5月はファミリーキャンプのトップシーズン!?

5月の富士山が美しい

 2016年5月のファミリーキャンプ&アウトドアブログを振り返り!5月はゴールデンウイーク含め宿泊キャンプ3回+日帰り1回の計4回、アウトドアに出撃しました。

 ゴールデンウイーク中盤の3連休は長野までプチ遠出して「キャンプファームいなかの風」で強風&豪雨に遭遇し、ゴールデンウイーク終盤は「坂田ヶ池総合公園」を下見&まったりと家族でピクニック。

 その後は東日本屈指の人気キャンプ場「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」で温水プールに入りまくり、最後は富士山近くの「キャンピカ富士ぐりんぱ」で遊園地と馬刺しに大満足でした!

色々と新記録!

2016年5月のページビュー

 ゴールデンウイークの連休とその後の週末の安定した気候により、全国各地でキャンプに出かける人が増加したためか、当ブログのアクセス数も前月より増加しています。

 2016年5月のアウトドアブログ運営としては月間57万PV(ページビュー)、1日平均で約18000PVという結果でした!

関連記事
昔懐かしいスノーピーク
2016年4月のキャンプ振り返りとアウトドアブログ運営報告。初めて月間35万ページビューに到達しました。キャンプシーズン到来により出撃回数が増加しブログ投稿頻度が落ちてきていますが、キャンプブログで完全自給自足を目指して活動していく予定です。

 4月の月間35万PVから月間22万PVほど増えています。何か特定の投稿がヒットしたというよりも、季節的な追い風が吹いたような気がしています(^^)

 ついこの間1日10000PVを超えて嬉しかったのも束の間、5月は最もアクセス数の少ないときでも1日15000PVを下回ることはなかったようで、これまた驚き。いくつか理由を探ってみました。

関連記事
ブログ投稿を始めて約9ヶ月、当初の目標の一つでもあった1万PVに到達しました。当ブログを訪問していただいた読者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。これを機に何か還元できないものかと画策してます。

キャンプ関連で検索

キャンプ関連ワードの検索

 久しぶりにSEOチェキで検索順位を確認してみると、当ブログの主要テーマである「ファミリーキャンプ」関連キーワードでの検索結果が1ページ目で安定してきている様子。

 ブログの投稿頻度は以前より落ちてきているはずですが、必ずしも毎日更新することが秘訣というわけではなさそう。仕事が忙しくても何とかなりそうな予感がする、サラリーマンブロガーにはありがたい仕組みです。

 GoogleやYahoo!の検索順位は頻繁に上下するため結果はあくまでも傾向を見るだけとしても、ネットでどのようなことを調べているかは投稿を書くとき、特に過去記事を書き直すときはとっても参考になります(^^)

関連記事
キャンパー&ブロガーにおすすめ!ブログのアクセスアップに繋がるSEO検索エンジン最適化対策をまとめました。キャンプブログでの実例を踏まえてご紹介いたします。

ドーム型テントで検索

ドーム型テントの検索

 当ブログのもう一つの主要テーマ「キャンプ用品のインプレ」は、比較的検索量の多い初心者向けドーム型テントで検索順位を調べてみました。

 タフワイドドームとアメニティドームは2015年まで初心者向けドーム型テントとして比較対象となっていましたが、改めて検索キーワードをじっくり眺めてみると昨今はその傾向が薄れ、新製品「タフドーム」に置き換わってきているようです。

関連記事
SnowPeakアメニティドーム
コールマンのタフドーム/3025とタフワイドドームIV/300、スノーピークのアメニティドームM/Lを比較!初めてのファミリー向けテント&ヘキサタープを購入するとき候補となる定番ドーム型テントについておすすめをまとめてみました。

 スポーツオーソリティやヒマラヤのような店頭でもタフワイドドームを見かける機会はすっかり少なくなり、軒並み「タフドーム/3025」に置き換わっているのも納得です。

ブランド名+ブログ!?

ブランド名+ブログで検索

 自分でキーワード検索するときに使うことがないため気付いていなかったのですが「アウトドアブランド名+ブログ」で検索すると、当ブログが徐々に上位表示されるようになってきたのかも!?

 ページタイトルやブログタイトルは検索順位を決定する上で非常に重要な要素と言われているのですが、当ブログに関していえば「必ずしも」というわけではなかったようです。

6月1日の争奪戦!

ガルヴィのキャンプ場人気ランキング

 キャンプ場の予約は「xヶ月前の同日から予約開始」もしくは「xヶ月前の月初から予約開始」となっていることが多く、6月1日は「3ヶ月前の月初から予約開始」となっているキャンプ場の9月分の予約開始日でした。

 9月といえば5月と並んでキャンプのベストシーズン。台風さえ来なければ気候も穏やか、大型連休(シルバーウイーク)もあってキャンプデビューにも適したタイミングかなと。

 関東近郊にあるいくつかの人気キャンプ場が予約開始ということもあり参戦してみましたが、まあ昨今のキャンプ人気がよくわかる盛況ぶり(^^)

C&C

キャンプアンドキャビンズ9月の予約状況

 パソコンの前で何度か寝落ちしそうになりながら23時台を耐え、日付が変わった直後に予約を確保。手元の時計では0時1分頃だったのですが受信したメールは0時0分、とにかく日付が変わってすぐに予約完了という感じでした。

 作戦としては「1家族でシルバーウイークに2泊3日で行く」もしくは「複数家族でシルバーウイーク以外の週末に1泊2日で行く」の2択として、今回は後者に絞って狙いました。

 8月の予約が平日含めほとんど埋まっているような「キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原」ほどの人気キャンプ場だと、3連休に複数サイトを狙うのは予約を確保できないリスクがあるため、あえてど真ん中を狙わない作戦が奏功(^^)

グリンヴィラ

大子広域公園グリンヴィラ

 シルバーウイーク以外の週末でC&Cを抑えられたものの、もしかしたらシルバーウイークもキャンプ出来るかな!?と0時5分頃に申し込んでみるも既に予約は一杯。やはり優先順位を付けて正解だったともいえる結果でした。

 関東近辺でC&Cと同じくらい人気のある「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」も6月1日が9月分の予約開始日ですが、朝10時から電話予約開始ということもありママの協力を得てチャレンジ!

 序盤は相変わらず電話が繋がらないものの、1時間半ほどチャレンジしてようやく回線が繋がりシルバーウイークに2泊3日で予約を確保(^^)

成田ゆめ牧場!?

ゆめ牧場で大玉ころがし

 関東近郊で忘れてはならないファミリー向けの人気キャンプ場といえば、我が家のホームグラウンドでもある「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(通称、ゆめ牧)」ですが、大型連休や夏休みに出撃することは全く考えていません。

 ゆめ牧は「近い、広い、楽しい、快適!」が特徴のオートキャンプ場なのに、大型連休になると窮屈でノビノビ出来ないし、真夏になるとゲキアツっていうのは魅力半減。

 行くタイミングを誤ると「ガルヴィ」の人気キャンプ場ランキング2015で東日本3位に入るほどの実力と魅力を感じられなくなってしまいます。ランキング自体はグリンヴィラに掲示されていたものを見て初めて知ったわけですが(苦笑)

関連記事
はじめてのキャンプ体験やファミリーキャンプ初心者に最適!通称「ゆめ牧」こと「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」をオススメする10の理由、ご紹介します。

 AC電源サイトは区画が狭いため、広々としたフリーサイトが最高の場所です。過去10回以上利用している経験を踏まえると、ゆめ牧は「大型連休以外の春秋に、フリーサイトで1泊2日」がベストな選択!

5月のキャンプはいいね!

地ビールで乾杯!

 5月のキャンプは長野県・茨城県・静岡県に遠征!徐々に千葉県外にも進出するようになり、渋滞を避けるため朝早く出て夜遅く帰ってくることが増えてきました(^^)

いなかの風@長野

関連記事
2016年ゴールデンウイーク中盤の三連休は「キャンプファームいなかの風」に出撃!中央道の渋滞を回避しつつ駒ヶ根名物のソースカツ丼を堪能できたのですが、かなりの強風に設営中は大苦戦。
関連記事
ゴールデンウイーク深夜に襲い掛かる猛烈なゲリラ豪雨。翌日以降まだ風が吹きつつも徐々にスッキリ快晴となり、キャンプファームいなかの風@長野でのGWキャンプは本当に気持ちよいファミリーキャンプとなりました。

 ゴールデンウイーク中盤の三連休は、長野県にある「キャンプファームいなかの風」までプチ遠出してみました。避けてはみたものの中央道の渋滞は相変わらずですね。

 GW前半に行ったスノーピーク本社@新潟から帰ってきて中一日で長野に出撃というのはなかなかタフな行程でしたが、最後はスッキリとした晴天に恵まれて実に気持ちの良い景色と空気が最高!

 千葉県から1泊2日で行くのはかなり厳しいけど、もし2泊3日で天候が良ければぜひ再訪したくなるようなキャンプ場でした。天候って大事(^^)

坂田ヶ池@千葉

関連記事
坂田が池総合公園@千葉県成田市のキャンプ場レポ。キレイに整備された区画サイトや水まわりだけでなくローラー滑り台や遊具なども充実しており、大人から子供までファミリーキャンプやバーベキューを気軽に楽しめる場所だと感じました。

 ゴールデンウイーク終盤は日帰りで「坂田ヶ池総合公園」に下見&ピクニックしにいきました。ゆめ牧場と同じ千葉県成田市にあってキャンプ場も併設されているため、以前から気になっていた場所です。

 公園内には小さな子供が楽しめる遊具も多く、キャンプ場もキレイに整備されているため手軽な週末キャンプにはピッタリかも。区画が縦長で少し狭いのとリアカーで荷物を運ばないといけないのはネックですが。

グリンヴィラ@茨城

関連記事
初めて大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに行ってきました!噂に違わぬ高規格キャンプ場、温水プールや温泉など周辺施設の充実さも目を見張るものがあります。奥久慈の観光もたっぷり堪能でき、総じて天候に恵まれた快適なファミリーキャンプとなりました。

 ファミリーにも大人気なキャンプ場、茨城県北部にある「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に初めて行ってきました。

 電話で予約を取るのが非常に困難なため、これまで行く機会に恵まれず。公園の大きなローラーすべり台やアスレチック、温水プールや温泉など設備が非常に充実しており、子供達と遊びすぎてキャンプに行った気がしないほど。

 今回はフリーサイトということもあり、いつかキレイな区画サイトも経験してみたい。キャンプ場のお風呂も入ることなく終わってしまったので、のんびりと浸かってみたい。そんな気にさせるキャンプ場でした。

ぐりんぱ@静岡

関連記事
5月最後の週末は静岡県御殿場市にある山崎精肉店で馬刺しや豚肉の味噌漬け、唐揚げやコロッケなどの美味しいお惣菜を購入し、雲に包まれた富士山二合目のキャンピカ富士ぐりんぱで遊園地キャンプでした。

 美味しい馬刺しが食べたくなったら富士山の近くに行くっきゃない!というわけで静岡県にある「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行く途中で「山崎精肉店」に立ち寄ってみました。

 名物の馬刺しが美味しいのは無論のこと、唐揚げやコロッケなどのお惣菜が実に美味しい。店頭にも掲載されていたとおり使っているラードが違うのかな!?

 富士山の南側にあるキャンプ場に行くなら買ってから行くしかないと心に決めた山崎精肉店、そして1泊2日でも遊びまくって帰路は子供達即寝だった遊園地キャンプでした。

まとめ

しんちゃんがまた来てね~

 2016年5月のブログ運営は本格的なキャンプシーズン到来に伴う追い風!?に乗り、月間アクセス数が約57万PVと過去最高となりました。

 6月末で当ブログは開設1周年となります。これまで投稿を読んでくださった方々、どうもありがとうございました&これからもよろしくお願いいたします。

 梅雨の季節に加え小学校や幼稚園の参観日もあり、現時点で6月中は宿泊キャンプの予定を入れておらず、週末のキャンプ生活もしばらくは中休みといったところ(^^)

 4月以降に行った各地のキャンプ場レポをほとんど書けていないため、これからしばらくはキャンプ道具入手レポと共に溜まっているバックログの解消を図ります!