ガルヴィの人気キャンプ場ランキングが真っ当すぎて納得感ハンパない

アウトドア雑誌「ガルヴィ」2019年4月号

 毎年楽しみにしているアウトドア雑誌「ガルヴィ」の人気キャンプ場ランキング2018が発表されました!特に今年は東日本の上位が至極真っ当な順位で納得感ありました。

 予約の取りにくさはあるものの、いずれも家族連れに定評のあるキャンプ場ばかり。読者の投票で選ばれた人気ランキングは初心者のキャンプ場選びの参考にもなります。

多分に主観が入っていますので「そもそも設備の整ったキャンプ場なんてありえん!」というワイルド志向の方には全く納得感ないかと(^^;)

人気ランキング(東日本)

人気キャンプ場ランキングが読者投票で決まる

 当記事は人気キャンプ場ランキングをもとに感想を書いています。以降の内容にはネタバレ要素を含んでいますので、これから雑誌を買ってチェックされる方はご注意ください。

 ガルヴィやGO OUTなどのアウトドア雑誌は紙媒体、電子書籍、読み放題サービスなど様々な読み方があります。例えばソフトバンクユーザーなら追加料金なしで読めてしまいます。

関連記事
キャンプの切実な悩みをウルトラギガモンスターで解消
ファミリーキャンプの悩みの1つ、キャンプ場との退屈な往復。ウルトラギガモンスターに加入したことでパケットを気にせず使えるようになり大人も子供もストレスが減りました。テザリングすればタブレットでもYouTube見放題。ガルヴィやGO OUTも読み放題!

グリンヴィラが王者返り咲き

大子グリンヴィラ開場16周年記念祭のセンターハウス

 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県大子町)が東日本1位に返り咲き!今年も管理棟奥の掲示板に慎ましやかに貼り出されるものと思います。

 過去150泊ほど北海道から三重まで様々なキャンプ場に泊まってみて、トータルで考えると納得の順位。過去12回のランキングで1位6回・2位5回と圧倒的。

2018年1位2012年2位
2017年2位2011年2位
2016年1位2010年1位
2015年5位2009年2位
2014年2位2008年1位
2013年1位2007年1位

 驚異的な連対率はまさにエルコンドルパサーやダイワスカーレットのような抜群の安定感を誇るキャンプ場ですね(競馬わからない方にはすみませんw)。

関連記事
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ@茨城のキャンプ場レポ。整備の行き届いた高規格サイトに露天風呂のある温泉や全天候型プール、大規模な公園が揃った国内屈指の大人気キャンプ場。多くのキャンパーに長年愛され続ける大子グリンヴィラの特徴をまとめました。

C&C那須高原とは接戦!?

C&C那須高原のガレージサイト

 前年のランキングで東日本1位に輝いたキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(栃木県那須町)が東日本2位となりました。こちらも至極真っ当な順位だと思います。

 グリンヴィラかC&C那須高原が東日本1位にいると「まあ、そうだよね」と納得感があり、一芸に秀でるキャンプ場は多々あれど、なんだかんだで東日本2強な印象。

 昨年放送された「坂上&指原のつぶれない店」でも紹介されていたとおり、大人グループ禁止ということもあり安心や安全を求めるファミリーに絶大な人気があります。

 ファミリー向けに特化したC&C那須高原、幅広い層にアプローチするグリンヴィラというのが大まかな印象。高規格キャンプ場に分類されるため水まわりは整っています。

スウィートグラスは評価回復!?

北軽井沢スウィートグラスのコテージ「トントゥの庭」

 ここ数年、人気ランキングの上位から脱落することの多かった北軽井沢スウィートグラス(群馬県長野原町)が東日本3位。客層に不安があるものの妥当な順位ではないかと。

 スウィートグラスだけでなくグリンヴィラもC&C那須高原も15泊以上したことがあるので贔屓目なしに見ているのですが、2強と比べやや評価は落ちるかなという印象。

 サイトがやや狭め、悪天候にやや弱い、費用がやや高め、東京からやや遠め、安全面でやや不安、などなど。自然を活かしたイベントはかなり好きなんですけどね(^^)

関連記事
北軽井沢スウィートグラス
北軽井沢スウィートグラスのキャンプ場レポ。東日本屈指の人気を誇る高規格キャンプ場は宿泊施設、テントサイト、水まわり、遊び場、イベントなどファミリーキャンプを楽しむ全ての要素が充実しており、初心者からベテランまで幅広いキャンパーに愛されています。

北関東3TOPがランキングを席捲

大子グリンヴィラが東日本1位に返り咲き

 というわけで北関東3TOPの「グリンヴィラ、C&C那須高原、スウィートグラス」という並び順にとても納得感がありました。日々感じる「予約の取りにくさ順」でもありますがw

関連記事
キャンプアンドキャビンズ那須高原の入り口
北軽井沢スウィートグラスやC&C那須高原など東日本の人気キャンプ場を確保するコツをまとめました。熾烈な予約争奪戦に参戦するにあたり基本的な作戦の立て方や予約システムの攻略法、トラブル発生時の対処法などを紹介いたします。

 ときどき成田ゆめ牧場や森のまきば、イレブンオートなど千葉県のキャンプ場が上位に割り込んでくるのですが、やはり北関東3TOPは東日本では不動の人気ですね。

直近5年の東日本1位は2014年SG、2015年C&C、2016年グリンヴィラ、2017年C&C、2018年グリンヴィラだったはず。

ふもとっぱらはなぜ不人気なのか

浩庵キャンプ場(本栖湖と富士山)

NIKON D7500 (10mm, f8, 1/250sec, ISO100) @ 浩庵キャンプ場

 ほったらかしキャンプ場や出会いの森総合公園など人気があるキャンプ場は数あれど、やはり上位の常連は別格という印象です(お金をもらって褒めているわけではありません)。

 本栖湖の洪庵キャンプ場が11位にランクインしたのは「ゆるキャン△」の聖地効果が絶大だと理解していますが、あれだけキャパの大きな「ふもとっぱら」はランク外なんですね…

関連記事
ゆるキャン△聖地「ほったらかし温泉」
キャンプアニメ「ゆるキャン△」に登場する舞台を巡る「日帰り聖地巡礼プラン」を作ってみました。まかいの牧場からほったらかし温泉まで富士宮市・身延町・山梨市を巡ります。お土産は山梨銘菓「しまりんだんご」です。

 本来、利用者の多いキャンプ場のほうが人気投票では有利(得票数で決まるため)なのですが、規模はあまり関係がなく、水まわりやイベントの充実度が重要なのかもしれません。

人気ランキング北海道版が欲しい

オートキャンプ場ガイド2018のクーポン券

 個人的な願望ですが、読者の投票形式で集計された「人気キャンプ場ランキング北海道版」が発表されるとありがたい。範囲を広げて「北海道・東北版」でもありがたい。

 道内だけで300以上ものキャンプ場があり、関東に住んでいるとリアルな情報を得にくいと感じています。丸瀬布、苫小牧アルテン、滝野、日高沙流川あたりが上位かな!?

関連記事
中札内農村休暇村フェーリエンドルフのグランピングスポット
北海道のキャンプ場を転々としながら観光地を巡る「北海道キャンプ旅」のスタートアップガイドをまとめました。宿泊方法、現地の移動手段、北海道への渡航手段、渡航時期、キャンプ場の探し方、キャンプ道具の選び方など難易度別のパターンに分けて紹介します。

人気ランキング(西日本)

人気キャンプ場ランキングBEST15

 千葉県在住30年以上の自分としては西日本の事情に疎いのですが、行ったことのあるキャンプ場が何ヶ所か人気キャンプ場ランキングに載っていたので感想を。

東の大子、西の青川峡

青川峡キャンピングパークは今にも雨が降りそう

 西日本版の1位は青川峡キャンピングパーク!これは凄くしっくりきました。誰が言ったかわかりませんが「東の大子、西の青川峡」と並び称されるだけありますね。

 自然環境と場内設備のバランスが絶妙で、もし千葉県にあったら間違いなくホームグラウンドにしていたレベル。川をキャンプinn海山の銚子川に変えたら国内最強キャンプ場w

関連記事
青川峡キャンピングパークのキャビングサイトは3種類
青川峡キャンピングパーク@三重のキャビングサイトの施設紹介。BESSのログ小屋「IMAGO」が各区画に2棟ずつ設置され温水シンクやトイレ、エアコンも完備。遊・食・癒の3テーマから選ぶことができます。悪天候時の過ごしにくさには要注意。
関連記事
銚子川ブルーの美しさが忘れられないレベル
キャンプinn海山の近くを流れる銚子川が透明度抜群!銚子川ブルーと称されるエメラルドグリーンが美しく、魚もたくさん泳いでおり川遊びを存分に満喫。魚飛渓では天然の滑り台や岩場を巡る冒険の旅に出かけ傷だらけになりながらも楽しめました。

東の大子、西の竜洋

竜洋海洋公園オートキャンプ場から見える風力発電

 ここ2年ほど竜洋海洋公園オートキャンプ場が西日本1位になっていたのですが、実際に竜洋と青川峡の両方に行ってみると「その評価ってホント?」というのが実感。

 区画サイトにシンクがあるし、場内はキチンと整備されているし、初心者にもおすすめしやすいキャンプ場ではあるのですが、グリンヴィラ以上に人工感が強いのかも。

 対比するなら正しくは「東の大子、西の竜洋」じゃないの?と感じる方はいるかと思います。竜洋がイマイチというわけではないのですが、正直そこまで「凄み」は感じなかった…

関連記事
竜洋海洋公園オートキャンプ場のマジックアワー
竜洋海洋公園オートキャンプ場@静岡で連泊キャンプ。家族だけでのんびり過ごした3日間。鰻の蒲焼や静岡おでんを作ったりSWENやさわやかに行ったり静岡を堪能。2018年もたくさんの方にブログを読んでいただきありがとうございました。

エバーグレイズのほうが上?下?

伊勢志摩エバーグレイズの雰囲気

 西日本4位にランクインした伊勢志摩エバーグレイズは東日本2位と3位を足して2で割ったようなアメリカンなキャンプ場。広大なラグーンを巡るカヌーが秀逸です。

関連記事
伊勢志摩エバーグレイズ
伊勢志摩エバーグレイズ@三重のキャンプ場レポ。アメリカンな雰囲気の漂う場内にはグランピング・キャビン・テントサイトがあり、子供が喜ぶイベント盛りだくさん。水まわりが清潔でプールやラグーンで遊べる西日本屈指の人気キャンプ場です。

 西日本版が「青川峡、エバーグレイズ、竜洋」の順だと東日本版に近い納得感があるんですけどね。他にも素敵なキャンプ場があるので、うるぎ星の森に行って天の川を撮りたいです。

まとめ

ガルヴィ4月号にはキャンプ場ラリー付き

 普段あまり書評的な記事を書かないのですが、ガルヴィの人気キャンプ場ランキング2018があまりにツボだったため、賛否両論ありそうなネタにしてみました。

 グリンヴィラ・C&C那須高原・スウィートグラスの北関東3TOPが揃い踏みし青川峡や竜洋と競い合う構図は、子連れキャンパーらしいチョイスになっていて好感を持てました。

 玄人向けのランキングではないし、未経験者向けのランキングでもないので、ファミリーキャンパーが選ぶのにちょうど良い中庸な感じで、かなり参考になります。

ガルヴィ2019年4月号

ガルヴィ2019年4月号

1,000円(06/17 12:29時点)
発売日: 2019/03/09
Amazonの情報を掲載しています