薪グリルも羽釜もファイアポットも無料で自由に試せる記念祭

無料レンタル品の薪グリルとキャンプ羽釜

 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの開場16周年記念祭に参加しました。懸念されていた雨も降らずクイズラリーやワークショップ、そば打ち体験など楽しめました!

 薪グリルやキャンプ羽釜、ファイアポットなど数多のユニフレーム製品が無料でレンタルし放題。レアアイテムや特価品の展示販売もありユニフレーム好きには堪らない(^^)

梅雨明け後の記念祭

大子グリンヴィラ開場16周年記念祭のセンターハウス

 国内屈指の人気キャンプ場ゆえ毎度のごとく激しい予約争奪戦でした。なんとかサイトを確保できたもののiPhoneは不利なのでAndroidに切り替えようか本気で悩む今日この頃。

 例年より早く梅雨が明けたにもかかわらず雨が降り続いており、週末の天気予報を見てキャンセルが出たようです。水曜時点で個別サイトもキャンピングカーサイトも空きがありました(^^;)

雨予報から一転

開場16周年記念祭のイベント情報

 翌週末の3連休に新潟遠征を控えテントが乾かなかったり風邪を引いたりするのは避けたい…もし雨ならイベントだけ参加して泊まらずに帰ってこようと思っていました。

 前日昼に週末の天気予報を確認すると降水確率が一気に下がり、テント泊しても乾燥撤収できそう。朝9時にチェックイン可能なワンコインアーリーを申し込み、6時10分に出発!

ユニフレーム展示ブース

フリーサイトのユニフレーム展示ブース

 途中の守谷SAで朝食を買い8時50分に大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(以下、大子グリンヴィラ)に到着。駐車場にユニフレームのトラックが止まっており気分が上がります。

 センターハウス前のフリーサイトにはREVOタープやREVOルームなどが展示されていました。良く言えば質実剛健、悪く言えば地味なブランドのイメージそのままですね(^^;)

開場16周年の記念品

グリンヴィラ開場16周年記念祭の記念品

 チェックインを済ませカードキーを受け取ったらクルマを移動。駐車スペースから50mほど離れたフリーサイトの個別サイト沿いに設営することにしました。

 大子グリンヴィラの記念祭やキャンプ大会は記念品をいただけるのが嬉しい!今回はステッカーやタオルなどに加え、刺身こんにゃくのプレゼントでした。

 キャンプ道具はユニフレームのパワーペグSUS200が2本。アスガルドのようなワンポールテントの出入口にペグを打つとき足を引っかけにくくて便利かと思います。

関連記事
ノルディスクのアスガルド12.6のセット
オシャレな北欧テントの代表格「Nordisk Asgard 12.6」でキャンプしてみました。シンプルな設営手順、テクニカルコットンの風合い、結露の少なさ、広々とした室内空間など、ファミリーキャンプで使うのにちょうど良いサイズ感。大人気なのも納得の作りでした。

リビングシェルとコネクトタープ

リビングシェルとコネクトタープで設営完了

 今回のテーマは夏休みのキャンプ旅を見据えたサイト作りの練習。前週末のデイキャンプ@利根川ゆうゆう公園で試したコネクトタープヘキサ+リビングシェルの組み合わせです。

関連記事
コネクトタープヘキサグレーとリビングシェル
【製品レビュー】スノーピークの雪峰祭2017秋の限定モデル「コネクトタープ ヘキサ グレー」を初張り。ムササビウイングやエルフィールドヘキサとサイズや形状を比較しました。リビングシェルとの連結は小川張りより簡単で設営時間の短縮になりました。

 リビングシェルの張り綱まで終えたらコネクトタープを連結しテーブルやコットなどを並べトータル50分で設営完了。遠くに見えるテンマクデザインのサーカスコットンがオシャレ(^^)

アウトドアワゴンが大活躍

コールマンのアウトドアワゴンと鹿番長のフリーボード

 ワゴンで5往復ほど荷物を運んだため少し時間がかかりましたが、もしクルマを横付けできたら40分前後で準備完了できそうな気がします。目論見通り。

大子グリンヴィラのフリーサイトはクルマ乗り入れ不可。荷物運搬用の台車(荷車)を借りられるのでワゴンの持参は必須ではありません。

 アメニティドームで地面寝するときスノコ代わりに使っているキャプテンスタッグのフリーボードはコールマンのアウトドアワゴンの天板となりました。使い勝手が良いですね。

みらんど袋田でそば打ち体験

みらんど袋田で1年ぶりのそば打ち体験

 設営を終えたらクルマに乗り込み1年ぶりのそば打ち体験@みらんど袋田に出かけました。10時40分に打ちはじめ12時20分に茹で上がり、ランチにちょうど良い時間でした。

関連記事
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラでファミリーキャンプした帰りに立ち寄った「そば打ち体験@みらんど袋田」が思いのほか本格的で大人も子供も大満足!温水プールやローラー滑り台以外の楽しみが見つかり大子グリンヴィラにまた行きたくなったかも!

 そば打ちの帰りにTAIRAYA大子店で飲み物や食材を買い込み14時前にキャンプ場に戻ってくると場内にはたくさんのテントが立っていました。どうやら満サイトのようです。

 子供達はそば打ちに出かける前に途中まで進めていたクイズラリーを再開。春のキャンプ大会に続き、まなまきさんのハーバリウム作り体験もさせていただきました(^^)

関連記事
大子グリンヴィラ春のキャンプ大会2018
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで開催された春のキャンプ大会に参加しました。薪タワーで屈辱を味わったり大抽選会で全く当たらないなど不運もありましたが、初夏の陽気の快適な場内でフライングゲットやハーバリウム作りなどを楽しみました。

ユニフレーム好きには堪らない

 開場16周年記念祭の目玉!Mr.UNIFLAMEさんが新潟からたくさんのキャンプ道具を持って来ており、気になるユニフレーム製品を無料で借りることができました。

新製品!UFファイアポット

ユニフレームの無料レンタル品その1

 個人的に注目のレンタル品をピックアップ。まずは写真の左下に見えているチャコスタを少し大きくしたようなデザインのUFファイアポット。6月30日発売の新製品!

UNIFLAME(ユニフレーム)682968 UFファイアポット

UNIFLAME(ユニフレーム)682968 UFファイアポット

14,900円(10/16 18:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 薪を縦に入れて使う一風変わった焚き火台(かがり火?)です。かなり気になったのですが借りるのを忘れてしまい、あっという間に在庫がなくなりました…ブロガー失格orz

なんでも無料でレンタル可能

ユニフレームの無料レンタル品その2

 あらかじめ案内されていたものの、正直ここまで様々なキャンプ道具が揃っているとは思いませんでした。定番のファイアグリルやユニセラ、フィールドラックなど何でもあります。

 とはいえ我が家はいわゆるユニフレーマーゆえ既に多くを所持しているため、発売当初から気になってはいるものの購入には至っていなかったアイテムを借りることに。

関連記事
【2017年版】ユニフレームは高機能かつ実用的でキャンパーに大人気!使い勝手に優れコストパフォーマンス抜群なユニフレーム製品をおすすめ順に番付表ランキング形式で紹介します。ファイアグリルと焚き火テーブルの両横綱はマストバイ!

薪グリル&キャンプ羽釜

ユニフレームのキャンプ羽釜とFDしゃもじ

 実物を見た瞬間、いま借りなくていつ借りるの?と思ったのが薪グリルとキャンプ羽釜。前者はPICA富士西湖でチェックインが遅すぎて在庫切れ、後者はとにかく見た目が気に入りました!

関連記事
PICA富士西湖で丸太を燃やす焚き火フェスに参加
富士五湖の湖畔にある高規格キャンプ場「PICA富士西湖」のコテージ・レイクビューグランデでバースデーキャンプ!丸太を燃やす焚き火イベント「焚火Fest SP ボンファイヤー・LOG NIGHT」に参加し焚火ゴトク作りや焼きマシュマロなどを楽しみました。

 キャンプ羽釜を借りると新製品のFDしゃもじも一緒に借りることができました。薪グリルとの組み合わせはアウトドア感が出ていて良い感じです。ご飯を炊くのが楽しみ!

ユニフレーム 薪グリル 682906

ユニフレーム 薪グリル 682906

12,000円(10/17 01:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜3合炊き 660218

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜3合炊き 660218

6,500円(10/17 01:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

気になるワゴンセール

ユニフレームのフィールドラック天板(新型)

 無料でレンタルできるだけでなくワゴンセールとして物販もありました。まず目についたのがフィールドラックの天板。落ち着いた風合いが良い感じですね。

同じものがアウトドアデイジャパン2018@代々木公園の会場にもあり、当時は完売したとのことでした。

 市販されていないウッド天板かと思いきや、別件で長岡のアウトドアショップ「パーマーク」のサイトを見ていたとき同じ色合いの別注モデルを見つけました。

エコクリーンが復活してほしい

ユニフレームの廃盤商品

 折りたためて洗剤のいらないエコクリーンのスプーン&フォークセットは500円。定価がいくらだったか思い出せないため過去の写真を探してみると…2700円。廃盤品とはいえ安い!

 同シリーズのmyカップやmyどんぶりを3年前に仙台のWILD-1で買って今もバリバリの現役。お湯が出ないキャンプ場でかなり便利なので再販してほしいアイテムの1つです(^^)

関連記事
トルテュproをフルメッシュに
 東北&北海道をキャンプしながら旅する10日間、いよいよ最後となりました。オートリゾート苫小牧アルテンに2泊滞在しながら農作物収穫体験や(この旅2回目の)新千歳空港に出かけ、苫小牧

 他にもユニセラのセラミックパネルが100円だったり、ちびパンのシリコンハンドルが100円だったり色々と安すぎる。輝く金色が美しい真鍮のシェラカップも販売されていました。

ハーフ10インチのキャリングケース

ユニフレームのダッチオーブンハーフ10インチケース

 個人的にひときわ輝いてみえたのがダッチオーブンハーフ10インチのキャリングケース。本体とともに数年前に廃盤になっており、500円で販売されていたため思わず衝動買い。

関連記事
ユニフレームのスキレット10インチとダッチオーブンハーフ10インチ・12インチを比較。熟慮した結果ダッチオーブンハーフ12インチを購入しました。

 ダッチオーブンハーフは12インチしか持っておらず10インチのケースを買っても宝の持ち腐れかと思いきや、丈夫な10号帆布のためルクルーゼとか入れるのに役立ちそう!

スーパーディープもケースに収まる

ダッチオーブン10インチスーパーディープも収まるケース

 何を入れようかとワクワクしながら開封すると、ハーフの割に意外と深さがある感じ。試しに手持ちのダッチオーブン10インチスーパーディープを入れてみるとキレイに収まってしまった!

関連記事
ユニフレームの黒皮鉄板製ダッチオーブンスーパーディープ10インチを入手!ローストチキンや焼きリンゴなどスキレットでは調理の難しいアウトドア料理も深型ダッチオーブンなら問題なし。便利なオプション品も同時に揃えてみました。

 10インチスーパーディープ用の収納袋を持っておらず無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスに入れて持ち運んでいたのですが、今後はハーフのケースで持ち運べそうな予感(^^)

やっぱりユニフレーム大好き!

12インチハーフと10インチディープのダッチオンダッチ

 複数買っても使い道がないだろうと1つだけ買ったことを激しく後悔…ブースが空いているときにスタッフの方々と色々お話しさせていただき、改めてユニフレーム大好きだわと実感。

 ユニフレームはビジネスとしては正直上手くはない印象ですが、燕三条のキャンプ関連企業はユーザーとの向き合い方に色々あって興味深いですね。続きます。

関連記事
薪グリルでお湯を沸かしながら夜ご飯
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの開場16周年記念祭で薪グリルが大活躍。焚き火しながらキャンプ羽釜でご飯を炊き、スキレットでステーキを焼き、キャンプケトルでお湯を沸かす。大抽選会こそ外れたものの雨は降らず楽しい2日間でした。

あわせて読みたい