[夏旅2016]北海道キャンプ旅まとめ!8泊9日で1700キロ走破し無事完遂

こどもの谷で巨大ボールに踏みつぶされる

 我が家の一大イベント、夏休みの北海道キャンプ旅。道内各地の美味しいものを食べつつ観光地を巡る8泊9日の小旅行です(^^)

 道南・道央で滞在したオートキャンプ場は計3ヶ所(八雲・ルピック・滝野)、走行距離は月平均の3倍に相当する約1700キロ!

 フェリー欠航と2度の台風直撃によるミッションインポッシブルな状況を意地と気合いで完遂した2016年のキャンプ旅をまとめてみました。

キャンプ旅のスケジュール

ノーザンホースパークの園内

 2016年の夏休みは昨年同様、クルマにキャンプ道具を積み込みフェリーに乗って北海道へ出かけました!夏の北海道旅行は3年連続3回目(一昨年は全てホテル泊)です。

 土曜日早朝に出発し翌週の日曜日夕方に帰ってくる9日間のファミリーキャンプ旅。子供達といっぱい遊ぶこと&観光することを重視しているため、キャンプ場に滞在している時間が短いのが特徴(^^)

当初の予定

2016年 行動 宿泊
8月20日 ハワイアンズで遊ぶ
フェリーに乗る
太平洋フェリー
8月21日 北海道で遊ぶ 美笛キャンプ場
8月22日
8月23日 豊浦海浜公園
8月24日
8月25日 オートリゾート滝野
8月26日
8月27日
フェリーに乗る
太平洋フェリー
8月28日 帰宅 自宅

 当初の計画では出発日に福島県にあるスパリゾートハワイアンズで遊んだあと仙台に移動し、フェリーに乗って苫小牧に上陸し道央を巡ったら再び苫小牧からフェリーに乗って仙台経由で帰ってくる予定でした。

 前半のキャンプ場は事前予約の不要な場所を中心に、湖畔キャンプとして支笏湖畔の美笛キャンプ場&海キャンプとして豊浦海浜公園を狙っていました。天候が悪く野営できない場合は別のキャンプ場を探してコテージなどに退避する計画です。

実際の日程

2016年 行動 宿泊
8月20日 ハワイアンズで遊ぶ 盛岡のホテル
8月21日 フェリーに乗る
北海道で遊ぶ
オートリゾート八雲
8月22日
8月23日 歌才ルピック
8月24日
8月25日 オートリゾート滝野
8月26日
8月27日
フェリーに乗る
太平洋フェリー
8月28日 帰宅 自宅

 実際の日程は台風直撃の影響により大きく狂い、東北道で青森まで爆走したあと津軽海峡フェリーで函館に上陸し道南を観光、徐々に道央に移動し苫小牧から仙台経由で帰ってきました。

北海道キャンプ旅行記2016

ノーザンホースパークで射撃

 9日間のキャンプ旅は事前準備編と毎日の旅行記に分けて書きました。8月後半に出かけてブログを書き終わったのが10月中旬…若干賞味期限切れ感が否めないw

事前準備編

関連記事
星に手のとどく丘キャンプ場の管理棟
フェリーに乗って北の大地へ!夏休みを利用して北海道のキャンプ場を巡るキャンプ旅、今年も準備を開始しました。前回の反省を踏まえキャンプ用品やアパレルを調達し、往復のフェリーも無事確保。今から8月が楽しみで仕方ありません!

 北海道キャンプ旅行を準備するにあたり昨年の振り返りは欠かせません!クルマ・幕体・服装など前回の反省を踏まえ半年がかりで準備を進めました。

関連記事
夏休みの北海道キャンプ旅で滞在する場所を探すため「北海道キャンピングガイド2016」を入手!湖畔サイトが魅力的な「美笛キャンプ場」や子供達が楽しめそうな「オートリゾート滝野」など道内のキャンプ場がわかりやすく掲載されており首都圏版キャンピングガイドが欲しくなるほど!

 星の手のとどく丘キャンプ場に匹敵するキャンプ場がないか北海道専門のガイドブックで下調べ!美笛キャンプ場、豊浦海浜公園キャンプ場、オートリゾート滝野、オートリゾート八雲など満点評価に近いキャンプ場を狙います。

1日目(8月20日 土曜日)

関連記事
夏休みを利用して北海道内のキャンプ場を巡る「北海道キャンプ旅」がスタート!台風直撃によりフェリーが欠航し予定が大きく狂ってしまいましたが、子供達の希望通り常夏の楽園経由で北の大地を目指します。

 キャンプ旅出発を翌日に控えた金曜17時、仙台発および大洗発のフェリーが欠航するとの連絡があり大ピンチ!スパリゾートハワイアンズで遊んだあと盛岡まで爆走してホテル泊となりました。

2日目(8月21日 日曜日)

関連記事
津軽海峡フェリーのブルーマーメイド
途中の盛岡で一泊したあと、青森から津軽海峡フェリーに乗り函館へ!青森港周辺では「のっけ丼」、函館市内では「あじさい」の塩ラーメン。3つの台風が同時に発生する悪天候のなかオートリゾート八雲@噴火湾パノラマパークで北海道滞在をスタート!

 盛岡から青森に移動しのっけ丼を食べ、津軽海峡フェリーに乗って函館に上陸!あじさいの塩ラーメンを食べた後はオートリゾート八雲で北海道滞在をスタートしました。

3日目(8月22日 月曜日)

関連記事
北海道立噴火湾パノラマパークにあるオートリゾート八雲を拠点に道南最大の観光地である函館に出撃!悪天候をものともせずイカ釣りやオルゴール作り、ラッキーピエロ峠下総本店などで遊びました。ロッジがあまりに快適すぎてキャンプらしいこと全くしてないかも!?

 残念ながら道南は終日雨、函館市街地で海鮮丼を食べイカ釣りを楽しみオルゴール作りに没頭!帰りに立ち寄ったラッキーピエロの雰囲気に圧倒されつつ雨でも楽しく過ごせました。

4日目(8月23日 火曜日)

関連記事
台風が過ぎ去り天候は徐々に回復!オートリゾート八雲がある噴火湾パノラマパークで遊んだあとハーベスター八雲でランチし、歌才オートキャンプ場ル・ピック@黒松内町のカーサイトに設営完了。満天の星空と静寂に包まれた最高の一夜となりました。

 オートリゾート八雲を出て噴火湾パノラマパークで遊びまくり!ハーベスター八雲でKFC風のチキンを堪能したら次の滞在地である歌才ルピックにテント泊しました。

5日目(8月24日 水曜日)

関連記事
北海道キャンプ旅も後半戦に突入!黒松内の歌才オートキャンプ場ル・ピックを拠点に蘭越・ニセコ・倶知安方面に。子供達と一緒に楽しめるキッズラフティングで盛り上がったあと、道の駅くろまつないのピザドゥで食べたドイツパン風ピザに思わず舌鼓!

 スッキリと晴れた暖かい日はニセコで川下り体験!帰りに立ち寄った道の駅のピザドゥがあまりに美味しくて感動し、のんびりとキャンプ場で過ごしました。

6日目(8月25日 木曜日)

関連記事
林間サイトの美しい雰囲気と高規格キャンプ場の清潔さが高い次元で融合したルピックでの2泊目は、半径100m以内に誰もいない涼しく穏やかな夜。ブナセンターで楽しく木材加工体験したら次の宿泊地「オートリゾート滝野@国営滝野すずらん丘陵公園」に向かいます。

 最高に気持ち良かった歌才ルピックを出てブナセンターでガッツリ木材加工!2日連続のピザドゥで満腹になったら次の滞在地であるオートリゾート滝野にキャビン泊しました。

7日目(8月26日 金曜日)

関連記事
新千歳空港の北海道ラーメン道場
北海道キャンプ旅2016の終盤はオートリゾート滝野@札幌を拠点に道央観光!偶然立ち寄ったサーモンパーク千歳で激ウマなピザドゥと再会したり、ビール工場見学で麦汁は「2番じゃダメなんですか?」を体験したり、新千歳空港でのんびり過ごしたりと終日雨でも十分楽しめました。

 再び終日の悪天候となりサーモンパークにビール工場見学、新千歳空港で遊びまくり!ドラえもんパークや温泉、ラーメン道場など空港内で楽しく過ごせました。

8日目(8月27日 土曜日)~

関連記事
北海道キャンプ旅の最終日はスッキリとした快晴!オートリゾート滝野を出発し国営滝野すずらん丘陵公園とノーザンホースパークで公園三昧。フェリー乗船時刻ギリギリまで遊び尽くし14時半に無事帰宅。反省点はたくさんあるけど来年もまた北海道へ行きたくなった9日間でした。

 最終日はオートリゾート滝野を出て公園三昧!滝野すずらん公園とノーザンホースパークでのびのび遊んだあとはフェリーに乗って仙台経由で無事帰宅しました。

各キャンプ場の感想

 キチンとしたキャンプ場レポは後ほどじっくりと書きたい思います!各キャンプ場に2泊ずつして感じたことを簡単にまとめてみました。

オートリゾート八雲

オートリゾート八雲のセンターサークル
  • 子連れキャンパーにベストな高規格キャンプ場
  • パノラマパークは遊びごたえ十分
  • 道南観光の拠点としても悪くない場所
  • 区画サイト・ロッジ共に不満のないレベル
  • フリーサイトは斜面が気になる
  • 遠くの海を見下ろす景色が最高
  • パノラマ館に歩いていくのが不便なのは残念

歌才ルピック

ルピックとブナセンター
  • サイトがとにかくキレイで水まわりも不満なし
  • 場内が落ち着いた雰囲気で星もよく見える
  • 道の駅のドイツパン風ピザが最高に美味しい
  • クルマで5分のところに温泉施設がある
  • ブナセンターは雨の日のアクティビティにも最適
  • キャンプ場内の遊ぶ場所の少なさは残念

オートリゾート滝野

オートリゾート滝野のセンターハウス
  • 札幌市内という好立地と道内では抜群の知名度
  • 滝野すずらん公園は1日では回りきれないほどの大きさ
  • キャビン含め全体的に費用は高め
  • 区画サイトが北海道とは思えないほど狭い
  • 全体的にワイワイ賑やか
  • 期待度が高すぎたのか全体的に印象に残らず 

また行きたいランキング2016

オートリゾート滝野の夜の管理棟
  1. オートリゾート八雲
  2. 星に手のとどく丘
  3. 歌才ルピック
  4. 苫小牧アルテン
  5. オートリゾート滝野

 家族でまた行ってみたいかの1点で道内5ヶ所のキャンプ場を順位付けしてみました。人によって評価の割れそうなランキングですが、八雲をかなり気に入りました。キレイな海が見えてサイトの広い高規格キャンプ場…関東にも欲しい!

 星丘とルピックは非常に僅差。関東人が観光旅行するときの拠点として考えたとき、周囲に有名観光地を多数抱える富良野と全国的にはマイナーな黒松内の差が出たのかなと思います。

 オートリゾート滝野はきっと比較対象があまりに良すぎたんだと思います。北のグリンヴィラというには色々とちょっとずつ残念だった感じorz

キャンプ旅の反省点

歌才ルピックは直火可能

 去年は無意識にビーチサンダルを履いていってしまい、替えの靴が一切ないという失態をやらかしました。今年は観光用ガイドブックを忘れるという凡ミス。北海道キャンピングガイドだけではキャンプ場のことは調べられても観光には全く役立たなかったw

関連記事
 夏休みを利用して家族4人で「9泊10日北海道・東北ファミリーキャンプの旅」に行ってきました。各地のキャンプ場を巡る夏旅ということで計画当初は妄想レベルの実現可能性でしたが、い

キャンプ道具編

北海道の牡蠣三昧

 今回のキャンプ旅では去年の反省を活かして準備したホッカイロや湯たんぽの出番なし。フリースのパジャマに3シーズン用シュラフで布団やストーブいらず。関東のシルバーウィーク後とそう変わらない気温でした(^^)

大きな荷物となる石油ストーブを持っていかなくて正解。結局のところ去年行った富良野の高台が最低気温10℃以下と異常に寒すぎただけw

 リビングシェルの設営や撤収が簡単というメリットはほとんど享受できず。キャンプ場を転々とするとき時短なるはずが、前後がロッジやキャビン泊だったのでほぼ意味なし。

ちびパン2枚+ユニセラでロースト野菜

 普段のキャンプで焚き火やバーベキューに活躍するファイアグリルも出番なし。焼き物はユニセラTG-IIIがあれば十分でした。

  • オートリゾート八雲では雨や風が強く焚き火どころではなかった
  • 歌才ルピックは焚き火したけど直火OKだった
  • オートリゾート滝野ではタープを張れるスペースはあるものの使用せず
関連記事
【2017年版】ユニフレームは高機能かつ実用的でキャンパーに大人気!使い勝手に優れコストパフォーマンス抜群なユニフレーム製品をおすすめ順に番付表ランキング形式で紹介します。ファイアグリルと焚き火テーブルの両横綱はマストバイ!

 一方でインスタントスモーカーは何度も出番あり。牡蠣やサーモンなど北海道の食材を燻製にしてみました。フォールディングオーブンは今年は出番なしでした。

ボロスター編

歌才ルピックとボロスター

 我が家の現車はスバルのフォレスター。前年は愛すべきレガシィツーリングワゴンでした。そんなフォレスターですが納車9ヵ月で3回目の修理が必要になるほど調子がイマイチ。

 レガシィと同程度のクオリティを求めるのが酷かもしれない超ポンコツなボロスターですが、北海道キャンプ旅中に警告が出て帰宅後にディーラーに持ち込むとあえなく修理行き。

 たびたびの修理持ち込みにスバルの営業は一切申し訳ないと思ってないし、かれこれスバル車に3台乗ってるけど次はスバル以外にしようと決意w

航路編

スパリゾートハワイアンズで遊ぶ

 スパリゾートハワイアンズで遊んだあとに仙台からフェリーに乗るのは体力的に大丈夫だと証明できたので、来年以降もできれば続けたいと思います(^^)

 仙台の遥か先にある盛岡まで何とか当日中に行けましたが青森まで700キロ行くのは難しそう。道内の広さは認識していたけど東北の広さを認識できてませんでした。

 津軽海峡フェリーがあまりにキレイかつ先進的で驚きました。頑張れ商船三井フェリー、頑張れ太平洋フェリー。今度は新潟~小樽航路で行ってみるのもありかも!

まとめ

広大な滝野すずらん公園に挑む

 北海道キャンプ旅2016をまとめてみました。やっぱり夏の北海道は涼しく快適!もし関東にいたら蒸し暑くて虫の大群に襲われてたのかと思うとゾッとします。

 とはいえ去年も一昨年もほぼ同じ時期に旅したら曇りや雨が多かった印象です。時期的に北海道は晴れが少ないのかも。旅費や食費など全て合算した費用は9日間で35万円くらいでした。

 今年から上の子が小学生になったのと、ロッジやキャビンに泊まることが多かったのが去年よりも高くなった主な理由。テント泊かつ太平洋フェリーが動いて盛岡のホテルに泊まらずに済んだら30万くらいだったかと思います(^^)

達成できたこと

  • 3ヵ所のオートキャンプ場に滞在できた
  • はじめて道南(函館周辺)を観光できた
  • 北海道上陸前にハワイアンズで遊べた
  • 新千歳空港を十二分に堪能できた

達成できなかったこと

  • 設営→撤収→設営の繰り返しができなかった
  • 外遊びできる時間が少なかった
  • 憧れの湖畔キャンプができなかった
  • 憧れの海キャンプができなかった