすいのも嬉しいポイントです。

 最低気温マイナス7度まで冷え込んだ中、オープンタープの下で過ごす冬キャンプ。サイト広くてお湯出て平坦なキャンプ場で過ごす冬はやっぱり最高ですね。

グリンヴィラで冬キャンプ2020

タフまるジュニアは冬でも大活躍

 新型コロナの感染予防もあり、2020年は一度もグループキャンプなし。医療従事者などエッセンシャルワーカーの方々のご苦労を考えると、できませんでした。

 グリンヴィラのイベントも、おやじキャンプ・越冬キャンプ・キャンプ大会など軒並み中止とのこと。焚き火を囲みながら楽しく歓談できる日が待ち遠しいです。

肉のきらくで食材調達

グリンヴィラに行くなら立ち寄りたい肉のきらく

 グリンヴィラへの出撃は2019年12月のグループキャンプ以来、約1年ぶり。直前でキャンセルが出たのか電話一発で電源サイトを確保できました。

関連記事
何もしないキャンプ!グリンヴィラでシーズン最後のテント泊
2019年シーズン最後のテント泊として大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに行ってきました。9時にアーリーチェックインし宴会幕にこもってマッタリ。冬キャンプは星空が美しく、グリンヴィラはいつ行っても抜群の安定感でした。

 大子周辺でキャンプする方にはおなじみの肉のきらくに立ち寄りお惣菜や夕飯用のお肉、TAIRAYA大子店で野菜や飲み物をそれぞれ調達。

プール組と設営組に分かれて行動

真冬のキャンプでもタープ下で過ごす

 公園のベンチでお昼ご飯を済ませ、母子3人は久しぶりのフォレスパ大子(温水プール)へ。1人チェックインを済ませたら、ゆるゆると設営スタート。

 ワンポールテントとレクタタープのポリコットン装備、真冬に使うのは少し季節外れだったかも。周りを見渡すとほとんどの方が2ルーム…まあ寒いですしね。

キンドリングクラッカーで薪割り

キンドリングクラッカーでせっせと薪割り

 1時間半ほどで設営や荷物の配置、寝床の準備など一通りの作業を終えたら、キンドリングクラッカーで太い広葉樹薪20kgほどをひたすらパッカーン。

関連記事
キンドリングクラッカーと薪割り土台で安全・迅速・簡単にパッカーン
【製品レビュー】ファイヤーサイドのキンドリングクラッカーは安全かつ効率的に薪割りできる便利アイテム。怪我しやすい鉈や斧を使わずショックレスハンマーやパーマークの薪割り土台と組み合わせることで焚き火や薪ストーブ用の薪作りがとにかく捗ります。

 キンクラは音も感触も気持ち良すぎで大好き。荷物は増えるけど持っていく価値はあるかなと。そういえば管理棟では良さげな薪割り台が売っていました。

タープ下で焚き火しながらのんびり

2年前の年越しキャンプでもらった棒でスモア作り

 焚き火をしながらダラダラ過ごしていると、フォレスパ大子から母子3人が帰還。この日のプールは数人しかおらず、密とは全く無縁だったようです。

 今回のキャンプはゆるキャン△のクリスマスキャンプを見習った献立。焼きマシュマロをチョコビスケットで挟んだスモアをおやつに、焚き火を囲んでまったり。

ちびっこですらスキルが高い

ゆるキャン△のクリキャンにならって夕飯はすき焼き

 近くで幼稚園児くらいの子供達が何人かで遊んでいたのですが、なんと「他の人のサイトを横切っちゃダメだよ」とお互いに注意しあっていてビックリ!

 いやー、さすが冬キャンプに来るようなご家族は、キャンプ場での基本的なマナーが(たとえ親がいなくても)徹底されていて、素晴らしいですね。

 夕飯もゆるキャン△にならって屋外ですき焼き。さすがにA5ランクのお肉ではありませんが、1,000円程度のお肉でもお外ご飯効果で美味しくいただけました(^^)

NIKON Z50で手軽に星空撮影

NIKON Z50で撮るグロッケ12 T/Cと冬の大三角

24mm, f1.4, 10s, ISO1600(Samyang 24mm f1.4, FTZ, Nikon Z50)

 この日はお借りしたNIKON Z50がちょうど手元にあり、軽く星空を撮ってみました。シリウスが木に隠れ気味ですが、グロッケと冬の大三角とオリオン座。

 グリンヴィラの場内はすごく明るくて星空撮影には不向きですね。にしてもフルサイズではなくAPS-Cで赤道儀なしの1枚撮りにしては意外とよく写るかも。

 開放10秒でこれだけ撮れれば一般人の私にはもう十分です。星像も悪くない気がしますが、換算36mmの画角の狭さは星景写真にはちょっと厳しいですかね。

空気の澄んだ冬キャンプらしい朝

ガルヴィ人気キャンプ場ランキングの常連

 朝6時に起きるとマイナス7度と冬キャンプらしい気温。いろいろ凍っていましたが、すっきり晴れて乾燥が進み、10時半頃に撤収を終えチェックアウト。

関連記事
ガルヴィの人気キャンプ場ランキングが真っ当すぎて納得感ハンパない
ガルヴィの人気キャンプ場ランキング2018が発表されました。東日本の上位がグリンヴィラ、C&C那須高原、スウィートグラスと至極真っ当な順位で納得感あり。読者の投票で決まる人気ランキングはキャンプ場選びの参考になります。

 管理棟に最新の人気キャンプ場ランキングが張ってありました。東がグリンヴィラ、西が青川峡、納得の結果。グリンヴィラ2年連続1位ってすごいですね。

 奥久慈ゆばの里でお土産を買い、お昼ご飯にみらんど袋田でそばを食べ、おやつにこんにゃく関所でアップルパイを買ういつものルーティーンをまわして帰宅しました。

まとめ

巣ごもり期間中にオーバーホールしたアルパカストーブ

 外出自粛期間中に分解清掃&芯交換したアルパカストーブ、今シーズンの初使用が12月中旬と出足は鈍め。使い始めて6年目、灯油漏れもなく快調そのもの。

関連記事
石油ストーブを分解してセスキで掃除&替え芯に交換してみた
アルパカストーブTS-77反射型のオーバーホール。ドライバーやソケットレンチで簡単に分解でき、5シーズン使用した芯の交換も実施しました。セスキ炭酸ソーダとメラミンスポンジで泥汚れや油汚れをキレイに落とすことができました。

 冬のグリンヴィラでのテント泊、焚き火を囲んでのんびり。隣との距離があり、予約を絞っているのか滞在者も少なく、密とは無縁。ただただ最高でした。