[夏旅2015]フラノマルシェの地元食材を使ってピザ&燻製作り@富良野

ふらのやのお子様カレー

 苫小牧港から北海道に上陸後、富良野のキャンプ場にテントを設営し数日間滞在しました。8月最終週から急に朝晩冷え込むようになったようですが、昼間は20℃弱でとても過ごしやすい気候です。

関連記事
 北の大地に上陸!いよいよ北海道でのキャンプ生活のスタートです。太平洋フェリーで苫小牧港に到着後、暗くなる前にテント設営を終えるため、さっそく最初の目的地を目指します。https:

 まずは富良野エリアにあるファーム富田、フラノマルシェ、カレーのふらのや、カンパーナ六花亭を巡ります。

ファーム富田@中富良野

ファーム富田@中富良野

 キャンプ場から車で約10分、長い坂を下ってまっすぐ進むとあっという間にファーム富田に到着♪富良野エリアでかなり有名な観光スポットですね。残念ながら既にラベンダーの見頃は過ぎていましたが、富良野に来た際は必ず訪れるようにしています。

ファーム富田の全体図

 JR富良野線の「ラベンダー畑駅」はとても気になる・・・園内はかなり広いので全部見るのは難しいですが、今回はお花畑とお土産みるのが目的です。

ラベンダーソフト

 気分だけでも紫になろうと、ラベンダーソフトクリームを注文♪この日は天気もよくて、絶好の観光日和。高原のような優しい風が心地良いです。

ファーム富田の花畑

 カラフルな花畑に子供達も大興奮!特に大量のサルビア。ここは蜜吸い放題の場所だと勘違いしているようで・・・そういえば自分が小さい頃も、よく花壇のサルビアの蜜を吸ってたなーと思い出しました。

ドライフラワー

 以前来たときは気付かなかったドライフラワーの舎。ドライフラワーショップでここまでの大きさは見たことがないくらい、たくさんの種類が置かれていました。ここで実家向けのお土産を買って次の目的地に向かいます。

ファーム富田のホームページ

カレーのふらのや@富良野

ふらのやの外観

 ファーム富田でひたすら肩車してお腹が空いたので、富良野市役所近くの「カレーのふらのや」でランチ。以前1度来たことがあり、久しぶりの訪問です。

北海道といえばスープカレー

 北海道といえばスープカレー。前回は「道産野菜のスープカレー」を頼んだのですが、今回は「やわらか骨付きチキンのスープカレー」にしました。1辛、ライス大盛。

ふらのやのメニュー

 メニューを見ると大きく分けてスープカレーとルーカレーがあります。小さな子供用向けとして甘口お子様カレーもあり、デザートにゼリー付き。

 少しだけお子様カレー食べてみましたが、ルーカレーやばい。次来たときはスープカレーではなくルーカレーにしようと思ったほど、ルーカレーは想像以上に美味しかったです。

ふらのやの営業時間

 前回も今回もランチの訪問でしたが、ふらのやは夜も営業しているようです。期待通りスープカレーは美味しかったのですが、どうも以前より行列が増えたように感じます。

 駐車場が少ないため路上駐車が多く、その割りに交通量もそこそこあるので子連れは要注意ですが、富良野に来たらまたぜひ訪れたいカレー屋さんです。

フラノマルシェ@富良野

フラノマルシェでお買い物

 おなかも満たされたので、今晩キャンプ場で調理する食材や食後のデザートを調達しに「フラノマルシェ」に行きました。

 マルシェとはフランス語の市場のことらしいです。「カレーのふらのや」のすぐ近くにあります。

フラノマルシェの全体図

 地元の新鮮な食材を購入しソフトクーラーバッグに詰め込みます。多少の不便さはありますが、その日食べるものはその日現地で調達するスタイル。

関連記事
https://sgwu1.com/camp/786  北海道キャンプ生活に向け荷物を減らすべく新たに購入した「魔法瓶のパイオニア」ことサーモスのソフトクーラーバッグ3兄弟か

 普通の保冷材よりもコンビニで売っている凍らせたペットボトルのほうが長持ちするので、板氷が手に入らない場合は数本買って入れてました。溶けたら子供達のジュースになるので便利です。

フラノマルシェのホームページ

カンパーナ六花亭@富良野

カンパーナ六花亭

 北海道のお菓子といえば、白い恋人やじゃがポックルと並んで「マルセイバターサンド」が有名ですね。帯広の六花亭本店には行ったことがあったのですが、富良野にある「カンパーナ六花亭」は行ったことがなかったので、お土産を買うために立ち寄りました。

 富良野の高台にあるオシャレな建物です。観光バスが何台か来ており、店内はとても賑わっています。

ジンギスカン白樺

 かつて十勝地方を旅行していた際、ジンギスカンの美味しい店があるとの情報を得て、ネットで調べたのが「ジンギスカン白樺」。本店は帯広ですが唯一の支店が富良野にもあるとのことでさらに調べてみると、カンパーナ六花亭の敷地内にありました。

 11:00~14:30のみ営業しており、訪れたタイミングが15時前後だったため店内に入ることは出来ませんでしたが、もし来年富良野に来ることがあればぜひ食べてみたいと思います。

バターサンドのバター

 マルセイバターサンドと同じデザインのパッケージですが、あくまでもバターです。初めてみかけました。バターサンドに使用しているバターを家庭向けにアレンジした有塩バターだそうです。

 保冷力に自信があればぜひ持ち帰りたかったのですが、まだ旅の序盤。クーラーボックスではなくソフトクーラーバッグ3兄弟で旅行しているので、今回は無理せず諦めました。

関連記事
サーモスのソフトクーラーバッグ3種類(RDR-005 RDR-015 RDR-020)を比較しました。使わないときは折りたためてコンパクトになり保冷力も必要十分です。
富良野の景色

 ガラス張りの建物を出ると、ウッドデッキから富良野の雄大な景色を一望できるスペースがありました。カンパーナ六花亭オリジナルの「ふらの餅」を食べながら、ちょっと休憩。建物の周りにはブドウ畑が広がっています。

コーヒー無料

 カンパーナ六花亭店内にも十分な休憩スペースがあります。セルフサービスのコーヒーが提供されていて、美味しいお菓子と共に優雅なひとときを過ごす事ができました。

カンパーナ六花亭のホームページ

燻製作りとピザ焼き

燻製作りとピザ焼き

 富良野周辺の観光スポット巡りを終えキャンプ場に戻り、フラノマルシェや地元スーパーで購入した食材を使って燻製作り&ピザ焼き♪あまりに美味しすぎて、写真撮るのをほぼ失念・・・

 ユニフレームのツインバーナーの上にフォールディングオーブンとインスタントスモーカーを乗せて同時に調理可能なのが助かります。フォールディングオーブンが200~250℃になるため、スモーカーは少し離しておいたほうが熱燻の温度が安定しました。

関連記事
キャンプやバーベキューでおすすめなコンパクトな燻製器として、ユニフレームのコンパクトスモーカーとフォールディングオーブン、SOTOのお手軽香房の3種類を比較しました。
富良野の高台より

 遠くでゆっくり沈んでゆく夕日を眺めながら、こんな風景が見れるなら富良野に腰を据えてしばらく滞在するのも悪くないな、と思いました。

 当初は富良野に3泊する予定でしたが、オーナーに延泊できるか確認するとかろうじて空き枠があったので4連泊することに。ここ、気に入りました。

関連記事
「星に手のとどく丘キャンプ場」レポ。富良野の高台から見る雄大な景色、360度に広がる満天の星空、広々としたオートサイトなど大満足。

 富良野周辺はだいたい行けたので、次は美瑛・旭川周辺に出かけます。個人的にはキャンプ場で甘いコーヒーでも飲みながら雄大な景色を眺めていたいのですが、今回はあくまでも家族旅行がメイン(^^)

夏旅まとめ!東北・北海道ファミリーキャンプ2015

関連記事
 夏休みを利用して家族4人で「9泊10日北海道・東北ファミリーキャンプの旅」に行ってきました。各地のキャンプ場を巡る夏旅ということで計画当初は妄想レベルの実現可能性でしたが、い

 リンク先に「東北・北海道9泊10日ファミリーキャンプ旅2015」の目次とまとめを作りました。ぜひご覧ください♪