そうだ京都行こう!SnowPeakランドステーション京都嵐山を初訪問

スノーピーク直営店「ランドステーション京都嵐山」

 今度のお休みどうする?キャンプも良いけど…そうだ京都行こう!子供達の歴史や地理のお勉強を兼ね、金閣寺や清水寺など定番の観光名所を巡ってきました。

 ドーム型テント付きプランのあるGOOD NATURE STATIONに滞在し、8月末にオープンしたばかりのスノーピーク直営店「ランドステーション京都嵐山」を初訪問。

 古民家をリノベーションしたオシャレな店内でお茶したり、ランステ限定のカラフルなスタッキングマグ雪峰の美しさに感動したり、久しぶりの京都を満喫しました。

秋の京都観光2020

京都を代表する観光地「清水寺」は舞台改修中
  • 金閣寺
  • 龍安寺
  • 平等院鳳凰堂
  • 伏見稲荷大社
  • 二条城
  • 清水寺
  • 三十三間堂 など

 四条河原町に滞在しつつ、修学旅行で行きそうなスポットを中心に巡ってきました。金閣寺が全面改装中、清水寺も舞台を改装中なのが少し残念でしたが、天候に恵まれたのは幸いでした。

ランドステーション京都嵐山

 当ブログのテーマは主にキャンプ(とカメラを少々)。京都にできた新スポット「Snow Peak LAND STATION KYOTO ARASHIYAMA」に行ってきたので紹介します。

 場所は京都を代表する観光地の一つ、嵐山エリアにあります。トロッコ電車の乗り場が隣にあるJR嵯峨嵐山駅から渡月橋方面に向かうとき左手にある施設です。

ランドロックアイボリーが目印

古民家の前に設置されたランドロックアイボリー

 京都嵐山店は2020年8月29日に開業したばかりの新施設。この日の目印は中庭に設置されていたランドロックアイボリー。もしシェルターがないと気付かず素通りしていたかも(^^;)

 スノーピーク直営の体験型施設「ランドステーション」は京都嵐山以外だと白馬と原宿にもあります。ランドステーションという名称がタープと同一なのは混乱しやすいかと。

関連記事
宴会幕のド定番!スノーピーク「ランドステーション」を開封&初張り
スノーピークの大型タープ「ランドステーション」を開封&初張りしてみました!豊富な設営バリエーションと広い幕内はグループキャンプで大活躍する「宴会幕」にピッタリ。設営・撤収もヘキサやレクタのように簡単でした。

古民家をリノベーション

ランドステーション京都嵐山の天井を見上げる

広々とした庭園を擁する歴史ある古民家をリノベーションし、店舗スペースとカフェスペース「Snow Peak Café」を展開いたします。また、着物専門店「やまと」のポップアップショップを併設。

さらに、モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」の宿泊プランや京都嵐山のおすすめスポットを巡る体験プラン「Snow Peak GO」をご用意し、その土地の文化や歴史、自然をお楽しみいただけます。

出典:Snow Peak

 店内に入ってすぐ天井を見上げると、古民家をリノベーションした店舗であることが一目瞭然。一応これで完成のようですが、もう少し見た目を整えても良い気がします(^^;)

京都らしく着物を押し出した店内

ランドステーション京都嵐山は着物に注力した直営店

 外国人も多く訪れる嵐山ということで、とにかく着物に力を入れた店舗だと感じました。全国各地のスノーピークストアのようなキャンプ道具を中心に取り扱う店舗ではありません。

 この辺りの店舗展開といいますか、取り扱う商品の方向性は新社長(いわゆる娘さん)のご意向が強く感じられます。アパレル事業が今後も成長を持続できるか要注視ですね。

限定カラーのスタッキングマグ雪峰

ランドステーション京都嵐山の限定品はグリーンカラー

 アパレル中心ではあるものの、キャンプ道具もそれなりに陳列されており、その中でも注目なのがランドステーション店頭で販売されているスタッキングマグ雪峰の緑色!

 いわゆるご当地の限定品で、これ目当てに来る方も多いとか。スタッキングマグ雪峰の秀逸な工作精度と質感はそのままに、美しい色合いに仕上がっていました。

 かなりの人気商品らしく店頭在庫は一切なく予約受付中とのこと。お土産にピッタリなご当地エコカップ(直営店の限定品)は在庫も豊富にありました。

スノーピークカフェで一休み

ランドステーション京都嵐山でランチをいただく

 ランドステーション京都嵐山の店内は大きく分けてキャンプ道具を取り扱う直営店、着付けもできるアパレルコーナー、軽食を取り扱うスノーピークカフェに分かれています。

 店内のジカロテーブルを囲んで一休み。ホットドッグやトラメジーノで焼いたホットサンド、コーヒーやデザートをいただきながら、おうちキャンプのように過ごせました。

モバイルハウス住箱の宿泊プラン

ジカロテーブルを囲んでポテトとコーヒーをいただく

 屋外に展示されていたランドロックアイボリーでも飲食でき、キャンプの雰囲気を多少味わえるのでは無いかと。なお味は可もなく不可もなく、特段の感動もなく普通でした。

 モバイルハウス住箱の宿泊プランは準備中でした。渡月橋から近い立地を活かし相当な人気になるものと思います。家族4人で泊まるには手狭ですが、住箱はカップルにピッタリ。

関連記事
スノーピーク本社でモバイルハウス住箱に泊まってみた
Snow Peak Headquarters Campfieldでモバイルハウス住箱-JYUBAKO-を初体験。タープを連結して日中は屋外で過ごし、寝泊まりするときは室内へ。滞在時の基本的なルール、付帯設備や備品、持参したほうが良いものをまとめました。

まとめ

京都でいただいたおばんざいが最高すぎる

 ゴールデンウィークに白馬店の予約を取っていたものの新型コロナの影響で断念しており、そのリベンジも兼ね京都の美味しい料理を堪能しつつ京都嵐山店に立ち寄れて良かったです。

すぐ向かいにあるカラフルな綿飴屋さんが繁盛していたので、もし店頭にスノーピークのシェルターがないときは場所の目印になります。

 キャンプ好きにはマスト!と一律おすすめしたいところですが、スノーピークのアパレルに興味があればぜひ、興味なければ時間があるときついでにどうぞ、なスポットかと思います。