[夏旅2015]キャンプ旅まとめ!東北&北海道ファミリーキャンプ2015

北海道・東北のキャンプ旅まとめ

 夏休みを利用して家族4人で「9泊10日北海道・東北ファミリーキャンプの旅」に行ってきました。各地のキャンプ場を巡る夏旅ということで計画当初は妄想レベルの実現可能性でしたが、いざやってみると(多少苦労しながらも)何とかなるものですね!

 今回は幸い好条件が重なって「はじめてのキャンプ旅行」を出来たと思っています。2番目は若干怪しいですが(苦笑)

  1. 夫婦で同じ時期に夏休みを取れた!
  2. 子供達に手がかからなくなってきた!
  3. 往復のフェリーを取れた!

キャンプ旅の行程表

キレイな月
2015年 行動 宿泊
8月22日 仙台に向け出発 天守閣自然公園
8月23日 仙台で遊ぶ
苫小牧に向け出発
太平洋フェリー
8月24日 北海道で遊ぶ 星に手のとどく丘
8月25日
8月26日
8月27日
8月28日 苫小牧アルテン
8月29日
8月30日
仙台に向け出発
太平洋フェリー
8月31日 仙台で遊ぶ
自宅に向け出発
 

 当初の目論見では北海道内のオートキャンプ場を転々としていくスタイルでした。しかしながら

  • 幼稚園児2名の子連れキャンプだし
  • テント設営・撤収が面倒だし
  • いっぱい観光したり美味しいもの食べたいな

というわけでキャンプは結局3ヶ所だけになってしまいました。別に不満なわけではないですよ(^^)

キャンプ旅行記

星に手のとどく丘のみどり
関連記事
 今年の夏休みは8月最終週にまとめて取得する予定です。既に何度か子供達とプールに行ったり7月は毎日水泳教室通ったりしてましたが、 ちっともキャンプできてない! 旅行
関連記事
 今年の夏休みは「キャンプしながら旅行」ということで、千葉県から北海道までキャンプ道具一式を持ち込んで、4人家族でワイワイ避暑キャンプ生活します!https://sgwu1.com
関連記事
 9泊10日北海道・東北の旅、いよいよスタート!ほぼ予定通りの6:20に自宅を出発できましたが、全員眠そうです。 東日本大震災で不通となっていた常磐道が今年から再び利用可能となった
関連記事
 昨日は仙台の「天守閣自然公園オートキャンプ場」に一泊し、今日はフェリーで北海道に向かいます。https://sgwu1.com/camp/948 元々は乗船当日に仙台入りする予定
関連記事
 北の大地に上陸!いよいよ北海道でのキャンプ生活のスタートです。太平洋フェリーで苫小牧港に到着後、暗くなる前にテント設営を終えるため、さっそく最初の目的地を目指します。https:
関連記事
 苫小牧港から北海道に上陸後、富良野のキャンプ場にテントを設営し数日間滞在しました。8月最終週から急に朝晩冷え込むようになったようですが、昼間は20℃弱でとても過ごしやすい気候です
関連記事
 富良野周辺を観光&地元食材を使ったピザや燻製を存分に味わったので、富良野から北上し美瑛と旭川を巡ります。https://sgwu1.com/camp/1106 美瑛といえばカラフ
関連記事
 中富良野町にある「星に手のとどく丘キャンプ場」に4泊滞在して富良野・美瑛・旭川をたっぷり観光したので、次の目的地である新千歳空港&苫小牧を目指します。https://sgwu1.
関連記事
トルテュproをフルメッシュに
 東北&北海道をキャンプしながら旅する10日間、いよいよ最後となりました。オートリゾート苫小牧アルテンに2泊滞在しながら農作物収穫体験や(この旅2回目の)新千歳空港に出かけ、苫小牧

キャンプ場レポ

天守閣自然公園オートキャンプ場(仙台)

関連記事
仙台市郊外の秋保温泉近くにある「天守閣自然公園オートキャンプ場」をご紹介します。区画が綺麗に整備され平坦な芝生で初心者にもおすすめ。石窯が設置されているので本格的なピザやグラタンなど作れます。

星に手のとどく丘キャンプ場(富良野)

関連記事
「星に手のとどく丘キャンプ場」レポ。富良野の高台から見る雄大な景色、360度に広がる満天の星空、広々としたオートサイトなど大満足。

オートリゾート苫小牧アルテン(苫小牧)

関連記事
オートリゾート苫小牧アルテン@北海道のキャンプ場レポ。国内有数の高規格キャンプ場としてファミリーキャンプ初心者にオススメします。

キャンプ旅行の持ち物

関連記事
春~秋のキャンプシーズンに4人家族が関東近辺のオートキャンプ場へ1~2泊することを想定した「キャンプ持ち物リスト」をまとめてみました。ルーフボックスや後部座席などクルマ内の収納場所別に一覧を整理しています。

今回の反省点

羊とレガシィ

1.寒さ対策

 8月の北海道、特に富良野の高台にある「星に手のとどく丘キャンプ場」は夜寒く、10℃を下回ることがありました。

 服装ならびに寝具は9月末~10月頭の千葉県をイメージして準備しましたが、結果的に寒さ対策が不足していました。

 現地のスーパーで湯たんぽ2個とホッカイロを調達して、とりあえず寒さを凌ぎました。フリースのパジャマやウインドブレーカー、薄手のダウンは必要だったと感じています。

2.荷物対策

 ミニバンではない我が家は車載できるキャンプ道具に限界があり、宅配便を活用するなど往復の荷物を減らす努力が足りませんでした。

 行きに多少の空きスペースがあっても、帰りにお土産を載せるスペースが足りない。後部座席はスカスカなくらい空けておかないと厳しそうでした。

 クーラーボックスを持っていかない、流しそうめんセットを持っていかない、着替えはなるべく減らして現地で洗濯するなどしたんですが、まだまだ修行中の身。次は頑張ります。

3.靴

ビーチサンダルで行ってしまった

 誤ってビーチサンダルで行ってしまった!他に履きかえる靴もない・・・ビーチサンダルなので靴下も履けず8月とはいえ北海道では寒かったorz

夏のキャンプ旅まとめ

 夏休みを利用して東北や北海道でキャンプ、オススメ度は120点!!食事美味しい、昼涼しい、景色最高。もう言うことないです。

北海道でコット寝

 今回かかった費用は家族4人・9泊10日で約25万円。交通費・食費・キャンプ場など全部コミコミの実績です。これを高いとみるか安いとみるか価値観によって異なりますが、夏休みに3泊4日で海外や沖縄に行くより安く済んだかなと思ってます。