予想最低気温ごとに持っていくキャンプ道具や服装の目安(春~秋)

11月下旬の塩原グリーンビレッジは池が凍っている

 11月に入ると関東でも最低気温が氷点下となることがあり、ワンポールテントや薪ストーブを使う人が増えキャンプ場内の光景が徐々に変わってくる季節でもあります。

 グループキャンプを準備していると「どんな服装で行けばよいか」や「暖房は持っていた方がよいか」など聞かれることがあり、改めて基本的な考え方を整理してみました。

 冬キャンプを除く3月から11月まで予想最低気温ごとに石油ストーブやホットカーペットの要否、テントやタープの選び方、あると便利なアイテムなどを紹介します。

当記事は春から秋まで関東近郊で年間30泊ペースでテント泊して得た経験を基に、キャンプ道具や服装の実例を交えまとめたものです。

25℃以上

森まきのサイロとバスケットコート

 日中は猛暑、夜は熱帯夜。虫が多くキャンプ場は混んでおり総じて料金は高め。キャンプ中級者~上級者は場所や時期を変えるなど真夏を避ける傾向にあります。

 夏休みの南関東だと成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場や森のまきばオートキャンプ場、一番星ヴィレッジなど日陰が少なく標高の低い草原サイトが該当します。

 地面からの熱を遮り風通しを良くするかが寝心地を左右するため、アメニティドームのようなキャンプ初心者向けとして販売されているドーム型テントは熱がこもりやすく非推奨。

コットでゴロリン

 高い天井と広い居住空間、側面のメッシュが多く遮光性能に優れた2ルームテントやスクリーンタープにコットを並べて寝ると、熱帯夜でも寝苦しくなく朝を迎えることができます。

 真夏は荷物が少なく積載に余裕があるためシュラフではなくタオルケットや薄手のブランケットで代用可能。ペンドルトンが好きならジャガードバスタオルオーバーサイズでも良いかと思います。

 もし電源付サイトならサーキュレーターを持っていくと扇風機代わりとなります。気温が高いと生鮮食品が腐りやすいため高性能クーラーボックスを持参することをオススメします。

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:トルテュpro+シールドルーフ
  • タープ:エルフィールドヘキサpro
  • シュラフ:タオルケットで代替
  • 寝床:コットのみ
  • 電化製品:サーキュレーター
  • 保冷:釣り用クーラーボックス
  • 暖房:不要
  • 服装:Tシャツ、ハーフパンツ、サンダル

20℃以上25℃未満

真夏のキャンプアンドキャビンズは緑がいっぱい

 依然として虫が多いものの夜になれば熱帯夜ほど蒸してはおらず(暑さが苦手でなければ)夏キャンプらしいプール遊びや川遊びを楽しむことができるかと思います。

 最低気温が25℃未満になると初心者向けのドーム型テントでも気持ちよく眠ることができます。地面からの熱は銀マットやインフレーターマットで防ぎつつ側面をメッシュにすれば快適。

 最低気温が20℃以上あるとテントの大敵「結露」はほとんど発生しない印象があります。日差しが弱ければシールドルーフ(ルーフフライ)を付けなくても平気。

真夏の大子グリンヴィラで乾杯

 日中はスコールのような通り雨が発生しやすいため、タープはキチンと設営しておいたほうが無難です。もしテントやタープが夜のうちに濡れたとしても翌朝晴れていれば午前中の早い段階で乾いてしまいます。

 サーキュレーターがなくても困ることはほとんどありません。国内屈指の人気を誇る大子グリンヴィラやC&C那須高原だと夏休みに多い気温です。半袖で1日中過ごせることもあり荷物が少なく済みます。

大子 7月20日 2015年 2016年 2017年
最高気温 33.7℃ 30.4℃ 32.7℃
最低気温 23.5℃ 20.7℃ 21.0℃

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:トルテュpro
  • タープ:エルフィールドヘキサpro
  • シュラフ:オーロラ450DXを開いて掛け布団に
  • 寝床:コットのみ
  • 電化製品:不要
  • 保冷:釣り用クーラーボックス
  • 暖房:不要
  • 服装:念のため薄手のパーカー

15℃以上20℃未満

無印津南でトルテュ

 徐々に虫が少なくなってくるものの、自然を活かしたキャンプ場と人工的な高規格キャンプ場で虫の数に大きな差があります。

 タープやシールドルーフがなくても過ごしやすいためキャンプ初心者にオススメしたい気温です。梅雨入り前やシルバーウィーク前後は最低気温が20℃未満となることが多いと感じています。

大子 9月20日 2015年 2016年 2017年
最高気温 27.6℃ 19.6℃ 25.6℃
最低気温 14.4℃ 16.5℃ 16.7℃
イグルーのクーラーボックスを積み重ね

 暖房器具や電化製品が不要なため荷物は少なく、真夏のような強力な保冷力も必要ないためコールマンやイグルーのキャンプ用クーラーボックスで事足ります。

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:トルテュpro
  • タープ:不要
  • シュラフ:オーロラ450DX
  • 寝床:コットのみ
  • 電化製品:不要
  • 保冷:キャンプ用クーラーボックス
  • 暖房:不要
  • 服装:ネルシャツ、長ズボン、薄手のフリース

10℃以上15℃未満

星に手のとどく丘キャンプ場の管理棟

 我が家的キャンプのベストシーズン。関東だと低地のゴールデンウィークや高地のシルバーウィークが最低気温10℃以上15℃未満となります。

 虫が少なく焚き火が気持ちよい夜。寝るときは地面からの冷えを防ぐ必要があります。安く済ませるなら銀マットを敷き詰め、余裕があればインフレーターマット。

 我が家は最低気温が15℃を下回ると暖房器具を1つ持っていくようにしています。AC電源サイトであればホットカーペット、電源なしサイトであれば石油ストーブのいずれかです。

今シーズン初の石油ストーブ

 ホットカーペットも石油ストーブも持っていない場合、多少の厚着+湯たんぽが効果的。緊急時にはナルゲンボトルにお湯を入れスポーツタオルを巻いて湯たんぽ代わりにすることもあります。

 最低気温が15℃を下回る場合は予備としてホッカイロを持っていくことをオススメします。できれば貼るタイプと貼らないタイプ、それぞれ人数分あれば万が一のとき役に立ちます。

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:トルテュpro+シールドルーフ
  • タープ:不要
  • シュラフ:オーロラ450DX
  • 寝床:コットのみ
  • 電化製品:不要
  • 保冷:キャンプ用クーラーボックス
  • 暖房:石油ストーブ、ホッカイロ、湯たんぽ
  • 服装:薄手のダウン、厚手のフリース、ウインドブレーカー

5℃以上10℃未満

コットの上にホットカーペットを敷く

 この気温になるとキャンプ場から虫がほとんどいなくなり、ホッカイロや湯たんぽだけでなく何かしらの暖房器具がないと厳しいと感じます。

 暖房器具は石油ストーブとホットカーペットの両方を持参。最低気温が10℃を下回ると電源付サイトのみ選ぶようにしています。吐く息が白くなるのが一つの目安。

 上着はダウンジャケットを持ち出し、ズボンはトレッキング用タイツ+ハーフパンツでは厳しくなるため裏地が起毛素材のパンツかヒートテックのタイツを履きます。

石油ストーブで2ルームに引きこもり

 最低気温が10℃を下回ると激しい結露との戦いが始まります。特にポリエステル素材のシングルウォールは激しく結露するため、シールドルーフやルーフフライのようなものを天井に被せると結露を減らすことができます。

ポリエステル素材のテントならダブルウォールを推奨。小川のピルツを例にするとインナーテントを取り付けるとダブルウォールになるため内側の結露を大幅に減らすことができます。

 どんなに対策を取っても結露がなくなることはないため、自宅のガラス掃除に使う道具を持って行くと撤収前に乾燥を促すことができるようです。

塩原グリーンビレッジでテントを連結し籠る

 通気性の良いポリコットンやコットンは結露を抑えることができるため、10月から4月のキャンプ場はノルディスクやテンティピなど北欧のモノポールテントが増えますね。

 寒さに強ければ屋外での焚き火を楽しめますが、寒さに弱い場合はヘキサタープやレクタタープでは厳しいかもしれません。スクリーンタープに籠ると温かく過ごせます。

iMuto M5とアイリスオーヤマのサーキュレーター

 この気温から再びサーキュレーターの出番。暑いときは扇風機代わりでしたが寒いときは石油ストーブから出る暖気の循環と撤収前にテントを乾かすために用います。

 意外と気を付けたいのがゴールデンウィーク。毎年シーズンインとなる方が一定数いますが、前年夏にデビューしたばかりの方は要注意。GWは想像以上に寒いです。

大子 5月5日 2015年 2016年 2017年
最高気温 23.7℃ 24.6℃ 26.8℃
最低気温 6.4℃ 8.1℃ 10.2℃

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:トルテュpro+シールドルーフ
  • タープ:リビングシェル
  • シュラフ:オーロラ450DX
  • 寝床:コットのみ
  • 電化製品:サーキュレーター、ホットカーペット
  • 保冷:キャンプ用クーラーボックス
  • 暖房:石油ストーブ、ホッカイロ、湯たんぽ
  • 服装:ダウンジャケット、フリース、ヒートテック

5℃未満

11月後半の塩原グリーンビレッジは凍っている

 秋後半(11月)から春前半(3月)は最低気温が5℃未満となることが多く、装備の貧弱なキャンプ初心者にはオススメできない季節。鼻息まで白くなります。

 地面からの冷えが一層強まり、霜が降りたり水が凍ることも多々あります。虫はほとんど見かけることがなく放射冷却で氷点下になることも。

 服はかさばり暖房器具は増え積載に余裕のあるクルマでないと厳しいかもしれません。薪ストーブが本領を発揮する気温でもあり、キャンプ場はかなり空いています。

レジャーシートの上にホットカーペットを敷いてグラウンドスタイルに

 必要な対策を取らないと寒くて眠ることができません。暖房器具は石油ストーブとホットカーペット、電気毛布を持参するようにしています。コットにインフレーターマットを乗せ始めるのも氷点下が目安です。

 大型2ルームテントにフジカハイペットやアルパカストーブ1台では心許なく感じるため、小型のテントやシェルターに切り替えて暖気が逃げないようにしています。

薪ストーブは魅力的ですが石油ストーブとの併用は荷物が増えるし燃費も極めて悪い。コロナのようなタンク一体型の石油ストーブという選択肢もあります。
大子 3月25日 2015年 2016年 2017年
最高気温 11.4℃ 10.5℃ 11.7℃
最低気温 -2.7℃ -3.2℃ -4.0℃

【我が家の持ち物(例)】

  • テント:リビングシェル+シールドルーフ
  • タープ:ランドステーション
  • シュラフ:オーロラ450DX+ライナー
  • 寝床:コット+インフレーターマット
  • 電化製品:サーキュレーター、ホットカーペット
  • 保冷:ソフトクーラーバッグ
  • 暖房:石油ストーブ、ホッカイロ、湯たんぽ
  • 服装:ダウンジャケット、スキーウェア、ヒートテック

まとめ

寒い季節は大鍋で豚汁が最高

 キャンプブログやキュレーションメディアを見ると「冬こそキャンプのベストシーズン!冬のテント泊って最高!」と書いてあることが往々にしてあるのですが、春に始まり秋に終わるというのが一般的かと思います。

 基本的にアウトドア系のライターとはそういう人達の集まりなので、憧れこそあっても社会的常識かというと若干疑問ありますね。どう考えてもマイノリティです。

 というわけで最低気温マイナス5℃以下のテント泊については初心者向けとは思えないので考えないことにしました(実際マイナス4℃までしかテント泊したことがなく、改めて極寒の中でテント泊したいという気も起きない)。

C&C那須高原のタープ下で語らう

 キャンプ初心者にオススメする季節は最低気温が10℃以上25℃未満。25℃以上の熱帯夜は暑苦しく如何ともし難く、10℃未満はそれなりの暖房器具が必要です。

 有野実苑オートキャンプ場のような南関東の平地に限っていえば、ゴールデンウィークからハロウィンまでが一つの目安かと思います。キャンプ道具や服装の準備に役立てば幸いです(^^)

関連記事
有野実苑オートキャンプ場
有野実苑オートキャンプ場@千葉のキャンプ場レポ。収穫体験できる大きな農場や貸切露天風呂が併設され家族連れからソロまで幅広いキャンパーが集う林間サイト。暑さと虫と狭さを克服できれば大きな不満の無い南関東屈指のファミリー向け人気キャンプ場です。
11月下旬の塩原グリーンビレッジは池が凍っている