河川敷にタープを広げてコット寝!贅沢なひとときが最高!

江戸川河川敷でヘキサタープ

 江戸川サイクリングロード左岸(千葉県側)を走行中に見つけた河川敷の絶好ポイント、振替休暇を消化して早速平日朝から試しに来てみました。

 風が強くて設営や撤収に苦戦しつつも、何とか無事ヘキサタープを設営できました。タープの下に1台コットを置いて、誰にも邪魔されず優雅にお昼寝とか最高すぎ!

関連記事
 クロスバイクで江戸川サイクリングロード左岸(千葉県側)を走行中、気軽にテントやタープを試し張り出来そうな場所は無いかと探してみました。 幕体を設営するには平坦かつ広いスペースが欲

強風下でヘキサタープ設営

 今日の河川敷はとにかく横風が強い!天気予報で都内は風速5m前後のはずでしたが、河川敷だからか倍くらいに感じます。

 キャンプで常用しているスノーピークのHDタープシールドヘキサLサイズ、強風に少し苦戦しつつも設営開始から約20分で完成!

河川敷を独り占め

 設営場所は左奥に東京スカイツリー、右奥の遠くにうっすらと富士山が見える絶景ポイント。幹線道路が離れているため不快な音がほとんどしません。サイクリングロードを走るロードレーサーからはこんな感じで見えていたようです。

 今回は写真を撮りながらヘキサタープを設営したので20分もかかっちゃいましたが、風が弱く順調なら一人で15分前後とお手軽なのが良いですね。

36度?!

 温度計は少し日向に置いていたので最高36度を指してましたが、実際はタープの日陰の質が良く体感では30度以下だったかなと。

 ヘキサタープの設営を終えたら、一度はやってみたかった「コットでお昼寝@タープ下」。展開が約1分と非常に簡単なケシュアのコットを持ち出しました。

あこがれのコット寝

河川敷にコット1台あるのみ

 ケシュアのコットは少し重いのが欠点ですが、オートキャンプならほとんど問題なし。本体重量があるため安定感も抜群だし、テンションもしっかりかかるため寝心地もかなり良いです。

 しかも他社の同等品と比べ頭と足の部分に硬いフレームが入っていないため、手足を思いっきり伸ばしてもフレームにぶつからず上下広々と使えます。

ヘキサなしで河川敷コット寝

 一面のスカイブルー!会社休んでコットでお昼寝とか、もう最高すぎ♪世界が緑と青の2色しかないように感じます。

 そういえば本当は講習会の復習としてトルテュproの設営を練習したかったんです。でもとにかく開放的で気持ち良くて、このままコットで寝落ちしちゃいそうです。

関連記事
スノーピークストアで開催された2ルームシェルター「トルテュPro」の設営講習会に参加してみました。1人で短時間に立ち上げるコツ、特に難易度の高いAフレームを攻略する方法は勉強になりました。

 平日のハーフデイキャンプ、これは癖になりそう!ヘキサのように設営が簡単なタープだと、どこでも気軽に出かけることができますね♪

キャンプ風ノマドスタイル

デイキャンパー的ノマドスタイル

 この記事はヘキサタープの下でコット寝しながら書き溜めています。とても開放感があって文章を書くペースも順調です。

 ブログは決して仕事ではないので「ノマドワーカー」とは呼べないかもしれませんが、イヤホンなど付けなくても誰にも迷惑かけず邪魔されず、スピーカーから好きな音楽を流してタブレットとキーボードに向かいます。

ヘキサタープ内でブログを書きながら空を見上げた

 ちょっと文字入力に疲れたときは、ふと空を見上げると一面のスカイブルー!天気も良くて景色最高でした。

 今回は開放感重視として両翼をアルミポール170cmで跳ね上げてます。跳ね上げるだけでヘキサタープが広々と感じられるのでサブポールは必須ですね!

アルミポール170cm(サブポール)

風が強いときのヘキサタープ

 アルミポール4本を使って両翼を全て跳ね上げると、一枚布であるヘキサタープの部分的な張力がどうしても偏るため、サブロープのペグダウン位置を調整する場合もあります。

 風が強い場合などペグを抜き挿ししなおすのが厳しい場合は、もう一本追加で途中にペグを打って2方向から引っ張る形にしてサブロープの張力方向を調整してます。

 スノーピークのアルミポール170cmはアルミ製のため軽くかつ適度な太さがあるため、ヘキサタープと共に使い勝手がとても良いと感じます。現在は計4本保持しています。

 アメニティドームやトルテュproのアップライトポールより少し太さがあり丈夫ではありますが、調子に乗って振り回してるとスポッと抜けてショックコードが伸びてしまいますけども。

 サブポールをヘキサタープに使用しない場合はトルテュproの寝室側の跳ね上げに使うときもあります。HDタープシールドヘキサのポールケースに(メインポール2本に加え)アルミポール170cm4本がちょうど収まるサイズです。

ノマド装備

河川敷でのノマド装備

 今回は気軽に青空ノマドを体験するため装備は最低限。ユニフレームを代表する一品である「焚き火テーブル」をコットのサイドテーブル代わりにしました。

 10インチクラスのタブレットにBluetoothキーボードとマウスを持ち込んで、コットにゴロ寝しながら文字入力。快適そのもの。

真空断熱タンブラーと比較

 暑さ対策のためコンビニで買ったペットボトル、購入時は凍っていたのですが約1時間後に氷は全て溶け常温になってしまうほどでした!なんだかんだで結構暑かったのかも。

 一方で真空断熱タンブラーは冷たいものを入れても一切結露せず、蓋をせずともまだ冷たい状態を保っていました!さすが脅威の保冷力。

真空断熱タンブラーとペットボトル

 タンブラーには冷蔵庫で冷やした麦茶を入れていましたが、片や冷凍状態からスタートしたペットボトルと比べても、保冷能力は一目瞭然。焚き火テーブルは濡れても平気ですけどね。

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104

7,639円(11/20 15:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

 真空断熱タンブラーのスタック(重ね方)について別記事にまとめています。真空断熱タンブラーは400mlと600mlのセットがおすすめです。

関連記事
 キャンプやバーベキューなどアウトドアで冷たいものを飲みたいとき、大活躍するのがサーモスの真空断熱タンブラー! 魔法びん構造で飲み頃温度をキープ 食洗機対応 結

 ずっと憧れていたキャンパー的ノマドスタイル、これで少しは実現できたのかなと。また平日休みが取れたらやってみます!