[夏旅2016]ニセコでキッズラフティング&道の駅の美味しいピザに舌鼓

道の駅くろまつないピザドゥのピザ

 北海道キャンプ旅も後半戦に突入!美しい星空と驚くほどの静寂に包まれた歌才オートキャンプ場ル・ピックを拠点に、夏の北海道らしいアクティビティを体験。

 子供達と緩やかな川を下るキッズラフティングを楽しんだら、キャンプ場に戻る途中にある「道の駅くろまつない」に立ち寄り激ウマなドイツパン風のピザでお腹いっぱい(^^)

 北海道キャンプ旅5日目は終日スッキリと晴れ、風も弱く絶好のアウトドア日和。とはいえ関東の9月末に近い気候は過ごしやすく超快適でした!

北海道はすっかり秋模様

北海道の朝は涼しい

 2016年キャンプ旅をスタートして初のテント泊(正確にはシェルター泊)、耳を澄ますと時折かすかに聞こえるのは遠くを走るトラックの走行音のみ。驚くほどの静寂です。

 いつも通りケシュアのキャンプベッドでコット寝していると、明け方に少し寒くなってきて目が覚めました。メッシュ越しに外を見ると、白樺の間から差し込む柔らかな日差しが気持ちよすぎ!

 黒松内の朝5時の外気温は13.6度。8月後半の北海道は夏とは思えないほど涼しく、特に朝晩はすっかり秋の気候です(^^)

ルピックで清々しい朝

 振り返ると昨年の今頃は「星に手のとどく丘キャンプ場」に滞在しており、夜寒すぎて湯たんぽとホッカイロを買いにいくほど…体感的に10℃を下回っていたからか猛烈に寒かった!

関連記事
「星に手のとどく丘キャンプ場」レポ。富良野の高台から見る雄大な景色、360度に広がる満天の星空、広々としたオートサイトなど大満足。

 とはいえ富良野の高台にある絶景ポイントと比べれば黒松内の気温は関東の9月末に近く、子供達はキッズマミー、大人はバロウバッグ#3やオーロラ450DXでちょうど良い感じです。

関連記事
WILD-1のギフト券還元セールでNANGAオーロラ450DXを入手!廃盤カラーがワゴンセールとなっており結果的には半額相当でした。初ダウンシュラフのため、所有する化繊シュラフと比較してみました。

美しいキャンプ場内

 歌才オートキャンプ場ル・ピックはスッキリとした青空とキレイに整った芝生、白く映える白樺が最高の雰囲気!空気も美味しく思わず深呼吸したくなります(^^)

美しいルピックの場内

 ゆったりと散策してみるとテント泊+バンガロー泊で10組に満たないキャンパーしかおらず、賑やかな年齢の子供を連れた家族は極めて少数。

 やはり北海道の小学校で2学期がスタートしたため、未就学児を連れた家族もしくはワンコ連れの組み合わせがほとんど。場内が恐ろしく静かなわけです。

 ルピックは「ほんとうに気持ちいいキャンプ場」であること間違いなし。関東で雰囲気の近いキャンプ場って思いつかないけど…しいて言えばPICA富士吉田を全ての面でグレードアップした感じかも。

関連記事
PICA富士吉田@山梨のキャンプ場レポ。これぞPICAリゾートの高規格キャンプ場ともいうべき電源サイトや水まわりが整備されており、高い木々に囲まれた落ち着いた雰囲気が良い感じ。遊具が少ないのは気になるものの大人向けのキャンプ場としては高評価!

ニセコで夏のアクティビティ!

直火OKなルピックで焚き火の準備

 場内の散策を終えたら朝から焚き火でのんびりと。各サイトに個別の炊事場もあるし、すぐ隣で直火もOKなんて…いやはやホント凄いキャンプ場です。

 遊具らしきものがほとんどないことを除けば非の打ち所がないルピックで簡単な朝食を済ませたら、朝8時にキャンプ場を出発!

 天気予報では終日スッキリ晴れて気温もそれなりに高くなりそうなので、夏の北海道らしいアクティビティにチャレンジ(^^)

遠くに富士山のような山が見える

 黒松内からニセコ方面に向かって一般道を走っていくと、蘭越駅を過ぎた辺りで真正面に雲に隠れた富士山のような形をした大きな山が見えてきます。

 あれがニセコのスキー場がある山かな!?と思ったのですが、どうやら地元の方に聞いてみると蝦夷富士とも呼ばれる「羊蹄山」だったようです(^^)

 途中にあった「JR昆布駅」なる思わず写真に撮りたくなる駅が気になりつつも華麗にスルーし集合場所に到着。太陽が昇り徐々に暑くなってきました。

ニセコといえばアンヌプリ・東山・ひらふのイメージだったんですが、いくら探しても東山スキー場が見当たらない…苗場のようにプリンスホテルがゲレンデ直結であったはずなんだけど…。

子供と一緒にラフティング

キッズラフティングの集合場所

 ニセコといえば世界的にも有名なスキー場があるため冬のイメージがありますが、夏のニセコは川下りなどのアクティビティが盛んらしい!

 我が家には5歳の幼稚園児がいるため、通常のラフティングは参加ムーリー。4歳児から参加できる「キッズラフティング」に参加することにしました。

わんぱくキッズラフティングでは、夏のニセコ尻別川を舞台にあなたのお子さまが目一杯楽しんで頂けるよう、NOASCのユーモア溢れるスタッフが、川下りはもちろんのこと、泳いだり、飛び込んだり、小魚を追いかけたりととことん川遊びをして頂くプランです。

4歳以上のお子さまから、お父さん、お母さんはもちろんのこと、おじいちゃん、おばあちゃんまで3世代にわたって一緒にご参加頂けます。川下りは通常のラフティングより穏やかなコース設定となっていますので、安心してお申し込みください。

ラフティング用のパドル

 出発前に外人の定員さんに「ヘイユー、ウェット?ドライ?」っぽく聞かれたので、何の迷いもなくウェット!ハイキングに行くんじゃなくて川に行って濡れるんだからねー。

 と思って見渡してみると、自分以外の大人は全員ドライスーツ着てるし!ドライスーツじゃなくて良いのか聞かれてたのかww

 とりあえずウェットスーツでも大丈夫か聞いてみると、今日は天気良いからウェットスーツでも何とかなるよーとのこと。すっごく不安だ…。

まさかの増水中

ニセコでキッズラフティング

 小さな子供が参加できるということは激流下りではなく、緩やかな川をボートに乗って下る簡単なお遊び体験っしょと思いつつバスに乗って川に到着すると、台風通過後の影響で川が思いっきり増水してる!?

 普段開催されているキッズラフティングよりタフになりそうな予感がプンプンするなか、まずは水に慣れるため尻別川に歩いて入っていくと…おぉめっちゃ冷たっっ!

 ウェットスーツでも平気だよハハーとか言ってたのに、大人がみんなドライスーツ着てたのも納得の冷たさ(^^)

コロンビア提携のラフティング

 45分ほど水遊びしたらボートに乗って川下りに出発。増水しているものの急流というほどでもなく小さな子供にちょうど良かったけど、まさか急斜面の下からバスまでボートを引き上げる作業を参加者自身でしなくてはならないとはw

 こういう後片付けって普通、運行会社の人がこっそりやっておくもんだと思ってたけど…ゼーハー言いながら片付けを終えバスに乗って無事帰還。

 温水シャワーなどの設備は無かったものの、この日は気温が上昇しホースの水でも寒くないためタオルでさっと拭いたら着替え終了。まあ子供達も含め凄く楽しめました!

美味しいピザを追い求めて

ニセコのルピシア

 時計は既に12時。夏らしいアクティビティで体をいっぱい動かしてお腹も空いてきたので、お昼ご飯を食べるため倶知安を出発し黒松内を目指します。

地元の人に聞いてみると東山の名称はなくなり「ニセコビレッジ」という名称になっていたとのこと。しかも現在のホテルはヒルトンなんですね…最近ニセコに来ていなかったことがバレバレw

 グランヒラフを過ぎたら右手奥に見慣れた看板。こんなところにルピシアの路面店!?キャンプ場で早朝に飲む紅茶でも買ってみようかなーと思い立ち寄ると残念ながら定休日でした。すごくキレイなお店でしたが残念。

関連記事
夏休みの北海道キャンプ旅で滞在する場所を探すため「北海道キャンピングガイド2016」を入手!湖畔サイトが魅力的な「美笛キャンプ場」や子供達が楽しめそうな「オートリゾート滝野」など道内のキャンプ場がわかりやすく掲載されており首都圏版キャンピングガイドが欲しくなるほど!

 黒松内に向け戻る途中に「ニセコサヒナキャンプ場」の看板がありました。ニセコを拠点にアクティビティを楽しむならロケーション的には凄く良いかも。

 北海道キャンピングガイド2016では黒松内ルピックの13点を上回る14点と最高評価!もし来年もニセコに来るなら有力候補となるキャンプ場です(^^)

道の駅くろまつない

道の駅くろまつないに帰還

 一般道を走り45分ほどで黒松内町に戻り、昼ご飯を食べる場所として超々楽しみにしていた「道の駅くろまつない」に到着。

 道の駅にはとても美味しいピザ屋さんが入っているとのことで、あえてルピックに滞在することにした理由の半分くらいはピザを食べたいがためだったりします。

関連記事
台風が過ぎ去り天候は徐々に回復!オートリゾート八雲がある噴火湾パノラマパークで遊んだあとハーベスター八雲でランチし、歌才オートキャンプ場ル・ピック@黒松内町のカーサイトに設営完了。満天の星空と静寂に包まれた最高の一夜となりました。

 火曜朝時点では、オートリゾート八雲を早めに出て道の駅でピザを食べてからルピックにチェックインしようと思ったのですが…第2・第4火曜日は定休日のようだったので(^^)

天然酵母熟成ピザドゥ

 道の駅くろまつないに入っている「ピザドゥ」でMサイズを2枚注文。人気No1らしい「ブルンネン」と子供達の希望で「ビスマルク」にしました。なんとなく名前がドイツっぽい!?

 Mサイズは大人2名でちょうど良い大きさらしく、大人2名+子供2名だと2枚は多すぎたかもと心配していましたが、ペロリとMサイズ2枚を完食。

道の駅くろまつないのピザ

 噂に違わぬ味でした。生地に全粒粉を使っているらしくイタリアのナポリピザとは薄さが違うものの、全員の手と口が止まらないほど美味しい!

黒松内のフレッシュなモッツァレラチーズやソーセージをたっぷりとのせる生地には全粒粉を使い、天然酵母で発酵熟成させてもっちりとした食感のドイツパン風に仕上げています。
ピザの種類は、常時12種類、サイズはS・M・Lを御用意。
御注文を受けてからその場で一枚ずつ焼き上げるピザは、酪農・畜産の田舎ならではの自慢の逸品です。

出典:道の駅くろまつない

 なるほど、生地をドイツパン風に仕上げているようです。モチモチとした食感が食欲をそそります。ブルンネンは安定の美味しさで一番人気なのも納得。

 道の駅くろまつないにはパークゴルフ場も併設されていました。豊かな自然を眺めながら食べる美味しいピザ、最高の気分です(^^)

晴天のルピックで小休止

ルピックのキレイな広場

 まだ14時過ぎと少し早い時間ではありますがルピックに戻って一休み。ルーフボックスに積んできたキックボードで場内を周回してみると、キャンパーの数が更に減って片手以下しかいなくなってる…。

 子供達とハンモックに揺られたりキャンプ場の中央にある広場でフリスビーしながらマッタリ過ごします。暑すぎず寒すぎず快適すぎる!

 遊んでいる途中でフリスビーが8mほどの高さに引っかかってしまい、ウイングポールを伸ばして取ろうとするも全く届かず…結局置いてきてしまいました。その後きっと落ちたと思いますが、ルピックに寄贈するということで(^^)

リビングシェルが干してある

 この日は管理棟の近くでスノーピークらしき幕体が干されていました。近くにキャンパーもいないのでレンタルの返却品かなと近寄ってみると、どうみてもリビングシェル!

関連記事
スノーピークのシェルター「リビングシェル」を初張り!初設営にもかかわらず13分40秒という驚異的な短時間で完成し、室内の居住性も十分すぎるほど。設営手順が簡単なうえオプション品も豊富に揃っており、初心者オススメとして納得なスクリーンタープでした。

 グレー色のリビングシェルということは、我が家と同じランドブリーズリビングシェルもしくは新型のリビングシェルのはず。

 近くでよく見てみるとドーム型テントとの連結機構がなくフロント側が7:3に分かれているため、ランドブリーズリビングシェルのようでした(^^)

ルピックのレンタル品

ルピックの場内がキレイすぎる

 受付の方に聞いてみるとルピックのレンタル品はスノーピーク製品が多く、スクリーンタープとしては以前よりリビシェルとのこと。

 かつて使っていたリビシェルが古くなってきたため近年買い替えたらしく、まだ新品同様にも関わらず1泊1500円。わざわざ自宅から持ってこなくても良かったかもw

 ちなみにワンアクションテーブルロング竹は1泊500円、ガスランタン+パイルドライバーの組み合わせも1泊500円と安すぎっ!もしリビシェルをスノーピーク本社キャンプ場で借りると…ゲフゲフ

関連記事
Snow Peak Headquarters Campfieldのキャンプ場レポ。本社直営のキャンプ場らしくほぼ全てのスノーピーク製品がレンタルでき、広大なフリーサイトに多種多彩なスノーピークのテントやタープが立ち並ぶ光景は圧巻。2016年10月に新設されたエリアを反映済み!

☆夏旅2016まとめ☆

関連記事
2016年の夏休みに行った北海道キャンプ旅をまとめてみました。台風直撃とフェリー欠航により悪戦苦闘した8泊9日の道中は、当初描いていた計画とは大きく異なるものとなってしまったものの雨でも楽しく過ごせる場所を選んで何とか乗り切れました!