コーナンラック→フィールドラックで荷物置き場の不満を解消!

コーナンラックとフィールドラック

 クーラーボックスや調理器具など地べたに直接置きたくないキャンプ道具は、コンパクトに持ち運べるラックやコットを使って地面から浮かせておきたい!

 キャンパーに大人気なホームセンターコーナンの木製棚「コーナンラック」から、ユニフレームの金属棚「フィールドラック」に荷物置き場を交代してみました。

 フィールドラックはコーナンラックより丈夫でコンパクト、かつ自在性もありキャンプ場での使い勝手は良好。複数台まとめて買うと高額になるものの徐々に買い増しすることができるため、まずは1台使ってみるとフィールドラックの便利さがわかるかも(^^)

コーナンラックの不満点

天板でコーナンラックを連結

 オシャレなキャンパーを中心にアウトドア用ラックとして根強い人気のあるコーナンラック。自分自身がオシャレだとは全く思っていないけど、何となく流行に乗ってみたくてコーナンラック3段を2台並べて使っていました。

 1台あたりの値段も手頃で入手しやすく、折りたたんでアウトドアに持ち出せる。棚板のサイズは標準・ワイドと2種類あり、高さも3段・4段から選べるなどDIYが得意ならコーナンラックは改造しがいのあるアイテムです。

関連記事
ホームセンターコーナンの「コーナンラック3段」とユニフレームの「ステンレス天板」を組み合わせて子供用キッチンを作成しました。コーナンラックにピッタリ合うサイズのカゴをセットすれば便利なキッチンスペースの完成!

 そんなコーナンラックもメリットばかりではなく、アウトドアで頻繁に使うようになると「意外と我が家には合わないかも?」と感じることが増えてきました。

壊れたコーナンラック
  • ネジを調整しても全体のぐらつきが大きくなってきた
  • 棚板の木が次々と外れてきた(都度補修)
  • 湿気のせいか下段がかなり痛んできた
  • 下段を使う機会がほとんどないことに気付いた
  • 3段×2台を持ち運ぶときの大きさが気になる
  • 気付くと木製のキャンプ道具がほとんどない
  • 結局オシャレになりきれなかったw

 2台で約5000円の便利アイテムとしては十分活躍したのですが、レガシィツーリングワゴンからフォレスターに乗り換えたことでラゲッジルームに積載できる荷物が少なくなり、個々のキャンプ用品を少しでもコンパクト化したいと考えるようになりました。

関連記事
スバルのSJフォレスターで初ファミリーキャンプ!ルーフボックスやサブトランクを最大限活用するも、カーゴルームの容量がレガシィよりも小さくなり積み込みに悪戦苦闘。試行錯誤で4時間もかかってしまいました。

 コーナンラックの不満な点を解消すべくスポーツオーソリティやワイルドワンを散策。店頭に在庫はなかったものの、竹集材の天板が美しく本体のぐらつきも少ないらしいスノーピークの「フォールディングシェルフ竹」が気になりました。

フォールディングシェルフ竹

photo by 公式ホームページ

 新たにキャンプ道具を買うとき考慮しておきたい重要な要素「1つで2種類以上の用途がある」かをカタログで調べてみると、フォールディングシェルフなら荷物置き以外にも腰掛として使えるし我が家の希望に最適かも!と思っていました。

関連記事
燕三条にあるスノーピーク本社に隣接する「Snow Peak Headquarters Campfield」に行ってきました。広大なフリーサイトにスノーピークのテントやタープが勢揃いし壮観な光景でしたが、風雨の強い日のキャンプに対してはスキル不足を強く感じました。

 2016年ゴールデンウイーク前半にスノーピーク本社キャンプ場へ行ったとき、フォールディングシェルフの実物が置いてありました。さすがは本社、何でも揃うのが凄いです。

 店頭でフォールディングシェルフを組み立ててみたところ「収納サイズが(我が家のクルマに対して)大きすぎる」という致命的な問題を抱えていることがわかり、勢いだけでポチッと買わなくて良かったと一安心(^^)

フィールドラックを入手!

フィールドラック3台

 他にも色々と探してみたもののユニフレームのフィールドラックよりトータルで優れた製品は見当たらず。スポーツオーソリティの20%オフセールおよびヒマラヤの20%オフセールのタイミングで入手しました。

フィールドラック

 フィールドラックは焚き火テーブルほど在庫数が多くはないキャンプ用品。複数枚欲しくても一度にまとめて入手できないことが多く、複数の店舗で1枚ずつ入手したり購入時期を分けるなど対策が必要です。

 かつては上の写真のようなフィールドラック3枚+収納ケース(LTトートのLサイズ)のセット販売もあったのですが、ここ最近すっかり見かけなくなりましたね。

関連記事
スポーツショップ「ヒマラヤ」のメンバーズセールでお買い物!豊富な品数に加え値引きされた店頭表示価格から更に20%オフとなり超お買い得。スポーツオーソリティやWILD-1のセールより使い勝手の良さそうなヒマラヤのセールでした。

 今回は偶然にもスポーツオーソリティ店頭で1枚、ヒマラヤ店頭で2枚売っていたため合計3枚をほぼ同時期に入手することができました(^^)

スポーツオーソリティでフィールドラックを買う

 なおスポーツオーソリティは1万円以上で20%オフ。フィールドラックと同時に購入したものがあるわけですが、また別の記事にまとめたいと思います(^^)

フィールドラック vs コーランラック

 フィールド
3台
コーナン
ワイド3段
コーナン
ワイド4段
横幅60cm60cm
奥行35cm30cm
高さ64cm60cm88.5cm
耐荷重30kg20kg
税込定価11700円3758円4298円

 棚板サイズの近いフィールドラックとコーナンラック(ワイドタイプ)を、フィールドラック3台の高さのみ実測し残りをカタログスペックで比較してみました。

 フィールドラック3台だけ飛びぬけて値段が高いのが気になります。フィールドラック1台でコーナンラック3段が買えてしまうほど価格差があるため、まずはコーナンラックでアウトドア用ラックを試してみるというキャンパーが多いように感じます。

 フィールドラック3台のサイズ的はコーナンラック(ワイドタイプ)3段より少し高くて大きく、分散耐荷重も30キロあります。値段はさておきラックとしての性能には差があるようです。

フィールドラックの使い勝手

コーナンラックとフィールドラックを折りたたんだとき

 フィールドラックの使い勝手はコーナンラックと比べてどんな感じか?前述の不満だった点はキチンと解消されたのか?キャンプでの使い勝手は次の通りです。

  • 重ねて使うよりも1台ずつ分けて使うほうが便利
  • 3台重ねても全体のぐらつきは少ない
  • 脚のみ地面に着くのでラックが汚れにくい
  • 折りたたむと超コンパクト
  • 多少濡れたものを置いても平気

 コーナンラックより値段が高いので相応の期待をしていましたが、自身がユニフレーム好きだということを差し引いても十分満足できるレベルでした。

1段ずつ分けて使いたい

フィールドラック

photo by 公式ホームページ

 コーナンラックとの大きな違い、それは1段ずつ分けて使うことができるということ。コーナンラックの不満なポイント「下段をほとんど使わない」というのはなぜか、冷静に振り返ってみました。

 コーナンラックの下段はほぼ地面と同じ高さにあり、地面に直接置いているのと大差ないというのが大きな理由でした。高さが低いと頻繁にしゃがむ必要があり徐々にめんどくさくなって何も置かなくなったというのと、地面に近いと夏場は熱が気になる&虫がすぐ寄ってくるというのが原因です。

フィールドラックを使って地面に置かない

 フィールドラックは4本の脚で支えて20cm程度荷物を浮かせることができ、地面からの熱や虫の問題がほとんど気にならず。

 点ではなく細長い面で支えているコーナンラックは地面が凸凹しているとグラグラして安定しないのですが、フィールドラックなら多少凸凹があってもバッチリ安定(^^)

 1台ずつ分けて使えばそれぞれが耐荷重30キロとなり、例えばダッチオーブンとスキレットを同時に置いたり、飲み物がたくさん入った中型クーラーボックスも置けてしまいます。

フィールドラックの説明書き

 3台重ねて使うときは下段に合計30キロかかるとNG。個々の耐荷重を活かすためにも1段ずつもしくは2段ずつ使うなどして工夫するとフィールドラックの特性を最大限発揮できると思います。

 ちなみにイグルーの白いクーラーボックス「マリーンウルトラ30」であれば、底面のサイズ的にも少し余裕がある感じ。中に飲み物をたくさん入れても総重量30キロ以下に十分収まるはずです(^^)

関連記事
大きなキャンプ用品の代表格であるクーラーボックスをダウンサイジング!イグルーの大きなマックスコールドからコンパクトなマリーンウルトラに切り換えたことで、クーラーボックスを後部座席の足元に置けるようになるだけでなく、持ち運びしやすく中身を出し入れしやすくなるという大きなメリットがありました。

無印良品との相性抜群!

フィールドラックにワイヤーバスケットがピッタリ

 コーナンラックにぴったり収まるカゴとして購入した無印良品のワイヤーバスケット。フィールドラックにも流用できるか試してみると、縦横を逆にすると驚くほどジャストなサイズ。

 同一メーカーの製品ではないかと思うほどフィールドラックとワイヤーバスケットがフィットしています。フィールドラックにピッタリ合うカゴは、無印良品のワイヤーバスケットで決まり!

関連記事
無印良品のセール「無印良品週間」がスタート!キャンプで役立ちそうな「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」と「ワイヤーバスケット」を購入してみました。ワイヤーバスケットはコーナンラックとも相性抜群!

 ワイヤーバスケットの2~5番は底面が同一サイズとなっているため、どれでもフィールドラックにちょうど良い大きさです。お好みの深さを選んで購入すればOK!

フィールドラック3台を横並び

 ワイヤーバスケットだけでなく無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス(大サイズ)も大きさ的にちょうど良いのですが、そもそも頑丈収納ボックスを地面に置きたくないケースは少ないかもしれませんね(^^)

 なお組み合わせを試せていないのですが、ワイヤーバスケットの6番と7番は横向きにするとフィールドラックにちょうど良さそうなスペックでした。無印良品の店頭にフィールドラックを持ち込んで実際に試す機会ができたら当記事を更新したいと思います。

 とはいえワイヤーバスケットの6番と7番はかなり大きいので、わざわざキャンプに持って行こうとは考えないかもしれませんがw

収納時のサイズ

コーナンラックとフィールドラックの厚さを比較

 使用時のサイズ感は既にご紹介の通りですが、いざアウトドアに持ち出そうとするときサイズがどの程度違うのか実測してみました。

 我が家の場合はコーナンラック3段×2台からフィールドラック3台への置き換えとなり、厚さ的には実測で18cm→5cmほどになりました。想像以上にスリム化されて嬉しい!

 収納時はコーナンラックが縦長、フィールドラックが横長で上から見たときの面積はほとんど差が無いように感じます。体積で比べればフィールドラックの圧勝です!

フィールドラックの欠点

フィールドラック1台

 散々絶賛してきたフィールドラックですが、定価がコーナンラックよりかなり高いこと以外にいくつかイマイチなポイントがあります。

  • 金属製のためコーナンラックより重い
  • 脚を展開するときロックするまで固い
  • 予想外に棚板がたわむ(耐荷重的には問題なし)
  • 天板が専用品のためキッチンスタンド天板が流用できない

 キッチンスタンドのステンレス天板やウッド天板が流用できないというのは、見れば見るほど同じような大きさなのに残念な仕様です。テーブルにもなる専用品の天板ですが、フィールドラックを重ねて使うときは上段にのみ置くことができますのでご注意を。

まとめ

フィールドラックとコーナンラックにカゴを置く

 コーナンラック3段×2台で感じていた不満点を見事に解消してくれたユニフレームのフィールドラック。まとめて3台買うとちょっと高かったけど、キャンプで使ってみるとさすがの使い勝手でした!

 かつてフィールドラックをまとめて買えるほど軍資金が無かった頃、コーナンのキャンピンググリルで代用できるか試してみましたが、本物を手に入れた今となっては代用品もお蔵入り。ワンバーナー買ったら使う機会あるかもしれませんが(^^)

関連記事
【2017年版】ユニフレームは高機能かつ実用的でキャンパーに大人気!使い勝手に優れコストパフォーマンス抜群なユニフレーム製品をおすすめ順に番付表ランキング形式で紹介します。ファイアグリルと焚き火テーブルの両横綱はマストバイ!

 手持ちのユニフレーム製品をランキングしたユニフレーム番付表だと、フィールドラックは小結クラスにはランクインする気がします。とにかく便利なフィールドラック、まずは1台使ってみるのがオススメ!