春キャンは初夏の陽気!春のキャンプ大会2018@大子グリンヴィラ

大子グリンヴィラ春のキャンプ大会2018

 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(以下、グリンヴィラ)で開催されたキャンプイベント、通称「春キャン」こと春のキャンプ大会に参加しました。

 秋のキャンプ大会以来5ヶ月ぶりとなる自前のテント泊は30℃を超える真夏日。昼は汗だくだけど朝晩は涼しく、焚き火を囲みながら過ごす大人の時間が最高すぎる!

 秋キャンの経験を活かし薪タワーに挑むも惨敗、大抽選会ではまさかの何もゲットできず…悔しさこそ残るものの本格的なキャンプシーズンの開幕に相応しい2日間でした。

第15回 春のキャンプ大会

春のキャンプ大会2018の横断幕

 1月10日朝10時、真冬のど真ん中に繰り広げられた国内屈指の激しすぎる争奪戦を経てサイトを確保。そういえば最近NTT東日本の回線混雑の音声がテンション下がった感じに変わりましたねw

iPhoneの発着信履歴が最大200件しか保持できず、予約争奪戦に参加すると全部同じ電話番号で埋まってしまうのはグリンヴィラあるある(^^;)

 前年の秋キャンとほぼ同じ6時20分に出発したものの、途中で渋滞にハマり9時30分に到着。次の記念祭やキャンプ大会は9時到着を目標に更に早く出ようと決意orz

関連記事
赤や黄色に染まった大子グリンヴィラ
シーズン最後のテント泊は大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで開催された秋のキャンプ大会!通称アレクサことAmazon Echoと戯れながら薪タワーや家族DE団結ゲーム、クイズラリーや大抽選会など各種イベントに参加しました。

楽しいイベント盛りだくさん

春のキャンプ大会2018のイベントスケジュール

 前週末の荒天から一転、スッキリと晴れた初夏の陽気となりました!そういえばGO OUT JAMBOREEってしょっちゅう暴風雨な気が…リピーターに雨男がいるんでしょうかw

 配られたプログラムによるとフライングゲットなる未体験のイベントあり。薪タワーや家族DE団結ゲーム、大抽選会などは例年とほぼ同じようです。

 秋キャンのとき提供品(ハイランダーのロールトップテーブル)を渡し忘れる大失態を犯したため、今回は事前にスマホのアラームをセットして忘れないようにしました(^^)

関連記事
ハイランダーのロールトップテーブルとインフレーターマット
ナチュラムのオリジナルブランド「ハイランダー(Hilander)」のロールトップテーブルとスエードインフレーターマット枕付きシングルを入手。コストパフォーマンスに優れたハイランダー屈指の大人気商品は口コミ通りの逸品かも!

春キャンの記念品

春のキャンプ大会2018の記念品
  • ユニフレーム パワーペグSUS300
  • ユニフレーム パワーペグSUS200
  • ユニフレーム fanソフトまな板
  • グリンヴィラのシェラカップ
  • エバラ焼き肉のタレ黄金の味!?
  • 鮎せんべい
  • グリン券1,000円分、フライングゲット券
  • バンダナ、タオル、カタログ、ステッカーなど

 今回もたくさんの記念品をいただきました!ユニフレーム提供のキャンプギアは毎回役立つものが多く、今回は前年夏の開場15周年記念祭と同じステンレス製のペグでした。

関連記事
大子グリンヴィラ開場15周年記念祭の看板
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ@茨城の開場15周年記念祭に行ってきました。駄菓子が撒かれる大福まき祭や協賛品の数々が景品となっていた大抽選会などイベント会場は大盛り上がり。大子グリンヴィラらしいステキなお祭りキャンプでした。

暑すぎる春キャン2018

春のキャンプ大会の会場設営中

 11月中旬の秋キャン以来、約5ヶ月ぶりとなる自前のテント泊。これほど間隔が開いたのは2014年にファミリーキャンプをするようになってから初めてかもしれません。

 今回のタープはランドステーションL、テントはリビングシェル。ちょうど先日カントリーファーマーズ藤田牧場のキャンプ場レポを書いており、北海道キャンプ旅2017と同じ組み合わせを再現してみました。

関連記事
スノーピークとコラボしたカントリーファーマーズ藤田牧場
カントリーファーマーズ藤田牧場@北海道鹿追町のキャンプ場レポ。スノーピーク認定のスローキャンプフィールドは1日3組限定の贅沢すぎる空間。美しい芝生の広がるフリーサイトで時間にも場所にも縛られず自由に過ごせる開放感が最高のキャンプ場でした。

 グリンヴィラの区画サイトは関東としては広めですが、藤田牧場の600坪には到底敵いませんね。あまりの人気のせいか区画サイトのコンディションが悪化の一途をたどっているのが気になりますorz

グリンヴィラのレンタルテント

大子グリンヴィラのレンタルテント一式

 ご一緒させていただいた家族がキャンプ未経験だったため、はじめてのテント泊としてレンタル品を借りてみました。テーブルや調理器具などは我が家のアイテムを共用です。

  • ドームテント
  • キャンプチェア4脚
  • テントマット1枚
  • クッションマット2枚
  • シュラフ(寝袋)4つ

 レンタルテントはogawaのスクートDX6。なるべく手出しをせずに遠めで眺めていた感想としては、スクートはものすごく良くできたドーム型テントだと思います(^^)

グリンヴィラで借りたテント一式

 他社製品と比べお値段が可愛くないのとデザインの好みが分かれること以外、スクートの設営や撤収で不満があったら他社のドーム型テントは無理な気がします。

 スリーブにフレームを通すのではなく、フレームにインナーを引っかける方式が個人的には斬新でした。キャンプデビュー戦はレンタルで始めるのがベストですね!

夫婦で参加!薪タワー

春キャン2018で夫婦で薪タワーに挑戦

 積み上げた薪の高さを競う個人種目「薪タワー」に夫婦で出場しました。小雨の影響で滑りやすかった前年の秋キャンを上回る80cmが目標です。

掲示されていたスコアによると歴代トップ10はほとんどが春キャンでの記録。全体的に秋キャンのほうが伸び悩む傾向にあるようでした。

 夫婦同組で45秒間の戦いに挑戦…結果は前回を下回る55cmと散々でした。ちなみに初めて薪タワーに参加した妻は練習一切なしで92cmとなかなかのハイスコアw

キャンプ大会の個人種目「薪タワー」

 歴代最高記録の薪タワーを見ると少なくとも30段以上組まないと118cmには到達しない模様。スタートラインから走って体勢を整えるまで約10秒、残り35秒。

 ということは1秒に1回のペースで2本の薪を井桁に積んでいかないと記録更新できない計算ですね。この日優勝された方は110cmと歴代でも上位に入る好成績でした(^^)

フラゲ&ハーバリウム作り

フライングゲット&ハーバリウム作り

 秋キャンには無かったフライングゲット。なんのことかと思いきや、カップに唐揚げを詰め放題のイベントでした。スタート前に詰め始めるとフライングの警告がありますw

ガラス瓶の中にプリザーブドフラワーやドライフラワーなどの乾燥処理をした植物を入れ、アルコールや防腐剤などに浸して保存したもの。造花ではなく本物の花を利用して作る点が特徴で、日光を当てたり水をあげたりする必要がなく、長期間鑑賞できる。

出典:ハーバリウムとは

 まなまきさんの新たなワークショップ「ハーバリウム作り」を女性陣が体験させていただきました。ドライフラワーの種類がたくさんあり700円で手軽にできて子供でも楽しめました。いつも楽しいワークショップをありがとうございます(^^)

 他にもUFDの方からハッセルバックポテト(ジャガイモに薄く切れ込みを入れて焼き上げたもの)やパンをいただいたり、クイズラリーで場内を巡ったり楽しく過ごしました。

涼しくなった春キャン2018

春のキャンプ大会2018の開会式

 家族DE団結ゲームは水分補給にお酒を飲んでいたら酔いがまわって全く戦力にならないため不参加。タープの下からメイン会場の盛り上がりを眺めつつマッタリ。

関連記事
ユニフレームのネイチャーストーブとちびパン
ユニフレームのネイチャーストーブとダッチオーブン6インチを入手。アウトドアデイジャパンで体験したファイヤースターターと組み合わせることで本格的なおままごとセットを実現。苦労して着火したときの感動はファミリーキャンプの楽しい火遊びにピッタリ!

 ハンモックで遊んだりネイチャーストーブやファイヤースターターで焚き火を楽しんでいると18時となりました。キャンプ大会のメインイベント「大抽選会」の時間です!

大抽選会は大ハズレ!

グリンヴィラ春キャンの協賛品

 焚き火台の近くにチェアを並べ抽選券を握りしめ参加したものの、まさかの8人全員外れ。普段からビンゴや抽選に当たりまくって調子に乗っている下の子は大泣きw

 夜までグリン券を大事に残していたら、今回は夕方に千本釣りを撤収したらしくグリン券が残ってしまいました。抽選会の腹いせに子供達から高価買い取りを強要されたorz

レギュラーバーグディッシュ風

久しぶりのびっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ風

 開会式を終えサイトに戻り夕飯の準備。久しぶりにびっくりドンキーのレギュラーバーグディッシュ風を作りました。美味しいおつまみと共にワインやシャンパンでまったり。

 21時頃から徐々に子供達が眠りにつき大人タイムのスタート。昼間の暑さから一転、4月らしく涼しい夜。雲がなく月明かりも弱いため星空がよく見えました。

夏日から20℃も低下

グリンヴィラの管理棟で買ったビール達

 子供達が寝る直前に「今日はホットカーペットしておいたほうが良いんじゃない?」と進言してくれたため、念のためコットの上にホットカーペットを敷いておいて正解でした。

 薄手のフリースを羽織ってちょうど良い気温だったため油断していましたが、朝方にかけてどんどん気温が低下。昼間から20℃近く下がり最低気温8℃でした。

 普段であれば石油ストーブを投入してもおかしくない気温。4月下旬からゴールデンウィークは寒暖差が大きくなるため装備や服装の選定が難しいですね(^^)

関連記事
11月下旬の塩原グリーンビレッジは池が凍っている
春夏秋のキャンプに持っていく暖房機器や電化製品、服装を予想最低気温ごとにまとめました。初心者におすすめする季節は最低気温が10℃以上25℃未満、南関東の平地ならゴールデンウィークからハロウィンまでが一つの目安です。

スッキリ快晴の朝

大子グリンヴィラ春のキャンプ大会2日目

 朝晩涼しい季節の芝生サイトにも関わらず酔っぱらってシールドルーフを付け忘れ、上部のベンチレーションを開放し忘れるという失態を犯し盛大に結露発生orz

 6時に目覚めると前日と同じく快晴ですが、吐く息は白く涼しい朝です。前夜の洗い物を済ませサンローランのパンで朝食を済ませたら、コットを並べシュラフの乾燥開始。

 フリーサイトの片隅でリビシェルのフライシートを天日干し中、遠くにひっくり返った大きなシェルターを発見…他にもティピ型テントを二又ポールで吊り下げていたり興味深かったです。

乾燥撤収に成功

大子グリンヴィラ春のキャンプ大会でランドステーションを設営

 ランドステーションをソリステ18とカムジャムで乾燥モードに切り替え9時からの閉会式に参加。クイズラリーは全問正解し秋キャンのリベンジに成功したようです。

関連記事
フィールドラックまわりをグレードアップ
本格的なキャンプシーズン突入に向けイルビフ・キャンプマーケット・WILD-1レイクタウンの東埼玉トライアングルを巡り様々なキャンプの小物を準備しました。フィールドラックのオプションやエリッゼステーク18cmなど便利なお助けアイテムがいっぱい!

 その後もどんどん気温が上がり閉会式を終えた9時半時点で既に25℃を超えていました。観測結果によると大子町の最高気温30.9℃、最低気温8.5℃。1日の寒暖差は何と22℃以上(^^;)

 荷物の片付けを終え11時15分に完全撤収完了。ランステもリビシェルもシュラフも完璧に乾いてくれました。ウォータースライダーは修繕中でしたがフォレスパ大子を楽しみました。

大渋滞からのWILD-1

常磐道上りが思いのほか大渋滞

 フォレスパ大子を出発し途中で休憩しつつ常磐道を東京方面に向かっていると予想外の渋滞。空いてくるまで時間をつぶそうと高速を降りイオンモールつくばに立ち寄りました。

 WILD-1イオンモールつくば店でキャンパルジャパンのピルツ15 T/Cが25%オフになっておりビックリ。ノルディスクのアルフェイムも38%オフでかなり安くなっていました(^^)

関連記事
GRAND lodge 柏の葉がオープン
キャンパルジャパン(小川キャンパル)のコンセプトストア2号店「GRAND lodge 柏の葉」に行ってきました。店内に展示されていた2017年新製品「ピルツ15 T/C」がポリコットン幕に純正の煙突穴とメリットが多く興味津々!

 WILD-1別注のステンレスペグやチャムスの子供服、グラミチのスカートなどを調達し21時半に帰宅。まるで夏のように暑かったけど楽しいイベント盛りだくさんの2日間でした!

 キャンプブログ「Campout!?」は キャンプブログランキング に参加しています。以下のバナーをポチッと押していただけるとブログを書く励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
大子グリンヴィラ春のキャンプ大会2018