コテージ半額のPICA初売りは富士山周辺の観光拠点にピッタリ

PICA Fujiyamaで過ごす新年初キャンプ

 2019年の新年初キャンプとしてPICA系列の新設キャンプ場「PICA Fujiyama」に行ってきました。毎年恒例のキャンプ初売りで食事付きコテージが半額に!

 キャンプアニメ「ゆるキャン△」に登場する「富士山本宮浅間大社」や「道の駅朝霧高原」など富士山の西側にある聖地を調査。日帰り聖地巡礼プランの元ネタ作り(^^)

 今回の滞在でPICA会員ステージがシルバーにランクアップ。待ち時間の少ない富士急ハイランドでたくさん遊べ、幸先の良いスタートを切ることができました。

新年初キャンプ2019

ディナー準備中のPICA Fujiyamaの管理棟

 年越しキャンプでどんな料理を作ろうかと妄想していた12月27日、PICAの公式サイトを見ると毎年恒例の「キャンプ初売り」が始まっており、即座に予約完了!

 今年は「募集開始を案内するメルマガの配信予定なし」とPICAヘルプデスクに教えてもらっていたので、公式サイトを定期的にチェックしていたのでした(^^)

毎年恒例!PICAキャンプ初売り

PICAキャンプ初売りで訪れたPICA Fujiyama

 前年のPICA山中湖ヴィレッジがあまりに楽チンすぎて「もはやキャンプではない」状態だったので、今年もまた堕落するべくPICA秩父に行こうと思っていたのですが…

関連記事
PICA山中湖ヴィレッジでハンモック
2018年の初キャンプは富士五湖の1つ、山中湖にある高規格キャンプ場「PICA山中湖ヴィレッジ」でコテージ泊しました。PICAキャンプ初売りで食事付きプランも半額!炭焼きレストランさわやかや山中湖の遊覧船、富士急ハイランドなど富士山周辺を満喫した3日間でした。

 半年ほど前に新しいキャンプ場が開業したことを思い出し、秩父と最後まで悩んでPICA Fujiyamaのトレーラーコテージを選択。理由は富士急ハイランドに近いから(^^)

春~秋の行楽シーズンはTDL以上にアトラクションの待ち時間が長くなるため、富士急に行くなら寒い季節。できれば真冬がおすすめ。

ブログ記事のネタを仕込む旅

まかいの牧場から眺める富士山

 テント泊と比べ圧倒的に荷物が少ないコテージ泊。普段より遅い5時半に起きても6時半には出発できました。天気が良いため景色を眺めながらドライブを楽しめそう!

 キャンプ場に泊まって富士急に行くだけだとブログ的に面白味がないので、PICA Fujiyamaに直行するのではなく、ゆるキャン△の聖地を順番に巡ってみることに。

ゆるキャン△聖地巡礼(半日編)

2019年1月の聖地巡礼コテージ旅
  1. 富士山本宮浅間大社
  2. まかいの牧場富士山YMCA
  3. ドライブインもちや
  4. ふもとっぱら
  5. 道の駅朝霧高原
  6. 本栖湖
  7. 渡辺製材所
  8. PICA Fujiyama
  9. 富士急ハイランド

 このときの調査結果を参考に、短時間で行ける舞台だけに絞り込んで作ったのが「ゆるキャン△日帰り聖地巡礼プラン」。以降の内容は主に差分だけ掲載しています。

関連記事
ゆるキャン△聖地「ほったらかし温泉」
キャンプアニメ「ゆるキャン△」に登場する舞台を巡る「日帰り聖地巡礼プラン」を作ってみました。まかいの牧場からほったらかし温泉まで富士宮市・身延町・山梨市を巡ります。お土産は山梨銘菓「しまりんだんご」です。

富士山本宮浅間大社で初詣

富士山本宮浅間大社で初詣

 キャンプ場が富士河口湖町なので東名高速経由で富士山の西側を北上しながら巡礼する朝霧高原ルートを選択。新東名の新富士ICをおりたら近隣の情報をチェック。

 まかいの牧場の営業開始まで1時間ほど余裕があり「富士山本宮浅間大社」という由緒ある神社に行ってみることに。三が日を過ぎて境内は空いていました。

 このときは気付いていなかったのですが、ゆるキャン△単行本7巻でなでしこが人生初のソロキャンプに行く途中に立ち寄った場所(聖地その1)だったらしい(^^;)

まかいの牧場でサイレンを聞く

Fireタブレットでゆるキャンの再現度を検証中

 富士山本宮浅間大社で少し遅めの初詣を済ませたら富士山の西側を走る国道139号線を北上し、ゆるキャン△聖地その2「じゅかいの牧場」こと「まかいの牧場」に到着。

 タブレットにAmazonプライムビデオでゆるキャン△を映し、牧場スイーツ(ジェラート)のお店「ナチュラ・ヴィータ」とじっくり比較…再現度の高さに驚き。

関連記事
今日もまたアマゾンから何かが届いた
ファミリーキャンパーのアマゾン活用術。往復送料無料で気軽に試着し、気に入った商品を安いときに買う。クラウドに写真を保管し動画や音楽はストリーミングで再生。プライム会員の特典を活かして様々なサービスをキャンプに活かすことができます。

 まかいの牧場でヤギを引いて遊んでいると、サイレンを鳴らしながら消防車が4台ほど通過。この時は近くでボヤでもあったのかな?くらいに甘く見ていました。

富士山YMCAの再現度が高い

ゆるキャン△アニメ11話に登場する富士山YMCA

出典:ゆるキャン△アニメ11話

 1時間ほど遊んだらゆるキャン△聖地その3「朝霧高原キャンプ場」こと「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」に移動。高台にあり景色がとても良いです。

 宿泊予約をしていなくても場内見学が可能か尋ねると、写真撮影はNGだが見学は自由にOKとのこと。再びアニメと見比べると…管理棟周辺の再現度が異常に高く感嘆。

 めっちゃひれーの芝生で無駄に転がったり場内をチェック。利用客が多く混雑しているふもとっぱらより富士山YMCAのほうが好み。いつかキャンプしに来たい!

名物の逆さ富士は見られず

ふもとっぱらで逆さ富士を観たかったけど湖面が凍結中

 富士山の西側をさらに北上しドライブインもちやで休憩したら、ゆるキャン△聖地その4「麓キャンプ場」こと「ふもとっぱら」に到着。見学許可をもらい場内を散策開始。

 ふもとっぱら名物の逆さ富士でも写真に収めようかと池に行くと…寒さで湖面が凍っていて逆さ富士が写らない!富士山に雲がかかっており少し残念(^^;)

 Snow Peak Way Premium 2017のメイン会場があった最下段まで歩き始めると、先ほどまかいの牧場にいたとき見かけた消防車に遭遇。なんだか嫌な予感がする…

関連記事
Snow Peak Way Premium 2017
スノーピーク最上位イベント「Snow Peak Way Premium」が初めて開催されました!ふもとっぱらキャンプ場は雨の降りしきる悪天候。キャンドル作りや絵本読み聞かせ、スノーピークモバイルなどのブースがあり宿泊チケットで日帰り参加してきました。

冬キャンプの恐ろしさを知る

ふもとっぱらといえばライオン、ライオンなのか?

 一酸化炭素中毒やボヤでもあったのかと散策していると、無残に燃え尽きたテントやチェアなどがそのまま残されておりストーブも散乱。あまりに悲惨すぎて衝撃。

 フロアシートと出入口のフレーム形状からアスガルドのようなベル型テントだと思われますが、後で聞いた噂によると不在時に火事になり死傷者は出なかったようです。

関連記事
ノルディスクのアスガルド12.6のセット
オシャレな北欧テントの代表格「Nordisk Asgard 12.6」でキャンプしてみました。シンプルな設営手順、テクニカルコットンの風合い、結露の少なさ、広々とした室内空間など、ファミリーキャンプで使うのにちょうど良いサイズ感。大人気なのも納得の作りでした。

 薪ストーブを使った冬キャンプに憧れる方も多いかと思いますが、燃え尽きた光景を見て自分は完全に意気消沈。まさに全焼だったのでとても驚きました(写真は自粛)。

道の駅朝霧高原&本栖湖

道の駅朝霧高原の裏手にあるあさぎりフードパーク

 気を取り直して北上を続け、ゆるキャン△聖地その5「道の駅朝霧高原&あさぎりフードパーク」に到着。朝霧高原には何度か来ていますが道の駅に立ち寄るのは初めて。

 クリキャンの前に鳥羽先生がでっかいベーコンを買ったり、まったりお鍋キャンプの帰りになでしこがソフトクリームを食べていた場所ですね。ここでランチタイム。

本栖湖越しに眺める富士山

本栖湖越しに眺める富士山が美しい

 PICA Fujiyamaに向かう途中、富士山周辺が晴れてきたため、急遽予定を変更しゆるキャン△聖地その6「本栖湖」に立ち寄り。相変わらず美しい景色ですね。

 浩庵キャンプ場からの眺めだと右側に山があって裾野がキレイに見えないので、少し精進湖寄りの撮影ポイントから。湖面が揺れており逆さ富士は見えずじまい。

 日帰り聖地巡礼プランだと本栖みちを下りて身延方面に向かうのですが、この先はまた別の機会に調査することに。聖地巡礼半日での調査、これにて終了。

PICA Fujiyamaでコテージ泊

渡辺製材所は薪が安くてつい買い込んでしまう

 PICA系列は売店の薪が高いイメージだったので渡辺製材所に立ち寄り薪を調達。徐々に日が落ちてきて寒くなり、屋外で調理するトレーラーを予約したことを若干後悔(^^;)

 フォレストモールの駐車場からダメ元でキャンプ場に電話してみると、レストランで食事するプランに変えてくれるとのこと。到着10分前なのにPICA様マジで神すぎる!

冬らしく静かな場内

PICA Fujiyamaの管理棟はとてもゴージャス

 ゴルフ場のクラブハウスのような管理棟でチェックインを済ませ、ロビーでスタッフの方々と談笑。開業に伴い系列のキャンプ場からスタッフが集められたそうです。

 荷物を運び込んだら売店を見学したり、コテージのウッドデッキで焚き火したり。場内の芝生でフリスビーしていたら何度も鹿のフンを踏んでしまったorz

雰囲気の良い新設キャンプ場

PICA Fujiyamaのコテージのウッドデッキで焚き火開始

 オフシーズンのためアメージングドームとテントサイトは営業しておらず、コテージの滞在者は5組程度。人もクルマも少ない場内で星空写真の撮影が捗りました。

関連記事
はじめて撮った星空ぐるぐる写真
北極星を中心に数多の星が同心円状に広がる星空ぐるぐる写真。2019年1月上旬の新月の夜、富士山近くのキャンプ場「PICA Fujiyama」に滞在しインターバル撮影と比較明合成で撮影してみました。完成するまでドキドキ、出来栄えはイマイチ。

 翌朝は7時半に撤収を終えレストランで朝食をいただき9時にチェックアウト。PICA Fujiyamaはいずれテント泊で来てみたいと思わせる素敵なキャンプ場でした!

富士急ハイランドで目が回る

子供達お待ちかねの富士急ハイランド

 PICA Fujiyamaから10分ほどで富士急ハイランドに到着。フリーパスを購入し待つこと数分、9時半の開門と同時に突撃。さすが真冬、予想通り空いている!

 フジヤマ、高飛車、鉄骨番長、ド・ドドンパなど最大でも20分程度の待ち時間でたくさんアトラクションに乗れました。6時間ほど遊んだら目が回ってしまいギブアップorz

 ふじやま温泉に入ってリラックスしたら渋滞もなく帰宅。春~秋は中央道の混雑が酷く山梨方面に出かけるのは躊躇するので、計画が進む小仏トンネルの増設に期待です。

まとめ

PICA Fujiyamaで食べたイチボステーキ

 新年初キャンプはゆるキャン△聖地巡礼とコテージ泊と富士急ハイランドを組み合わせてみました。初めて行ったPICA Fujiyamaの充実度には驚きました!

関連記事
PICA Fujiyamaのアメージングドーム
PICA Fujiyama@山梨のキャンプ場レポ。避暑地の保養所をリノベーションしたPICAリゾートの新しいキャンプ場は、富士山を望む好立地にあり豊かな自然と充実の設備のバランスが良く、初心者にも安心。富士五湖観光の拠点にも最適です。

 PICAリゾートに行くようになって約4年、ようやく1万ポイント貯まりシルバー会員に昇格しました。次のゴールド会員までさらに9万ポイント必要らしい(^^;)

PICAキャンプ場の名称変更

PICA Fujiyamaのアメージングドーム群

 2019年4月1日から一部のキャンプ場の名称が変わりました。ガルヴィのスタンプラリーで名前が変わっていたので誤植かと思ったのですが、間違いではなかったようですね。

  • PICA山中湖ヴィレッジ→PICA山中湖
  • キャンピカ富士ぐりんぱ→PICA富士ぐりんぱ
  • キャンピカ明野ふれあいの里→PICA八ヶ岳明野
  • 初島アイランドリゾート→PICA初島
  • パディントンベア・キャンプグラウンド→PICAさがみ湖
関連記事
アウトドア雑誌「ガルヴィ」2019年4月号
ガルヴィの人気キャンプ場ランキング2018が発表されました。東日本の上位がグリンヴィラ、C&C那須高原、スウィートグラスと至極真っ当な順位で納得感あり。読者の投票で決まる人気ランキングはキャンプ場選びの参考になります。