白いテントとタープでまったり過ごすキャンプハロウィーン2019

キャンプアンドキャビンズ那須高原のハロウィンデコレーション

 毎年恒例の賑やかな秋キャンプ!キャンプアンドキャビンズ那須高原で開催されたハロウィンイベント「キャンプハロウィーン2019」に参加してきました。

 サイトデコレーションもジャックオランタン作りも仮装コンテストも参加せず、コットンタープ&ポリコットンテントのホワイトコンビで例年以上にゆる~く参戦。

 厚着せずとも過ごしやすい朝晩で、石油ストーブやホットカーペットの出番はなし。トリックオアトリートとビンゴだけ参加するスタイルは本当に気楽でした。

ハロウィンキャンプ2019

キャンプアンドキャビンズ那須高原のキャンプハロウィーン2019
  • 2014年:成田ゆめ牧場
  • 2015年:成田ゆめ牧場
  • 2016年:赤城山オートキャンプ場
  • 2017年:ツインキャビン語らい&北軽井沢スウィートグラス
  • 2018年:オートキャンプサイト焚火&北軽井沢スウィートグラス
  • 2019年:ちょい広めオートキャンプサイト

 キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(以下、C&C)が1年で最も賑わうハロウィン期間。数年前と比べ、少し予約を取りやすくなってきたように感じます。

関連記事
キャンプアンドキャビンズ那須高原の入り口
北軽井沢スウィートグラスやC&C那須高原など東日本の人気キャンプ場を確保するコツをまとめました。熾烈な予約争奪戦に参戦するにあたり基本的な作戦の立て方や予約システムの攻略法、トラブル発生時の対処法などを紹介いたします。

前年のクーポンでお買い物

キャンプアンドキャビンズ那須高原のハロウィンショップ

 テラスモール松戸の開業に合わせ金曜日に休みを取っていたものの、妻は仕事、子供達は習い事で家族全員揃ったのが20時過ぎ。おま金なんて夢のまた夢です(^^;)

 朝4時半に起きて荷詰めし6時半に出発。渋滞に巻き込まれつつ3時間ほどでC&Cに到着すると、前日降っていた雨はすっかり上がり、水はけの良い場内はコンディション良好!

 場内各所がデコレーションされており気分が高まります。前年のキャンプハロウィーンで貰った1,000円クーポンでお買い物。相変わらずショップの品揃えが凄すぎです。

パラサイトキャンプ

設営開始前にパラサイトキャンプ

 同じ小学校の同学年のご家族が場内に計5組おり、子供達は大盛り上がり。バラバラに予約して取れるって、マンションとキャンプ場が専用線で繋がっているんじゃないかとw

 ウェザーマスターやリビロンなど初心者とは言い難いレベルの方々なので、電話で呼ばれるまで設営やサイトデコレーションの邪魔をしない程度にパラサイトさせてもらいました。

 ハロウィンキャンプのランチは大好きなメキシカンバーガー作り。ピックがカボチャやお化けになっており、我が家のお弁当のピックにそのまま流用されています(^^)

難易度高めなゴーストラリー

C&C那須高原の場内を巡るゴーストラリー2019

 バーベキュー場、六角形のキッチン、じゃぶじゃぶ池、キッズプレイガーデンを巡るゴーストラリーは難易度が高く、親子で1時間ほど楽しめるナイスなイベントでした。

 じゃぶじゃぶ池前デッキでUNOしていると、スタッフの方が直接呼びに来てくれました。では早速設営でも始めるか…ってあれ?自分って顔バレ&名前バレしてたのか(汗)

 前回来たのが夏休み初日のオートキャンプサイト語らいなのでC&Cに来るのは約3ヶ月半ぶり。常連とは言い難いのですが、存在がばれている以上、下手なことはできないなと。

手抜きなハロウィンキャンプ

涼しい春秋キャンプはホワイトガソリンのランタンが大活躍

 設営を始めたのが12時半なので手抜き作戦。夫婦で相談し「中途半端にやるくらいならやめよう」と決めたため、サイトデコも仮装もせず、のんびり秋キャンプすることに。

 グロッケ12T/Cをいつも通りの手順で設営したら、ホットカーペットやマット、シュラフなどを広げ、20分ほどで寝床の完成。やっぱりアメニティドームより早い気がする(^^)

 C&Cの区画サイトは関東にしては広く、しかも今回はちょい広めサイトなのでスペースに余裕あり。テンマクデザインの焚き火タープコットンウイングも難なく張れました。

関連記事
青空と焚き火タープコットンウイングのコンビ
【製品レビュー】テンマクデザインの焚火タープコットンウイングを初張り。WILD-1幕張店のオープン記念に発売されたコットン100%の大型ウイングタープ。青空に映える白い生地は遮光性に優れ、TCウイング譲りのデザイン性は抜群でした。

コットンとポリコットンのコンビ

グロッケ12T/Cと焚き火タープコットンウイングのホワイトコンビ

 シルバーウィーク@無印良品津南キャンプ場のときは、ポール一式を忘れて実現できなかったコットンウイングとグロッケのホワイトコンビ。ようやく実現することができました!

 コットンもポリコットンも汚れやすさは気になりますが、メーカー違いでも色合いに大きな差がなく、春秋はこの組み合わせを基本にしたいと思えるほど。完全なる自己満足w

 タープ下にロールトップテーブル・ウッドキッチンテーブル・ウッドクーラースタンドのハイランダートリオを配置すると、家族4人がゆったり過ごせる空間になりました。

関連記事
ハイランダーのウッドキッチンテーブル
【製品レビュー】ハイランダーのウッドキッチンテーブルはロール式の天板と収束式の脚でコンパクトに持ち運べ、立って作業できる大きな調理台あり。ウッドロールトップテーブルやウッドクーラースタンドと一緒に使うとサイトに統一感が出ますね。

トリックオアトリート

ダッチオーブンでスイートポテト作り

 一通りの設営を終えて乾杯したら、トリックオアトリートの準備に取り掛かります。この日の参加人数は最大265人、お菓子の推定必要数は245個程度とのこと。

 ダッチオーブン用の炭火を熾してスイートポテトを焼きつつ、遠くからやってくる子供達をお出迎え。250個以上用意していたお菓子は約20分でほぼなくなりました(^^;)

改めて思うことですが、トリックオアトリートに参加されている子供達を見ていると、ずいぶん下の年齢層が増えてきたなと。C&Cは年少から小3がど真ん中、まだの方はお早めに!

ミニビンゴでクッション当選

びっくりドンキーのお皿に並べたハロウィン料理

 夕飯はティファールと羽釜で作ったカボチャ料理をプレート(北海道で買ったびっくりドンキーのお皿)に盛り付け、ハロウィンキャンプっぽくしてみました。

関連記事
C&C那須高原のAC語らいサイトでティファールを使って調理中
【製品レビュー】キャンプ用の調理器具として「取っ手のとれるティファール」を使ってみました。コストコ限定のインジニオ・ネオはウォックパンがファミリーキャンプにちょうど良いサイズ。水が冷たい春秋キャンプでも汚れが落ちやすいのが助かります。

 夕飯の片付けを済ませたらメインイベントのガールズ&ボーイズコレクション(仮装コンテスト)を見学。ミニビンゴでハロウィン仕様のクッションをいただきました!

 焚火台を片付けるのが面倒なのでパラサイトを繰り返し、焚き火や暖炉を囲みながら静かに語らいタイム。寝る前に星空撮影したら1時半におやすみなさいzzz

暖かく過ごしやすい朝晩

キャンプアンドキャビンズ那須高原名物の100円モーニング

 翌朝は6時半に起床。小さなセラミックヒーターだけでも十分暖かく、ものすごく気持ちよく眠れました。やはりポリコットンの生地は乾燥も結露もしにくい気がします。

 ホカペは敷いただけで使わずじまい、石油ストーブもダウンジャケットも出番なし。前年はグロッケにホカペとヒーターでちょうど良かったので、今年はかなり暖かったようです。

 コーヒーミルで豆を挽いて朝の一杯を堪能したら、100円モーニングの行列に並びフレンチトーストとソーセージとコンソメスープで朝ご飯。あぁC&Cって本当に楽チンすぎる(^^)

関連記事
利根川ゆうゆう公園でコーヒーを飲みながらデイキャンプ
多少手間でも美味しいコーヒーが飲みたい!豊かな自然に囲まれたキャンプ場で飲む朝コーヒーはキャンプの醍醐味の1つ。ミルやドリッパー、ケトルなどを揃え挽きたてコーヒーに挑戦。奥深きコーヒー沼に片足だけ突っ込んでみました。

年越しキャンプの予約に失敗

キャンプハロウィーン2019でミニビンゴに当選

 朝食を済ませたら子供達がクリスタルハンターの行列に並んでいる間に片付けを進め、10時50分に撤収完了。今回もまた超スーパーボールすくいには一切興味を示しませんでした(^^;)

 お昼ご飯を食べようとピザハウスに行くと、オーナーさんがガッツリ働いておられました。年越しキャンプでいただく特製ラーメンは、チャーシューも手作りで美味しいんですよね。

 今年も年越しに行きたかったけど、北海道キャンプ旅からの帰路で予約を取れませんでした。苫小牧港から仙台港へ向かう太平洋フェリーの船内まで電波が届かず…無念。

関連記事
宗谷ふれあい公園にてTakeチェアロングで一休み
8泊9日の北海道キャンプ旅2019は道北と離島!滞在したキャンプ場は計5ヶ所、全てコテージやキャビン泊でした。フェリーを乗り継ぎ利尻島や礼文島を観光し、姫沼や朱鞠内湖で星空撮影に挑戦。事前準備から帰宅するまでの遠征記をまとめました。

まとめ

キャンプハロウィーン2019のメイン会場の様子

 10月最終週のキャンプハロウィーン2019は雨に降られることもなく、過ごしやすい気候でした。イベントを詰め込みすぎなかったことが例年以上に楽しめた秘訣かもしれません。

 キャンプ場を出る直前、バッテリー上がり事件が起きたのですが、元整備士のスタッフさんが手際よくケーブルをセットし、軽自動車からヴェルファイアのエンジン始動に成功!

 次々と泥沼からけん引してクルマを救い出す無印良品カンパーニャ嬬恋のスタッフさんもカッコイイと思いましたが、C&Cのスタッフさんも負けず劣らず頼もしい(^^)

関連記事
キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原のキャンプ場レポ。イベント・施設・環境などあらゆる面でレベルが高く、小さな子連れキャンパーに圧倒的な人気を誇る高規格キャンプ場。おすすめポイントと利用者目線でのよくある質問をまとめました。