何もしないキャンプ!グリンヴィラでシーズン最後のテント泊

シーズン最終戦はグリンヴィラでグループキャンプ

 2019年シーズン最後のテント泊として、約1年ぶりに大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(以下、グリンヴィラ)に行ってきました。

 9時にアーリーチェックインし、早々に設営を済ませ、タープの下でひたすらダラダラ。朝から晩まで焚き火以外ほとんど何もしない贅沢な時間の過ごし方。

 12月の朝は氷点下5度前後まで冷え込みましたが、ホットカーペットと石油ストーブとポリコットンテントで快適でした。やっぱりグリンヴィラはいつ行っても最高!

なにもしない冬キャンプ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの入口

 かつては年に何度も滞在していたグリンヴィラですが、気づくと丸1年、足が遠のいてしまいました。キャンプ大会などのイベントも軒並み不参加。

 フルタイムで共働きな我が家には平日10時の予約争奪戦に参戦することが難しく、最近はもっぱら人任せ、もしくはキャンセル出るか運任せという体たらく。

チャリティーオークション

アウトドアデイジャパン2019

 シーズン最終戦ということで、気合いを入れて6時過ぎに出発。茨城県を北上する道中、水戸北IC周辺や久慈川沿いには台風の爪痕がハッキリと残っていました。

関連記事
メイン照明として役立ったGENTOS EX-136S
関東を直撃した台風15号で千葉県南部の実家が被災し、電気や通信などのライフラインが数日間断たれました。食料と共にキャンプ道具や発電機を持ち込み、一昼夜を過ごした際に感じた「被災したとき本当に役立つキャンプ道具」をまとめてみました。

 2019年4月に開催されたアウトドアデイジャパン@代々木公園のチャリティーオークションで5,000円券を落札しており、有効期限が切れる前に間に合って何より。

9時にアーリーチェックイン

グリンヴィラのアーリーやレイトの冬期料金

 1泊2日でも滞在時間を確保したかったので、9時ちょうどにアーリーチェックインを済ませ、AC電源付きの個別サイトに移動。前泊者は少なく、場内は静か。

 ダラダラ過ごす宴会幕として二股ポールを入れたランドステーションL、子供達がゴロゴロできる遊び場としてポリコットンのグロッケ12T/Cを設営しました。

宴会幕で午前中からまったり

アウトドアデイジャパンで落札した宿泊割引券

 この日は思いのほか寒くなく、上着を着て動いていると暑く感じるほど。まだ10時半だけど、お酒やジュースを飲みながら焚火したり駄弁ったり、まったりタイム。

 女性陣にスーパーまで買い出しに行ってもらい、子供達と管理棟で駄菓子を買ったり、場内を散策して流行りのテントを確認したり、公園の遊具にも行かずのんびり。

冬キャンプは積載が厳しい

グロッケにホカペとヒーターを入れて子供達の遊び場に

 ルーフボックスありとはいえ、SUVだとこの季節は荷物の量がかなり厳しいです。テントにタープ、石油ストーブにセラミックヒーター、ホットカーペットなどなど。

 子供達が小さかった頃に買うタイミングを逸した感は否めませんが、目下の積載問題や先々のことを考えると夫婦で車中泊できるミニバンへの乗り換えを考え始めています。

 小学3年生の冬あたりから、模試やら習い事やら行事やらで週末も何かと忙しめ。キャンプできる機会も徐々に減り、あと何回家族で行けるか考えると憂鬱になります。

寒い季節はガソリンの出番

エビとコーンを蓋で炒めてお酒のおつまみに

 16時を過ぎ、夕飯の準備を進めようとするも、気温が下がってガスの火力が弱く、全く使い物にならず。やはり寒い季節はガソリンストーブの出番ですね!

 久しぶりにMUKAストーブをポンピングして着火してみると、STARTだと火力が安定せず。RUNにすれば問題ないけど、もしかするとジェネレーターが詰まってきたのかも。

関連記事
SOTO「MUKAストーブ」
【製品レビュー】SOTOのシングルバーナー「MUKAストーブ」は氷点下でも火力が落ちず安価で入手しやすいレギュラーガソリンが使える優れもの。ソロキャンプや冬キャンプにピッタリなMUKAストーブのメリットとデメリットを紹介します。

 普段はガソリンスタンドで購入したレギュラーガソリンを使うことが多いのですが、単価の高いコールマンのホワイトガソリンを使わないと詰まりやすくなるのかな?

石油ストーブでおでん作り

アルパカストーブとおでん鍋でおでんを煮込む

 ホワイトガソリンは金属や工作機器の洗浄に使うことが多いと聞いたことがあり、普段はレギュラーを使い、時々ホワイトを使えば詰まりが減って良いのかもしれません。

 宴会幕にひきこもり、アルパカストーブの上でおでんを作ったりしたけど、午前中から延々飲み続けていたため、夕飯を準備し始めたあたりから記憶があいまいです。

 夜寝る前にトイレに行くと、新月前後だったこともあり星がたくさん見えていました。場内が明るい高規格キャンプ場にしてはなかなかの星空。さすが冬キャンプ。

星空が美しい冬キャンプ

グリンヴィラで迎える朝は氷点下5度前後

 先日のハロウィンキャンプで砂利道にカメラを落下し、フルサイズ用の広角単焦点レンズを割っていたため、酔った状態で星空撮影すると良いことがなく、この日は断念。

関連記事
キャンプアンドキャビンズ那須高原のハロウィンデコレーション
キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原のキャンプハロウィーン2019に参加してきました。サイトデコもジャックオランタン作りも仮装コンテストも参加せず、トリックオアトリートとミニビンゴだけまったり参加。朝晩冷え込まず天候に恵まれました。

 オリオン座の赤色超巨星「ベテルギウス」が素人の自分が見てもわかるほど急激に減光しており、前年とは比べ物にならないほど暗い。超新星爆発するのか心配ですzzz

 翌朝は「おはようございます。サンローランです。」の場内放送で目覚め、屋外に取り付けておいた温度計で確認すると、最低気温はマイナス5度前後と涼しめでした。

ポリエステル生地が乾かない

フォレスパ大子の近くでランステを乾燥中

 ランドステーションLはスカートなしにもかかわらず大量の結露が発生しており、通気をよくしてもなかなか乾かず。晴れていれば乾いたのですがこの日はあいにくの曇り。

 一方のグロッケ12T/Cは結露なし。地面に近いポリエステル生地は少し濡れていたけど、ひっくり返せば意外とすぐに乾きました。さすがは冬に強いポリコットン。

 11時にチェックアウトしたらフォレスパ大子へ向かい、母子3人が温水プールに入っている間に駐車場にランドステーションとPVCマルチシートを広げ、天日干しを開始。

奥久慈の新そばを堪能

みらんど袋田で食べた奥久慈そばと野菜天ぷら

 MUKAストーブの分解を試みたり、途中でランステを裏返したり、1時間ほどで完璧に乾燥完了。春まで使う予定がないため、キレイに折りたたんだら昼飯に出発。

 普段はそば打ち体験させていただく「みらんど袋田」に立ち寄り、職人さんが打った奥久慈そばを堪能し17時に帰宅。やはりグリンヴィラはいつ行っても抜群の安定感でした!

関連記事
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ@茨城のキャンプ場レポ。整備の行き届いた高規格サイトに露天風呂のある温泉や全天候型プール、大規模な公園が揃った国内屈指の大人気キャンプ場。多くのキャンパーに長年愛され続ける大子グリンヴィラの特徴をまとめました。