秋のキャンプ大会@大子グリンヴィラの片隅でシーズン最後のテント泊

赤や黄色に染まった大子グリンヴィラ

 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(以下、大子グリンヴィラ)で開催された「秋のキャンプ大会」に初参加!3ヶ月前月初に電話予約取れたの珍しいかもw

 春秋のキャンプ大会は夏に開催されている開場○○周年祭とは似て非なるイベント。小雨の降る中、薪タワーや家族DE団結ゲーム、クイズラリーなどみんなで楽しめました。

 11月中旬の茨城県北部にしては思いのほか冷え込まず、今シーズン最後のテント泊は2ルームテントにこもってホットカーペットと石油ストーブでホカホカ快適でした(^^)

8月1日10時の戦い

大子グリンヴィラ場内の紅葉が赤くて美しい

 国内屈指の人気を誇る大子グリンヴィラはイベントの有無に関わらず毎月予約争奪戦が発生。ソトナニの興奮冷めやらぬ8月1日10時の戦いに辛くも勝利しAC電源の付いた区画サイトを確保できました(^^)

関連記事
ソトデナニスル?2017は残念ながら雨模様
ソトナニ初参加!モノ作りに没頭できるワークショップやたくさんカラダを動かすアクティビティ、みんなで盛り上がるキャンプファイヤーなど「ソトデナニスル?」は子供達が思う存分楽しめる夏休みのイベントキャンプ。リピーター続出も納得!

 春のキャンプ大会(通称:春キャン)と秋のキャンプ大会(通称:秋キャン)の年2回開催されており、今回がはじめてのキャンプ大会参加です。秋キャンとしては16回目とのこと。

 テントサイトのチェックインは通常13時からですが、この日はサービスチェックインとして2時間早く設営が可能。さらにワンコインで朝9時からアーリーチェックインできるため6時15分に自宅を出発!

秋のキャンプ大会2017の記念品

 紅葉シーズンにつき袋田の滝や竜神大吊橋周辺が観光客で溢れ、常磐道の那珂ICから大子町まで数ヶ所で渋滞が発生するらしい…朝8時台なら大丈夫だろうと国道118号線を強行すると大した渋滞には遭遇せず9時過ぎに到着しました。

 サクッと受付を済ませ秋キャンの記念品をありがたく受領。開場15周年記念祭のときはユニフレームのパワーペグSUSが2種類入っていましたが今回はジュラパワーペグ6本セットでした(^^)

 天気予報ではお昼前後から小雨が降ってくるらしく速やかにテント設営を開始。大まかな作業を終えチェアに腰掛けリラックスしていると続々とキャンパーが来場してきました。

屋外でアレクサと戯れる

キャンプ場でアレクサと戯れる

 直接キャンプと関係ありませんが興味本位でAmazon Echoを入手しました。発売当初はプライム会員の中から招待制で選ばれるらしく4,000円引きならネタにもなるし買ってみようかな、と。

 Google Homeと同じく声に反応して色々してくれるスマートスピーカーです。室内での使用レビューはネット上に山ほどありそうだし、設営を終えて暇なのでキャンプ場の片隅で試してみることに。

 箱の中身はEcho本体とACアダプターと紙ペラ1枚のみ。電源はiMuto M5から取り、インターネット接続はタブレットからテザリング。手持ちのiPhoneに専用アプリを入れて準備万端!

関連記事
iMuto M5とインバーターでニンテンドースイッチを充電
便利な電化製品を外に持ち出して使うことができる大容量ポータブル電源「iMuto M5」と「M5-P01 ACインバーター」をデイキャンプで試してみました。サーキュレーターやニンテンドースイッチをアウトドアで活用することができ大満足!
キャンプ場でアレクサと遊ぶ

 Echoに「アレクサ」と呼びかけると上部が青く反応し様々な指示に従って半分正解、半分不正解な動作をします。コツさえつかめばほぼ期待通りの結果を得られますが、トンチンカンな動きをしたほうが暇つぶしにはちょうど良かったりw

 セットアップ中にいつの間にか無料体験加入させられていたAmazon Music Unlimitedから音楽をストリーミング再生してくれるのですが意外と邦楽が見つからず。クリスマスにピッタリな音楽をお願いすると洋楽多め(^^)

 キャンプやBBQなど屋外での使い方としてはプレイリストを流しっぱなしにしておくか、子供達の遊び道具にしておくのがちょうど良いかも。2ルームに籠ってバックミュージックを流す分には十分すぎる音質でした!

小雨のイベント参加

奥久慈しゃも弁当で昼ご飯

 お昼ご飯は地元の名産品である「軍鶏」を使った玉屋の奥久慈しゃも弁当。白ハガキの真相確認のついでに電話で注文しておいたものです。できたてホヤホヤではないけど冷めてもなかなか美味しい。

 センターハウスにお弁当を取りに行っている間、子供達がアレクサとゴニョゴニョ会話しながら遊んでいると自動的に海外のDVDが注文された模様orz

 数時間後にメールを見ていてたまたま意味不明な注文に気付き、急いでキャンセルリクエスト入れたらギリギリ間に合いました…ふぅやれやれw

大子グリンヴィラの平坦な道で一輪車を練習

 大子グリンヴィラの大好きなポイントの1つが場内の舗装路。平坦で道幅が広く自転車やキャスターボードの練習にピッタリ!

関連記事
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ@茨城のキャンプ場レポ。整備の行き届いた高規格サイトに露天風呂のある温泉や全天候型プール、大規模な公園が揃った国内屈指の大人気キャンプ場。多くのキャンパーに長年愛され続ける大子グリンヴィラの特徴をまとめました。

 我が家の6歳児、まだ数メートルしか乗れない一輪車の練習を開始。道路のセンターラインの何本目まで行けたか目標感を持って練習に取り組むとモチベーションが上がるらしく、2時間ほどで場内周回路の半周弱くらい乗れるようになりました(^^)

秋キャンで薪タワー

はじめての薪タワーは70cm

 秋キャン第1種目は薪タワー。45秒間でスタートダッシュ&薪を積み上げ118cmの記録超えを狙う個人競技です。200円募金し受付を済ませると天気予報通りレインウェアが必要な程度の小雨が降ってきました。

 過去の傾向から雨で地面や薪が濡れると走ったとき芝生で滑ったり積み上げた薪タワーが崩れやすく、新記録を目指すには厳しいらしい。予定時刻より少し早めに競技をスタートし初参加の記録は70cmと極めて平凡でした(^^;)

 次回参加することがあれば入賞圏内となる90cmを目指したいと思います。そのためには腰の回転を早くしないと厳しいけど、最近腰周りの肉が邪魔して動きが鈍めかもw

秋キャンで家族DE団結ゲーム

フリーサイトで家族DE団結ゲーム

 秋キャン第2種目は家族DE団結ゲーム。3人~5人の家族でチームを組みリレー形式でタイムを競います。優勝商品は大子グリンヴィラの宿泊券20,000円分ということで燃えます!

 雨はほとんど止んだものの地面は濡れたまま、薪タワーと同じく予定時刻より少し早めに競技を開始。途中でサーターアンダーギーの試食配布があり小腹も満たされました(^^)

 今年の秋キャンでは1分10秒前後でTOP3が占められていたので、本気で宿泊券を目指すなら輪投げの練習と家族全員の十分な走りこみが必要かもしれませんw

グリン券で千本釣りした結果のお菓子

 チェックイン時にいただいたグリン券を模擬店の千本つりに全額投入しお菓子や玩具を大量にゲット。黒はんぺんの試食をいただいたりクレープを買ったりおやつタイム(^^)

 夕方になると気温が下がり始めたため少し早めに石油ストーブを点け2ルーム内でぬくぬくタイム。日の落ちた17時頃から夕飯を作り始め18時前には食べ終わり準備万端。

 イベントキャンプで持ち運びやすいチェアとベンチを人数分持ってフリーサイトに移動し、大きな焚き火の近くに座って秋のキャンプ大会の開会式に参加しました。

関連記事
CAMPOUTシリーズの鹿ベンチをPICA富士吉田で初使用
ブルーリッジチェアワークスのボイジャーテーブルとキャプテンスタッグのキャンプアウト鹿ベンチ、コールマンのコンパクトフォールディングチェアでキャンプのリビングをロースタイル化してみました。視界は広々、荷物はコンパクト化!

涼しい秋のキャンプ大会

秋のキャンプ大会の焚き火

 しまった!秋キャン提供用としてハイランダーのロールトップテーブルを買っておいたのに…クルマに積んでいたにも関わらず受付のとき渡すのを忘れましたorz

関連記事
ハイランダーのロールトップテーブルとインフレーターマット
ナチュラムのオリジナルブランド「ハイランダー(Hilander)」のロールトップテーブルとスエードインフレーターマット枕付きシングルを入手。コストパフォーマンスに優れたハイランダー屈指の大人気商品は口コミ通りの逸品かも!

 申し訳ない気持ちでいっぱいの中、メインイベント「大抽選会」に参加。開場15周年祭のときはチャムスのマグカップ1つと少し残念な結果でしたが、今回はキャンパー提供の2品をいただきました!

 半分酔っていて記憶があやふやですがREVOルーム4やREVOタープL、フィールドラックブラックや焚き火テーブルトートなどがメーカー協賛品として提供されていました。ダッチ3兄弟のぬいぐるみも3体ほどありました(^^)

大量のダッチオーブンで焼きリンゴ作り

 会場で配られたダッチオーブンで煮込んだハヤシライスが酸味が絶妙。焼きリンゴの試食はテントに持ち帰って食後のデザートとして美味しくいただきました。色々作っていただいたUFDの方々、ありがとうございました!

 2週間ほど前に新三郷に行ったとき「別のイベントと日程かぶった」と言っていたイルビフさんが来ていませんでしたが、協賛品としてネイチャーストーブを提供されていたのはさすがの一言(^^)

代わりにMCをされていたビブラントさんに「ふもとっぱら行ってる場合じゃないぞ~クレームはイルビフまで!」と散々いじられていたのは結構面白かったw
秋キャン夜の部解散後の様子

 この日の予想最低気温は2℃前後。フル張り綱&スカートもほぼペグダウンし万全の態勢を整えてみたものの、2日間とも風が弱く朝まで気持ちよく眠ることができましたzzz

 寝床は下から順にコット、インフレーターマット、電気毛布、タオル、ダウンシュラフ。ジャガードタオルオーバーサイズでくるっとマットを巻き込むと寝返りを打っても電気毛布がずれず寒くならなくて良いですね(^^)

 しし座流星群のピークは前夜でしたが、寝る前には雲が晴れて星空が見えるようになり流れ星を発見。翌朝は6時に起きて行動を開始し大人は朝コーヒー、子供は甘いレモンティーを飲みながら場内を軽く散策。

乾燥撤収に成功

キャンプの朝はコーヒーとレモンティー

 クルマのボンネットや自転車のサドルに付いた水滴が凍っていたので朝方マイナスになったのかもしれません。とはいえ現在の装備でもマイナス5℃くらいまでなら湯たんぽ追加で大丈夫そうな気がしてきたw

関連記事
11月下旬の塩原グリーンビレッジは池が凍っている
春夏秋のキャンプに持っていく暖房機器や電化製品、服装を予想最低気温ごとにまとめました。初心者におすすめする季節は最低気温が10℃以上25℃未満、南関東の平地ならゴールデンウィークからハロウィンまでが一つの目安です。

 この日は12時までレイトチェックアウト無料でしたが、場内アナウンスで「おはようございます。サンローランです。」が流れる頃には既に朝食を食べ始めており、一輪車の練習に付き合いながら徐々に片付けを始めます。

 温水プールで遊んでから帰宅するため8時半にはテントのフレームを片付け終えフライの乾燥に着手。シールドルーフの効果は絶大で天井部や側面上部にはほとんど結露がありませんでした。

大子グリンヴィラでトルテュproを乾燥中

 9時からの閉会式に参加しクイズラリーの結果発表。参加者のざわつきからして第1問の不正解者が圧倒的に多かったようです。我が家も質問の意味を勘違いしておりましたorz

 表彰式や記念撮影を終えたら再び片付けを進め9時45分に撤収完了。トータル1時間ほど裏返して広げておくことで普段乾きにくいスカート含め分厚い生地のトルテュproが完璧に乾きました!

多少なりとも濡れた状態で撤収した場合はスノーピークの乾燥サービスに出してみようと考えていたのですが使わずに済みました(^^)

フォレスパ大子でリラックス

フォレスパ大子に一番乗り

 開館直前の9時55分にフォレスパ大子に到着し水着に着替え1番乗りで着水!1時間半ほどチューブスライダーや25mプールで遊んだあと大子温泉に浸かってスッキリ。

 併設の食堂でお昼ご飯を済ませ帰宅の途に就くと、常陸大子駅近くのもみじ寺入口や道の駅奥久慈だいご前の交差点が普段では考えられないほど渋滞していました(^^;)

 20分ほどかけて渋滞を突破しこんにゃく関所でアップルパイや湯葉を買い込み常磐道経由で16時45分に帰宅。荷物を運び出したあとクルマを洗車し今シーズン最後のテント泊キャンプが終了しました。

キャンプ大会の感想

第16回秋のキャンプ大会@大子グリンヴィラ

 子供達の様子を見ているとキャンプ大会より周年祭のほうがお菓子のバラマキなどあって楽しそうでした。大抽選会の商品も周年祭のほうが豪華だった印象があります。

関連記事
大子グリンヴィラ開場15周年記念祭の看板
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ@茨城の開場15周年記念祭に行ってきました。駄菓子が撒かれる大福まき祭や協賛品の数々が景品となっていた大抽選会などイベント会場は大盛り上がり。大子グリンヴィラらしいステキなお祭りキャンプでした。

 イベント予約の難しさから推測するに入手困難なレア物を提供する人が多いんじゃないかと内心ドキドキしていたのですが、雑貨からお酒まで意外とみなさん庶民的(^^)

 安心安全で快適な大子グリンヴィラで今シーズン最終戦を迎えることができ大満足な2日間でした。薪タワーのコツを掴めたので予約を取れて他イベントと被らなければ春キャンに参加してみようかと思います!

赤や黄色に染まった大子グリンヴィラ