チーカマもどきに挑戦!キャンピカ富士ぐりんぱで快適キャンプ

青空と富士山のコラボレーション

 6月上旬の週末は静岡県裾野市にあるPICAリゾートの高規格キャンプ場「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行ってきました。東海地方の梅雨入り直前に滑り込みセーフ!

 アポロンのサイド方向に焚き火タープTCレクタを被せるチーカマスタイルもどきに初挑戦。水まわりの整った標高1,200mの富士山2合目は涼しく快適でした(^^)

久しぶりのぐりんぱ

1年半ぶりに訪れたキャンピカ富士ぐりんぱ

 一昨年まで成田ゆめ牧場とともに利用頻度の高かったキャンピカ富士ぐりんぱ。トイレや炊事場が充実しておりお気に入りではあるものの最近は行く機会が減ってしまいました。

 小学校高学年になると遊園地が物足りなくなって行かなくなる可能性が高いため「ラストぐりんぱキャンプ」が今回のテーマ。2016年9月以来、約1年半ぶりの訪問です。

関連記事
キャンピカ富士ぐりんぱの新エリア
9月最後の週末は子供達も喜ぶ「動物園+遊園地+キャンプ」の夢トリオ!雨の富士サファリパークで猛獣達を観察したあと高規格キャンプ場「キャンピカ富士ぐりんぱ」に雨中設営。晴れた日曜日は「遊園地ぐりんぱ」で散々遊んで御殿場アウトレットでお買い物!

 PICAリゾートといえばハッピーフライデーを活用した無料のアーリーチェックインを使わない手はない。10時のチェックインを目指し6時過ぎに自宅を出発!

山崎精肉店でお買い物

ジャンボお肉特売市が開催中の山崎精肉店

 東名下りの渋滞に巻き込まれつつ海老名SAで休憩したあと山崎精肉店でお買い物。2週間前にアコチルキャンプでやまぼうしオートキャンプ場に来たばかりの御殿場です(^^)

関連記事
アコチルキャンプ2018の風船
キャンプフェス「ACO CHiLL CAMP 2018」参加レポ(野外フェス編)。モノづくり系のワークショップを中心にSUP体験やウイスキー蒸留所見学など楽しみました。ライブを聞きながら芝生に寝転んだりマンガを読んだりお酒を飲んだり自由な時間を過ごせます。

 昼ご飯のお惣菜と酒のツマミとして馬刺しを買い込み9時45分にキャンピカ富士ぐりんぱに到着。山道を登っている途中で曇り空になってしまい富士山が見える気配なしorz

かっこいいティピー型テント

セットアップテントサイトがウェザーマスターに

 チェックインを済ませテントサイトに向かって歩いていると場内の大きな変化に気が付きます。セットアップテントサイトがウェザーマスターになってる!

ムムムッ!?!?!?!?
上の写真を見て、気が付いた方は、かなりのぐりんぱ通!!
そうなんです!!
セットアップテントサイトテラス付のテントが新しくなりました!!

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ公式ブログ

 たしか数年前はユニフレームやコールマンなど多彩なテントが張ってあり、その後ogawaのピルツ9に統一され、今年からウェザーマスター 4S T.P.クレストに切り替わったようです。

 インナーテントだけでなくマットから寝袋まであらかじめセットされており、はじめてのテント泊にピッタリ。クレストの設営はなかなか大変そうですがデザイン的には好み(^^)

Z-LITE SOLデビュー

秋冬キャンプに向けサーマレストのZライトソルを購入

 少し気が早いですが秋冬に向け準備を始めました。コット寝やアメニティドームでの地面寝に使えるクローズドセルマットレスの代表格、サーマレストのZライトソルを入手。

 ハイランダーのインフレーターマットと収納サイズがほぼ同じで驚きました。ディズニーランドでパレード待ちするときヘリノックスを複数持っていくより便利かも!?

関連記事
ハイランダーのロールトップテーブルとインフレーターマット
ナチュラムのオリジナルブランド「ハイランダー(Hilander)」のロールトップテーブルとスエードインフレーターマット枕付きシングルを入手。コストパフォーマンスに優れたハイランダー屈指の大人気商品は口コミ通りの逸品かも!
サーマレストのZライトソルでコット寝

 折りたたんで座布団のように使ったり、子供達が公園に持ち出してレジャーシート代わりとしてラフに扱っても一向に壊れる気配なし。さすがは登山にも使える名品です。

 収納袋があったほうが持ち運びやすいだろうと考え「オクトス」の限定バージョン(レギュラーサイズ)にしました。スタッフサック付きでも値段が変わらないのが嬉しい!

唐揚げとラーメンと馬刺し

唐揚げとカップヌードルと馬刺し

 指定された電源付サイトに移動すると地面に盛り土がされており以前よりペグの抜き差しが容易になった気がします。相変わらずゴツゴツしたゲンコツくらいの石ころが転がってますがw

関連記事
キャンピカ富士ぐりんぱ@静岡のキャンプ場レポ(サイト編)。富士山の麓にある遊園地ぐりんぱに高規格キャンプ場が併設されており家族全員が大満足になること間違いなし。2016年7月の大改修によるグリーンエリア(フリーサイト)増設を反映済み!

 山崎精肉店で買ってきた唐揚げなどのお惣菜でランチ。お酒を飲みながら馬刺しやメロンの漬け物をいただいたり超まったり。キャンプで食べるカップラーメンがマジで美味い(^^)

簡易ログラック!?

フィールドラックとクッカースタンドでログラック代わり

 やまぼうしオートキャンプ場で買った薪が着火しにくく爆ぜまくったのは自分のせいかもしれない。地面に直置きしないで乾燥を促すよう簡易ログラックを考えてみました。

 キャンピカ富士ぐりんぱの管理棟で買った2束と自宅から持ってきた薪をフィールドラックに載せきれないため、クッカースタンド450を逆さまに置いてみたらピッタリ。

 アコチルのとき薪を買ってすぐに火熾しを始めたのでログラックを使わなかったから焚き火がイマイチだったわけではないのですが…クッカースタンドって意外と役に立ちますね。

関連記事
やまぼうしオートキャンプ場から眺める富士山
キャンプフェス「ACO CHiLL CAMP 2018」参加レポ(キャンプ編)。やまぼうしオートキャンプ場から眺める富士山は美しく家族で楽しくキャンプ。メイン会場まで遠かったり荷物運びが大変だったり野外フェスらしい苦労もありました。夜は焚き火に大苦戦。

チーカマスタイルもどき

キャンピカ富士ぐりんぱの電源付きサイト

 今回はキャンパルジャパンのアーチ型テント「アポロン」にテンマクデザインのレクタタープ「焚き火タープTCレクタ」を被せて屋根を広げるチーカマスタイルもどきを試してみました。

関連記事
ogawaのアーチ形テント「アポロン」を初張り
キャンパルジャパンのアーチ型テント「アポロン」を入手&試し張り。強固なフレーム構造、充実の付属品、コンパクトなサイズ、垂直に近い側面、大きなメッシュ、寒さや虫を防ぐスカートなど日本の気候とキャンプ事情に精通したogawaらしいスペックでした。
本来のチーカマスタイルはDODのカマボコテントとチーズタープですが、トンネルとレクタなら「チーカマもどき」くらいにはなるかと(^^;)

はじめてのチーカマ風

チーカマスタイルもどきの完成

 まずはじめにアポロンを設営。アーチを描くフレームが全体的に良い塩梅に曲がってきて、生地もだいぶ伸びてきたため以前より設営しやすくなりました。

 20分程度で張り綱なしのペグダウンまで完了。サイドのパネルを4枚巻き上げたら焚き火タープの準備。チーカマスタイルの設営方法によると以下の手順で連結するようです。

  1. 後ろ側のロープ2本をペグダウン
  2. 前側の中央に二股ロープで長めのポールを立てる
  3. 前側の両サイドに短めのポールを立てる

センターポールは使わない

焚き火タープにロングデイジーを取り付けてシェラカップを吊るす

 少し風が吹いていたのと、1人で立てようとするとDODの手順だと若干不安があったため、先に焚き火タープの前側をウイングポールで立ち上げて自立させることに。

 扇形の区画サイトに収まりきらずセンターポールを入れるのは諦めましたが、テンションさえキチンとかければ不要かも。視界にポールやロープが無いほうが開放感にも優れています(^^)

 アポロンを試し張りしたときムササビウイングを小川張りして縦方向の屋根を広げてみましたが、横方向に広げるなら焚き火タープやタトンカを連結するのもありかなと。

関連記事
アポロンとムササビウイングを連結しサイドパネルを開放
【製品レビュー】ogawaのアポロンとtent-Markのムササビウイングを連結しコットを並べてみました。跳ね上げや巻き取り、メッシュ化など6枚のサイドパネルは変幻自在。前後左右対称なデザインや冷気を防ぐスカートなど便利機能満載のトンネルテントでした。

チーカマもどきの感想

アポロンと焚き火タープでチーカマもどきに挑戦

 アポロンのサイドを拡張すべく初めて挑戦したチーカマスタイルもどき。焚き火タープTCレクタはチーズタープより重いためテントに負荷がかかりそうで怖いです。

関連記事
テンマクデザイン「焚き火タープTCレクタ」を初張り
テンマクデザインのポリコットン幕「焚き火タープTCレクタ」を入手&初張り!設営バリエーションの豊富さとスノーピークのPro幕に匹敵する遮光性、ファミリーからグループまで幅広い用途に対応する形状とサイズは使い勝手抜群です。

 風速5mを超えたらチーカマスタイルは危険な気がします。いっそのこと後ろ側は2本とも小川張りにしたほうがテントとの間にクリアランスが確保できて安心かもしれません。

 カマボコテントはアポロンと比べフレームがかなり細いのですが、DODはメーカーとしてこの張り方を推奨して大丈夫なのだろうか…と少し心配になった今日この頃。後半に続きます。

関連記事
ファイアグリルで井桁を組みつつ薪を乾燥中
キャンピカ富士ぐりんぱに隣接する富士アクティビティパークでディスクゴルフをプレーしたり遊園地で遊んだり。焚き火を囲んで談笑していると雲が晴れて富士山がドーン。デビュー以来何度もお世話になったラストぐりんぱキャンプを楽しみました。

あわせて読みたい